スポンサーリンク

要領が良い人の特徴の、優先順位の付け方や要点の抑え方の上手さ

 

要領が良い人の特徴や、要領良く生きるための方法を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

周りにいる、要領の良い人の特徴

 

「利益」にめざとい。

 

不当な負担を押しつけられそうになったら、その前に上手く逃げたり、上手くかわして断る。

 

大局的な判断を素早くできる。

 

物事の優先順位を考えるのが上手。

 

きっちりやるべき部分と、適当にやっても良い部分を明確に分けている。

 

自分が美味しいところを素早くかっさらうことに躊躇が無い。

 

「高く評価される仕事の部分」を素早く見極め、そこを自分でかっさらい、他の評価されずにめんどうな部分は他人へ任せる。
成果が出た際には、最大の功労者としてもてはやされる。

 

他人に頼って動いてもらうことができる。「他人を使うこと」を重視している。
他人に動いてもらうことで、「自分が楽をすること」「自分の余裕」を大事にしている。

 

周りの人間達の、それぞれの性格・特徴を見極めることが上手く、彼らを上手く配役することで物事を良い方向へと運び、自分は楽をする。

 

切り替えが上手く、仕事と遊びをはっきりと分けて行っている。

 

上手く妥協して、手を抜いたり作業時間を短縮して、短い時間でそこそこの成果を上げる。

 

その人の性格・好みとして「無駄なことが嫌い」。
効率を考えることを重要視し、常に最適な手順を考えている。

 

視野が広く、物事の全体像・全体の流れをつかむことができる。

 




要領が良い人になるための4つの方法

 

4つの方法

  1. 物事に優先順位をつけて優先度の高い物から手をつける
  2. 要所要所にのみ力を注ぎ、それ以外(全体への影響度が低い些末な部分)は手を抜く
  3. ダメージを負うような種類の責任は可能な限り回避したり、他人に押しつける
  4. 美味しいところは他人に譲らずに自分自身が得る、という図太さ

 

 

要領が良いのが善か悪かは置いておいて、要領の良い人になるには上のような行動を心がける必要があります。

「要領が良い」…というと、まるで他人を出し抜き処世術に長けたずるい人…という印象を受けますが、結果を出すために必要な行動だけを選択する、という意味合いでは非常に重要度の高いスキルですし、たとえ要領が良い生き方をしていても犯罪でも何でもないので、個人の裁量次第で要領良く生きてもべつに問題無いわけです。

 




要領が悪い人の特徴

 

要領が悪い人に共通する行動的特徴

  1. 作業の全体像と、効率の良い手順が見えていない
  2. 他人の力を借りる、という行為をしない
  3. その作業で、重要な部分と、そうで無い部分の見分けがついておらず、どうでも良い部分にばかり手間と時間をかける
  4. 融通が利かない・頑固な性格をしている

 

 




スポンサーリンク



要領が悪い人には、「細部にしか目が届かず、全体像に目が向かない」という根本的な特徴があります。

視野が狭い、と言い換えても良いでしょう。

物事は、自分独りの力だけでやるのではなく、他人の力を使ったり、既存の良いものを流用しても良い、という認識をもつことが必要です。

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました