スポンサーリンク

ネット検索でわかる情報と、ネット検索ではわからない情報

 

「ネット検索してわかること」と、ネット検索の性能の限界とも言える「ネット検索してもわからないこと」をそれぞれ調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ネット検索をすることによって、わかること

 

「挑戦することのリスクが非常に高い物事」を事前に知ることができる

  • 廃業率が特に高い起業分野
  • 合格率がかなり低い資格試験の種類
  • 夢を叶えられなかった30代フリーターの末路
    などが、リスクにまつわる代表的なネット情報

ネット上には、挑戦しようとする人の背中を後押しするポジティブな情報よりも、挑戦しようとする人を引き留めるネガティブの方がずっと多い、という文化土壌が備わっています。

そのため、「失敗する可能性が高い挑戦事」に関する情報は、ネット上で簡単に知ることができます。

 

 

 

「色々な情報データ」

  • 近々発売される書籍や家電や映像作品の値段や発売日
  • 過去の歴史の出来事や、ある語句や、ある現象名についてなどの解説
  • 今日の天気や渋滞情報などのリアルタイム情報
    などが色々な情報データの一例

商品を販売する企業が発表したデータ(商品名や発売日や値段やカタログスペックなど)を知ることや、

物事の概要を知るには、ネット検索は非常に適しています。




スポンサーリンク



ただし、これらはあくまで既知の情報の機械的な羅列に過ぎないため、

物事をより深く知ろうとしたり、世の中の法則性を自分なりに見出そうとする際には、自分が求める答えをもたらさない場合が多々あります。

 

 

 

「だいたいの場合で、おすすめできるモノ」を知ることができる

挑戦のリスクの大小や、現代社会での人気度や、コストパフォーマンスの良し悪しなどを鑑みて、

「だいたいの場合で、この選択肢がおすすめ」

という無難でスタンダードな選択肢が、各分野でネット上には用意されています。




スポンサーリンク



 




ネット検索をしても、わからないこと

 

 

「想定外の事態」や「イレギュラーな事態」に上手く対処する方法

ネット上にアップロードされている文章情報は、そのほとんどが「想定されやすい事態への対処方法」です。

そのため、

事態が思っても見ない方向へ進み出した場合や、自分という人間の個性に完全にマッチした上手い対処方法を知りたい場合は、




スポンサーリンク



その情報はネット上にアップロードされていない場合がほとんどだと言えます。

 

 

 

「美味しい儲け話や、人生一発逆転の方法など、過度にメリットが大きい情報」

長期的にニートでいる方々や、色々な事情で人生が詰みかけている人達が、上手い儲け話や楽して一発逆転の方法をずっとネット上で検索しているようですが、

そのような魔法のような方法はネット上をいくら探しても見つかりません。

(上手い話は決まって犯罪的な方法だったり、ハイレバレッジでのFXのトレードなどのような過度なリスクを取って大きなリターンを目指す方法であり、とうてい現実的で実用的な方法ではないから

 

 

 

「自分が、勝利・成功・幸せになるためのダイレクトな情報」

  • 自分が勝ちたいと思ってネットを検索しても、結局、長期的な努力による積み上げが必要だと判明するだけ
  • 成功するためには、50倍~100倍程度の競争倍率の難関をくぐり抜けなければならないと判明するだけ
  • 幸せになるためには、ある程度の実績に裏打ちされた自信や、盤石な経済基盤が必要だと判明するだけ
    などが、ネット検索をしても勝利・成功・幸せのための直接的情報がつかめない原因

上記の「美味しい儲け話や、人生一発逆転の方法など、過度にメリットが大きい情報」の項目で解説した通り、

楽して勝利したり成功できるような方法と情報は、ネット上には存在していません。

ネット上には「危険を事前に回避するための情報」は豊富に存在していますが、その反対の「自分から攻めていって勝利・成功・幸福になる具体的方法の情報」は圧倒的に少ないため、




スポンサーリンク



ネット上の情報群に流され続けていると、結果的にただ逃げ続けるだけの行動方針になりやすく、自身の人生がじり貧状態になりやすくなります。

 

 

 

「ある一定ラインを、超えた先の話」

「何年間もかけて、大きな物事を成し遂げた人」というのはまず人数そのものが非常に少なく、

その少ない人達がさらに、行動と成功の過程を子細にネット上に公開する可能性はゼロに近い、と考えられます。

稀少な例として、成功した話がネット上に公開されていたとしても、

話の内容がおおざっぱすぎたり、自分が知りたい肝心の部分がスルーされていたり、明らかにネットコンサルの契約を結ばせるための作り話だったりで、

自身が求めている「一定ラインの先にある世界」の詳細情報は、ネット上ではほぼ知ることができません。

 

 

 

「自分という人間の中にある可能性」

ネット上には性格診断テストや適職診断テストはたくさんありますが、

それらのテストによって知ることができるのは、ごく表層的な情報までです。

「診断結果に従って、自分が実際に数ヶ月続けてみた結果」などは当然ネット上には存在しない情報ですし、

ネット上に用意されている診断テスト群ではカバーしていない種類の自分の中の可能性を知りたいと思ったら、




スポンサーリンク



自分自身の継続的な行動によってあれこれ模索していくしかありません。

 

 

 

「ネット検索で得られる情報」の総括

  1. ネット検索によって得られる情報は、せいぜいが「危険を避けるための情報」「その物事の概要」「考察のための、参考程度の情報」「商品やサービスの値段や内容の情報」まで
  2. 「リスク無しでの一攫千金」「リスク無しでの一発逆転」のような美味しい話は、ネット上と世の中をいくら探し回ったところで見つからない
  3. ネット上には「ネガティブな内容の情報」の方がポジティブな情報よりも量が多いため、情報の取捨選択能力が低いもしくは無い者はただ悪影響を受けるだけ
  4. 自身の行動方針をネット上の情報に頼り切りにしていると、イレギュラーな事態が起きた際に身動きが取れなくなってしまう
  5. ネット検索で得られる情報は「物事の表層部分」に過ぎないため、そこから先を知りたかったり自己の人生で大きな成果が欲しかったら、
    自分自身が具体的な行動を起こすことや、年単位での努力の継続が必ず要求される
  6. つまり、現代の多くの若者達が望んでいる
    「ネット検索を駆使して情報収集し、そのことによってあらゆる危険を未然に防ぎ、最適解を知って最小の労力で最大の結果を得て、人生で成功を収める」
    というのは、ただの夢物語


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました