スポンサーリンク

才能や能力がある人達が人生で味わう、独特の大変なこと

 

学力や事務処理能力などの能力が高かったり、才能を持つ人が、その人生で味わう彼らなりの辛さの種類について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「能力や才能がある人は孤独であることが多い」

 

本項目を支持するネット意見例

周りのみんなが勝手にびびって、奇異の目で見てくる。常に彼らとの間には壁がある。

 

自分独りで何でもできちゃうから、友人も恋人も結婚相手も必要ないんだよな。
そもそも必要性を感じないから、自然と人付き合いが悪くなって、孤独になっていく。

 

自分と同じように才能がある人達と仲良くなれるかと言うと、そうでもない。
自分も、その人達も、自分の興味と目的の追求で忙しいから、お互いに馴れ合う必要性を感じられない。

 

 

 

能力や才能がある人は、一言で表すと「異質」です。

異質である能力や才能がある人は、常人達の中では浮きやすく、集団の中に溶け込むことが難しいため、どうしても孤独になりやすくなります。

 




「見えている物が、おたがいに理解不能」

 

本項目を支持するネット意見例




スポンサーリンク



普通の人達の「これって楽しいでしょ?面白いでしょ?」にさっぱり共感できないし、
自分たちの「これって楽しいでしょ?面白いでしょ?」がみんなには「???」という反応。
お互いに価値観が断絶してるよ。

 

他人に物を教えている時に、お互いの視点が全然違うことを強く感じる。
こんなに簡単なことを相手がなぜ分からないのか、こちらが理解できない。

 

向こうからしてみれば、どうしてそんな些細なことに異常にこだわっているのか、理解不能なんだろうな…。

 

普通の人達が何に関心を持っているのかさぐってみると、
恋愛で惚れたフラれただの、芸能人がどうだだの、今話題の食べ物だの、ソシャゲのガチャがどうだだのと、
正直聞いてて頭が痛くなってくるよね。

 

 

 

能力や才能がある人は独自の視点をもっているせいで、普通の人達と価値観が大きくズレている場合が多々あります。

おたがいに同じ世界の中に住んでいても、見えている物が違うせいで、能力や才能がある人は「位相がズレた世界」に身を置いていて普通の人達と接触できないようなもの、というSFじみた状況におちいりがちになります。

 

「自分以上に能力がある人に出会い、打ちのめされる」

 

本項目を支持するネット意見例

能力が高いことが自分のアイデンティティーだったのに、
天才を前にすると自分の存在を否定される…。

 

学会とか研究所みたいな精鋭ぞろいの場へ行くと、
想像を絶する才能の持ち主に遭遇して自信を失うよね。

 

相手との力量差がはっきり把握できて、
一生をかけてもこの人の領域には到達できないということが明確に理解できてしまうことも、それはそれで残酷。

 

 

 

能力や才能がある人が身を置くハイレベルな世界では、当然ながらライバル達も高い能力をもっています。

そのせいで、能力・才能のグレードの差に大ショックを受ける人がたくさんいます。




スポンサーリンク



 

「誰にも理解されない」

 

本項目を支持するネット意見例

この世は面白い事で満ちているのに、それがみんなに理解してもらえないことが寂しい。

 

「お前はあれこれできて良いよなあ」って嫌味を言われることが多いけれど、
こっちは1日10時間以上の実践を何年も続けているんですが…。

 

目的意識が強すぎて、意思の強さを誰にも理解されないし、誰も付いてこられない。

 

能力が高い人が、別の能力が高い人を見ると、
「こいつ何だかやばいな」「こいつ何考えてるんだ?」とちょっと引くことが多い。
やっぱり、自分たちには他人にプレッシャーを与えるような雰囲気があるので、理解されずに避けられるのも仕方ない。

 

 

 

能力や才能がある人の独特の思考や興味の対象は、常人の理解を得にくいと言わざるを得ません。

理解されにくいので、どうしても孤独を感じやすくなります。




スポンサーリンク



 

「心に安楽が訪れることはまず無い」

 

本項目を支持するネット意見例

自分たちって、あまりにも競争心が強すぎない?

 

良くも悪くも、力を渇望しすぎな人種。
「もうこのくらいでいいや」って妥協ができないせいで、行くところまで行かないと気が済まない。

 

なんだか、「自分の限界点を拡張し続けること」を一生ずっとやっている感じの人生。

 

 

 

「まだまだ上を目指せるはず」「新しい視点・価値観をもっと開拓できるはず」といった思考のもとに、常に自分の限界と戦っている、という特徴が能力・才能がある人にはよく見受けられます。

真剣勝負を一生続ける人生は、それはそれで心身への負担が大きすぎて大変です。

 




「異端の人生ルートはかなり辛い」

 

本項目を支持するネット意見例

どうやって生きれば良いのか分からない…。

 

この世の中は標準的な人達向けに設計されているから、
標準的な人達とはズレている人達用の道はほとんど無いよ。

 

学力が高いタイプの能力がある人は高学歴になって大企業へ入ってすごく楽で裕福に生きられる。
特殊な才能タイプの人は才能を利用してお金を稼げないと社会不適合者になる。

 

才能と、才能を上手くお金に換えるマネージメントスキル、って別物だから、
才能しか無いと実社会じゃただの変人だよ。

 

 

 

非常に多くの場合で、能力・才能がある人は、自分用のオリジナルの人生ルートを創設する必要に迫られます。

既存の人生ルートならば多くの人達が歩んでいるので安心感がありますが、オリジナルの人生ルートはこれから成功する保障もいっしょに歩む人達も無いので、不安で辛い人生になりやすくなります。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました