スポンサーリンク

心の負担が小さくなり、生きること・人生が楽になる考え方集

 

生きること・人生が一気に楽になる考え方・思考の方針を解説します。

 

スポンサーリンク

生きること・人生が格段に楽になる、8つの考え方

 

 

1「ま、いいか」「ま、何とかなる」

  • 放っておけば、時間が解決する
  • その小さな問題は、大局には影響しないので無視してかまわない
  • 自分があれこれ思い悩んだところで、現実世界には何の影響も与えられない
    • これらのような問題が大半であるため、「ま、いいか」「ま、何とかなる」で流してしまえば良い

 

・怒り
・後悔
・自他へ向ける憎悪
これらの感情はかなりの心理的エネルギーを常時消費するため、
それを阻止する意味でも「ま、いいか」「ま、何とかなる」と早めに流すことは重要です。

 

 

 

 

2「本当に大変な時なら、逃げても良い」

  • 「無理をして、ここで自分が潰れる義務や必要性」は、実はまったく無い
  • さっさと逃げた方が良い場合も、実際にかなり多い

 

 

 

 

3「完全無欠な人間なんて、この世にはいない」

  • 自分自身
  • 世の中の、他人全て
    • これらの中に、完全無欠な人間は一人もいないので、人間が間違ったりミスをすることは仕方が無い




スポンサーリンク




4「他人は、こちらのことをそれほど気にしていない」

  • 他人に、無理して好かれようとすること
  • 他人と、優劣を比較しようとすること
  • 他人に、あれこれ期待すること
    • 実際、他人はこちらのことをそれほど気にしていないのだから、上記の行為はあまり意味が無い行為

 

 

 

 

5「敵対的な行動を取ってくる他人は、深く考えずにスルーして良い」

  • もともと、「説得で、他者を変えること」「他者と完全に理解し合うこと」はどうやっても不可能
  • その人が「イライラした感情を、他者へ叩きつけているだけ」「相手にマウントを取りたいだけ」「精神的に未熟であり、他者を思いやることができない」という場合が極めて多い
    • これらの事情から、悪口や嫌がらせを向けてくる他人は、執着したり行動を深読みせずに無条件でスルーして良い

 

「人間には、善の部分も悪の部分も、そのどちらも備わっている」
と、清濁併せ呑む(善・悪のわけへだてをせず、来るがままに受け容れること)という考え方ができるようになると、
他者や世の中に対しての怒りが劇的に減ります。

 

 

 

 

6「世の中の大きな流れには、逆らわないようにする」

  • 世の中の大きな流れに逆らえば、ほぼ確実に不幸になるから
  • 世の中の大きな流れが「色々な物事で、グレーゾーン(どちらとも判別できない領域)が存在すること」を容認しているから、世の中には白黒はっきり付けなくても良いことが山ほどある




スポンサーリンク




7「頑張った今日この日を、目的達成のためのいしずえとなる有意義な一日だと解釈する」

  • 継続は力なり
  • 止まない雨は無い(今日1日耐え抜いたことで、雨が止む日まで1日近づいた)
  • 辛抱する木に金はなる(辛抱強くこつこつ努めればいつか成功して財産もできるということわざ、木と気をかけている)

 

 

 

 

8「あらゆる選択において、自分を中心に据えて生きるべき」

  • 「他者が何を言うか」「世間の風潮」よりも、「自分がどう思うか」を優先する
  • 他者や組織に、過度に尽くさないようにする
  • 人生はいつか必ず終わるのだから、日々を「自分が楽しい・好きだと感じること」でできる限り埋めるようにする

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

  1. 和樹 より:

    人生でうまくいかない時はこのページを見るべきですね。
    やはりこのブログは面白いです。

タイトルとURLをコピーしました