スポンサーリンク

コミュニケーション能力が高い人とコミュ障の人の境界線

 

コミュニケーション能力が高い人と、コミュニケーション能力が低すぎてコミュ障状態になっている人の、具体的違いについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「コミュニケーション能力がある人」と「コミュ障」の各境界線

 

「他人との会話」での、コミュ力がある人とコミュ障の境界線

コミュニケーション能力がある人のやり方

  • 「大げさなリアクション」「感想をあえて声に出して言うこと」「冗談・ジョークをあえて言うこと」「ひょうきんな動作」
    などを意識的に行うことで、相手や集団を楽しませる
  • 「笑顔で相手に話し続けること」を意識して行っている
  • 「自分から話題を提供すること」と「相手から言葉を引き出し、気持ちよく話してもらうこと」の両方を意識的に行っている
  • これまでの会話の流れから、話相手が興味がありそうな話題を積極的に振っていき、興味を示さなかった話題は以後は口にしない
  • 話相手や、集団のみんなが楽しめることを優先するため、自分の趣味を優先しすぎないように配慮する
  • 話相手に、折に触れて自身の内面の情報や感情具合を開示するため、話相手から理解や信用を得やすい
  • 「仕事上や手続き上、必要な事柄」を相手に伝える場合でも、
    上記のようなやり方を織り交ぜて伝えるため、相手から心情的に受け入れられやすい

 

コミュ障の人のやり方

  • 話し方が事務作業的で、聞く方はあまり面白みを感じられない
  • 無表情で話し続けることが多く、そのせいで相手から「素っ気ない」「味気ない」「恐い」と受け取られてしまうことが多い
  • 相手から話題が振られたりボケを返されても、ほとんどリアクション・ツッコミを返せない
  • 「自身が言いたいこと・話したいことを一方的に話し続ける」など、会話のキャッチボールができていない
  • 自分が話したいことを優先させすぎるせいで、相手が引いてしまったり場が盛り下がる話題を口にしてしまったり、
    その場の雰囲気に不適切な議論・討論を始めようとする
  • 自分の内面情報や感情をなかなか表に出そうとしないため、相手から不審・不気味に思われて避けられる
  • 「仕事上や手続き上、必要な事柄」を相手に伝える場合、
    愛想悪く要件だけを伝えるので、相手から良く思われなかったり拒絶されやすい

 

本項目の、コミュ力がある人とコミュ障の境界線
話相手を楽しませたり緊張を解かせるように実際に行動を起こしているか、いないか。

 

 

 

 

「他人に話しかける頻度」での、コミュ力がある人とコミュ障の境界線

コミュニケーション能力がある人のやり方

  • 他人にひんぱんに声かけをする
  • 声かけをすることで、体調や気分や作業の進行状況を細かく確認していく
  • 他人にひんぱんに接触していくことで勇気が身につき、さらに知り合いも増えることで、
    ますますコミュニケーション能力が向上していく

 

コミュ障の人のやり方

  • そもそも、他人に全然話しかけない
  • 他人に話しかけないせいで集団内で孤立化し、誰からも話しかけられなくなる

 

本項目の、コミュ力がある人とコミュ障の境界線
他人に何度も積極的に話しかけているか、そうでないか。




スポンサーリンク




「他人への配慮の仕方」での、コミュ力がある人とコミュ障の境界線

コミュニケーション能力がある人のやり方

  • プライベートなことはなるべく詮索しないようにする
  • 「傷つくこと」「落ち込むこと」「怒ること」を引き起こすような言動は意識的に避けている
  • 相手を励ましたり、認めてあげる言葉を積極的にかける
  • 相手のパーソナルスペースに注意し、相手に心身共に近づきすぎないようにしている
  • 話相手や集団内の人を認めたり肯定する言動をする
  • 自身の目的のためや立場上、相手と会話をし続ける必要がある場合は、
    相手の言動に多少イラッとしても、心情的に無理をしてでも笑顔や穏やかな態度を維持し続ける

 

コミュ障の人のやり方

  • 非常識的に、相手のプライベートをあれこれ詮索してしまう
  • 相手の気持ちに配慮せずに、ずけずけとものを言う
  • 他人に異常に詰め寄って、問い詰めたり、自分の好きなものや趣味をアピールしてしまう
  • 話相手や集団内の人を否定したり見下す言動をする
  • 話相手と会話し続ける必要がある場合であっても、
    相手の言動にカチンと来るとキレたり一方的に話を切り上げてしまう

 

本項目の、コミュ力がある人とコミュ障の境界線
自身の言動の影響による、相手の気持ちの変化に気遣っているか、いないか。

 

 

 

 

「他人への要件の伝え方」での、コミュ力がある人とコミュ障の境界線

コミュニケーション能力がある人のやり方

  • 「まず最初に結論から伝える」
    「相手の混乱を招くので、不必要に言葉数を増やさないようにする」
    「分からない部分・不明瞭な部分・聞き取れなかった部分は無いかの確認作業」など、
    相手に要件の内容が伝わりやすいようにあれこれ工夫している

    • 相手からの要件を聞く場合は、「双方の認識の齟齬が起きていないか」「こちらの聞き間違いは無いか」を会話の中で確認するようにしている
  • 笑顔で伝えるようにしたり、話の導入用にちょっとした雑談をはさむなど、相手がこちらの話を好意をもって聞いてくれるように工夫する

 

コミュ障の人のやり方

  • 「要件を分かりやすく伝える」という配慮がゼロに近い状況で、
    そのせいで相手に上手く伝わらない
  • 要件の伝え方がつっけんどんな態度であり、そのせいで相手が不快になって要件通りに動いてもらえないことが多発する

 

本項目の、コミュ力がある人とコミュ障の境界線
伝えるべき要件が相手に伝わりやすいように工夫しているか、いないか。

 




スポンサーリンク






みんなから好かれる人と、みんなから嫌われる人の本質

 

みんなから好かれる人の本質

  • 話相手や集団を、自身の言葉や振る舞いで盛り上げようといつも頑張っている
  • 相手にたびたび力を貸したり、アドバイスをしている
  • 食べ物や消耗品の差し入れなど、身銭を切って他人や集団へ貢献している

 

みんなから嫌われる人の本質

  • 話相手が楽しめたり、集団を盛り上げることに、何も寄与していない
  • その人の否定的言動や暗い雰囲気のせいで相手が落ち込んだり、集団が盛り下がる
  • 集団に所属して得られる恩恵を享受し続ける一方で、自身は食べ物や情報やその他の物品を集団に提供しようとしない

 

 

「みんなから好かれる人」は相手や集団に与えることで、相手や集団を「温める」のでみんなから好かれ、人気者になります。

「みんなから嫌われる人」は、集団のみんながそれぞれ行動して温めている場を、わざわざ「冷ます」ような言動を繰り返したり、集団の盛り上がりにタダ乗りしようとしています。

当然、みんなはそのことが面白くないので、「みんなから嫌われる人」を集団から排斥しようとします。

みんなから好かれる人の本質と、みんなから嫌われる人の本質は、コミュニケーション能力の優劣と大きく関係していると考えられるので留意しておきたいポイントです。

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました