スポンサーリンク

会社での仕事と、社会人生活を成功させるコツの実用的な情報

 

「会社で仕事をすること」と、

「社会人生活」の、それぞれを成功させるためのコツ・重要情報を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「会社で仕事をすること」で、成功するコツ

 

 

「新人社員の頃の振る舞い方」

  • 新人には、愛嬌・素直さが何よりも大事
    • 愛嬌・素直さがあれば、先輩社員達に可愛がられて、あれこれと助けてもらえるから
  • 入社後1年目~2年目までは、不慣れな事が多いことや、仕事が上手く出来ずに無力感に苦しむせいで、「社会人が特に会社を辞めやすい危険な時期」だと言われているため、要注意の時期

 

 

 

 

「会社員生活における、ダメージを受ける主なポイント」

  • 睡眠不足
  • 電車での通勤(仮に満員電車であった場合、さらにダメージUP)
  • 社内での、同僚・上司・部下との人間関係
  • 上司からの説教
  • 上司からの、パワハラ系の嫌がらせ
  • 職場のお局(おつぼね)にいびられること
  • 仕事にやりがいを感じられないこと
  • ミスや、成果を上げていないことが理由で、出世コースから外されること

 

会社員生活で主にダメージを受けるポイントが上記のものであるため、

それらに対してあらかじめ覚悟を決めておいたり、個別に意識的に対策を取ると、大幅にダメージを軽減することができます。





スポンサーリンク




「会社員・個人事業主に、特に求められる能力」

  • コミュニケーション能力
    • 他者達との人間関係を円滑・良好に運ぶことができる能力のこと
  • 機転が利き、状況の変化に応じて臨機応変に行動できること
  • 学生時代の時と同じように、毎日同じ場所へ通い続けることができるように、自分で自分を律すること
  • 自身の感情を上手くコントロールする能力
    • この能力が秀でていると、他者との関係が良好なものに保たれたり、自身の行動方式が合理的なものになる
  • 自身を利するために、口が回ること

 

 

 

 

「会社において、理想と反している部分」

 

  • 「上司に気に入られている部下がひいきにされる」「上司に嫌われている部下が冷遇される」という現象は、当たり前に起こる
    • そのため、真面目に仕事をこなしている社員よりも、「会社での飲み会にひんぱんに参加している社員」「タバコ休憩で、上司とひんぱんに接している社員」などが優遇されることが多い
  • 「その人の言っている事が正しいこと」よりも、
    「イケメン・美女の社員が言っていること」「職場で立場が強い者や、人気がある者が言っていること」の方が周囲に支持されることがかなり多い

    • そのため、自身の髪型・服装・アクセサリーなどを、労力を費やしてしっかりと整えることは大いに有効
  • 職場は合理性によって回っているわけではなく、職場の人間達の感情(特定の人物に対する好き嫌いなど)によって回っている側面が大きい
  • 「自分の手柄を、上司や同僚に横取りされること」「失態の責任を、不当になすりつけられること」などの倫理に反したことが職場で起こることは、そう珍しくない
    • そのため、当時のやりとりをメールのデータという記録で残したり、ボイスレコーダーなどで記録を残すことは重要

 

 

 

 

「会社員として社に残り続ける人と、そうでない人の違い」

 

会社員として働き続けることができる人の特徴
  • 良い意味で、自分というものが無い性格をしている
  • 思考停止気味
  • 妥協ができる性格をしている
  • 安定志向

 

会社から脱落しやすい人の特徴
  • 我が強い性格をしていて、他人や環境に合わせて自身の言動を変えることが困難
  • 理想が高かったり、叶えたい夢がある
  • コミュニケーション能力が低い
  • 仕事をえり好みする傾向が強い

 

 

 

 

「仕事ができる人と、仕事ができない人の違い」

「仕事ができる人」の特徴
  • 仕事ができる人達に共通している根本的特徴は「てきぱきと、素早く物事をこなしている」
  • 用意周到
  • 職場の人達と綿密なコミュニケーションを取り、彼らの助力を受けることができたり、彼らの感情を損ねない

 

「仕事ができない人」の特徴
  • 他人の話をあまり聞いていない
  • 行動を起こすことと判断が、鈍重
  • やたらと他者に感情移入したり、「つまらない」「下らない」「面倒くさい」といったネガティブな感情が頭を支配しやすい傾向がある

 

 

 

 

「かなり危険であるので、避けるべき労働形態」

 

  • 夜勤のシフトが数ヶ月~1年以上続くこと
    • 高確率で自律神経失調症を発症する
  • 重量物を人力で持ち運ぶこと
    • 腰を壊す可能性が非常に高く、いったん腰を壊してしまうと、できる仕事がほぼ皆無になってしまう
  • 女性が多い職場で働くこと
  • 接客業のような、顧客へのきめ細かな感情的配慮が必要な仕事
    • 精神的に燃え尽きる危険性が高い

 

 

 

 

「会社員の身から独立して、個人事業主・企業社長として上手くやっていける人」

  • 原則的に、会社員の大部分は、個人事業主・企業社長には向いておらず、
    脱サラを実行できる人も不安などの理由からごくわずかしかいない
  • 個人事業主・企業社長として上手くやっていける人の例は、以下のような特徴をもつ人達
    • 非常に能力が高くて、そのため会社員の枠に収まらない人
    • 独自の、秀逸なスキルがある人
    • かなり能力が高く、なおかつ、並外れて楽観的な性格
    • 「不安でも、不安定な生活が続いても、馬車馬のように何年間も働き続けること」が実際に可能な人
  • どうしても独立したいのなら、「今の会社、嫌だなあ」とぼんやり思うだけの思考停止状態から脱して、独立のための具体的行動を実際に起こす必要がある
    • ほとんどの社員は「思考停止状態に留まっているだけで、具体的行動に移れない」という状況であるため、ここが独立のための1つの難関となる

会社員として働くことは、




スポンサーリンク



銀行から多額の借金をして事業を展開するような大きなリスクを負うこともなく、

自分の手で仕事を見つけてきたり事業が軌道に乗るまで耐え続けることもする必要が無く、

指示された仕事・ルーチンワークを淡々とこなし続けるだけで、生活するのに十分の金額の月収を得ることができます。

そのメリット・ありがたさを考慮すると、

ほとんどの人達にとっては、わざわざ独立する必要性は低いと考えられます。




スポンサーリンク



 




「社会人生活」で、成功するコツ

「人間関係についての、成功のコツ」

  • 第一印象で「なんだか不快な感じがする」「なんだか嫌な感じがする」という直感を覚える相手は、その直感はほぼ正解であるため、すぐに避けること
  • 学生時代に教わる「誰とでも仲良くしましょう」は、ただの建前であり、間違った教え。
    社会人のプライベートでの人間関係は、頭と自身の直感を最大限駆使して、関係を取捨選択する事が正解。
  • 「信用できる・信用すべき人間」は、口先だけでなく実際に行動を起こしている人間や、言葉と行動が綺麗に一致している人間
  • 学生時代の人間関係は、社会人になった後は友人達と疎遠になっていくことがデフォルトであるため、
    「もしも今でも交友関係が続いていたらラッキー」程度に考えておくこと
  • 恫喝や脅迫、こちらの金銭や物品を収奪しようとしてくる、話し合いが通じない相手への一番の対処方法は、
    誠意ある態度や対話を試みることではなく、「躊躇せずに警察へ通報すること」(通報すると、ほとんどの者があっさりと引き下がる)
  • 「友人間での金銭の貸し借り」「お世話になった友人に、お金を渡さないこと(たとえば、友人に車を出してもらったらガソリン代の現金を渡すべき)」は、
    「金の切れ目が縁の切れ目」のことわざ通りに人間関係が壊れる原因になりやすいので注意

 

 

 

 

「結婚についての、成功のコツ」

 

  • 男女共に、結婚相手を決める時は「ベター(比較的良いこと)な相手」で十分であるとすること
    • 「ベスト(理想的な条件)の相手」にこだわる男女は、そのほとんどが婚期を逃すという悲惨な結果になっている
  • 「自身の学歴・年収額・社会的地位の程度の、7割程度の相手」で妥協すると素早く結婚できるが、
    自身と同格・自身よりも格上の相手にこだわっていると婚期を逃すことが非常に多くなる
  • 人によって
    「結婚に向いているタイプと、結婚に向いていないタイプ(個人主義者であったり、他者のペースに合わせて行動することが苦手な人)」がはっきりと分かれているため、
    結婚してしまう前に、自身の結婚適性をよく調べること
  • こと結婚については、「残り物には福がある」ということわざは、ほぼ100%間違っている
  • 結婚は原則的に、
    「女性は結婚しないと(主に経済面で)損。男性は結婚すると(色々な側面で)損」




スポンサーリンク




「”行動”についての重大情報」

  • 社会人がやるべきことは「必ずやる必要があること」だけ。
    「自分がやるべきではない(負担の不当な押しつけなど)」と感じるものは、逃げるべき。
  • 自身および他人が行動を起こす根源的理由は、基本的に、「利益」「恐怖」「好奇心」の3つ
  • 「自身が行動を起こすこと(自分の手で何かを為すことに加えて、他者の要請を承諾することも行動のうちに含む)」は、
    行動した瞬間から「責任(周りに、その人が悪い・その人のせい・その人の自己責任と見なされるということ)」が生じるため、それを考慮して、
    今回は行動を起こさずに見送ること・他者の要請を受け入れずに断ることも、行動することと同じくらいに極めて重要

 

 

 

 

「社会人生活を続けるうえで、非常に重要な意味をもつことわざ」

  • 口は災いの元
  • 沈黙は金、雄弁は銀
  • 正直者が馬鹿を見る
  • 長いものには巻かれろ
  • 急がば回れ
  • 金の切れ目が縁の切れ目
  • 継続は力なり
  • 勝てば官軍負ければ賊軍
  • 悪貨は良貨を駆逐する
  • 触らぬ神に祟りなし
  • 人を呪わば穴二つ

 

 

 

 

「社会人生活の状況が大幅に悪化することにつながりやすい、定番の危険な物事」

  • 「お酒」に依存すること
  • お酒の飲み過ぎで泥酔状態になり、自分では自分を制御できない状態になったまま、法律・モラルを逸脱した行為をしてしまうこと
  • 「ギャンブル(パチンコ・競馬・競艇など)」にハマること
  • 「精神疾患(うつ病やパニック障害など)」を、仕事でのストレスなどが原因で発症すること
  • 異性との恋愛において、相手に過度に執着したり、不倫をしたり、金銭などを過度に貢ぐことで身を持ち崩す
  • 軽い気持ちで行った犯罪(痴漢や万引など)
  • キレて暴力を振るったり、度を超えた暴言を吐いて、通報された後に警察に書類送検される
  • 「宗教」に過度にハマること
  • 転職先の企業が決まっていない状況で会社を辞め、無職状態が半年~1年以上続くこと




スポンサーリンク




「自身の健康を高確率で損なうので、危険な行為」

 

  • 過度の飲酒
  • 喫煙
  • 睡眠時間を削ること
    • 「睡眠時間が6時間未満」という状況が日常的に続く場合、心身の状態がいちじるしく悪化すると言われている
  • 虫歯を、歯科治療をせずに放置すること
  • 塩分・油分が過多の食品(インスタントラーメンやコンビニ弁当など)を毎日のように食べる事

 

 

 

 

「自身の幸福についての重大情報」

 

  • 「生活が苦しくならない程度の、仕事での収入額」「少数でもいいから、心を許せる家族・友人がいること」「わくわくしながら楽しめたり探求できる、自分の好きな趣味」
    これらさえあれば、だいたいの場合で人間の人生は幸せなものになる

    • 欲を言えば、「仕事や自身の行動を通して、自身が価値がある存在・価値が高い存在であることを実感できること」「他者へ貢献し、他者から感謝されること(自身の善意が報われ、承認欲求が満たされること)」があればもっと幸せになれる
  • 「良い大学に入学して、良い会社に入って、結婚をして、子どもを作って、家を建てることが社会人の幸せ」
    という価値観は、高度成長期からバブル経済期の価値観であり、
    今の令和時代の幸福観とは大きくズレているため、上記の価値観に縛られていると不幸になりやすい
  • 「熱中できる趣味」「自身の心の支えになる、恋人・家族・信条」などがあると社会人生活は幸せになりやすいが、
    これらがいっさい無い場合、社会人として生活しているうちにメンタルが悪い方向へ変化しやすくなる
  • 自身が相当の実力者・権力者でない限り、
    「他人を不当に傷つけたり、他人から不当に奪うことで成り立つ自身の幸福」は、ほぼ100%近い確率で、最終的に自分が不幸になる




スポンサーリンク




「社会人の生活について、心得ておくべき重要なこと」

 

  • 日本での労働は海外のそれと比較するとかなり負担が大きいが、
    経済力が高くて治安が良い日本でなら、真面目に働き続けていれば安定的で幸せな人生をほぼ確実に実現できる
  • 「身体や精神に病気を抱えていること」「働きたくない、という考え」「今の社会は間違っている、という主張」などを根拠にして働こうとしない人達を、
    ほとんどの場合で、社会は助けてくれない

    • 特に、怠惰を理由にして働こうとしない社会人達は、実家へ帰ることになったりホームレス化も高確率であり得る
  • 人間が生活上で感じるストレスの約90%は、「人間関係」に関係するもの
  • 仮に、弱い人間が「社会は私を守ってくれるものであり、周りの他者達は無条件で私に優しく親切に接してくれるもの」と思い込んでいる場合、
    その弱い人間は、上記の思い込みをしている間はずっと辛いまま
  • 「辛かったら、逃げても良いんだよ・辞めても良いんだよ」という趣旨の言葉が令和時代では人気を博しているが、
    「仮に、必ずやるべきことから逃げた場合、今よりも数段劣った状況へ落ちることになる」
    という事をしっかりとわきまえたうえで、上記の言葉と向き合うこと
  • 「それなりの体力」「タフな精神」の2つさえあれば、社会人生活と仕事のほぼ全ての局面を乗り越えることができる

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました