スポンサーリンク

ESTPの幸福のために重要な、興味があること・無いこと情報

 

信頼性が高い性格診断・MBTIで、ESTP型が興味があること・興味がないことについて調査しました。

興味があることを優先的に追求するようにすると、ESTP型の人生が幸福なものになります。

 

スポンサーリンク

ESTP型が興味があることと、興味が無いこと

 

ESTP型が興味があること

1「娯楽行為全般」
  • 「美味しいものを食べること」「恋愛をすること」「友人達と宴会をすること」などの、強い快楽をともなう娯楽
  • たとえば「ギャンブル」「バイクの運転」などの、スリルがともなうドキドキする行為
  • 「映画館で映画を観ること」「遊園地で遊ぶこと」などの、街の娯楽施設を利用した遊行
  • 「ランニング」「サッカー」「テニス」などの、『自身の肉体の躍動』をはっきりと感じられるタイプの行為・スポーツ

 

 

 

2「自身が自由であり、自己のルールのもとに自分が行動できること」
  • ESTP型にとっては、「自身が自由であること」が非常に重要
    • ESTP型が望む自由は「自身が、不快なルールに縛られていないこと」「自己が定めたルールにもとづいて、自分で自分を律しながら行動できること」の2点から成っていることが理想的

 

 

 

3「現実での結果や、自身の利益」
  • ESTP型にとって、理屈・理論・御託(ごたく)はあまり重要ではなく、現実世界での結果・はっきりと目に見える現象・自分自身の具体的利益の方がはるかに重要
    • この心理的傾向のおかげで、ESTP型は現実の状況の変化に即した臨機応変な行動を取ることが得意

ESTP型は現実的な性格で、やや利己的な側面が性格に備わっていますが、

「ESTP型とはそういうものだ」と割り切って行動するようにすると、ESTP型にとっては非常にスムーズに動けるようになったり、あれこれの利益を獲得しやすくなります。

 

 

 

 

ESTP型が興味が無いこと

1「目の前の現実とはあまり関係が無い、抽象的なこと」
  • ESTP型は「目の前の現実世界で起きている、目に見える現象」にしか興味が無いことが多い
    • 「ごちゃごちゃしている、複雑な話」「理論・仕組みといった、抽象的(具体性が欠けていること)な話」は拒絶しがちになる

 

 

 

2「他者達に、自身が理解・共感されること」
  • ESTP型は外交的で社交的な性格型であるが、それに反して、自身の内面を他者達に理解してもらいたいという欲求がほとんど無い
    • ESTP型にとっては「自身が定めたルールの下に自分が行動していること」が重要であり、それさえ実現できているなら、他者からの理解・共感はどうでもいいことだから
    • ESTS型は、自身が理解・共感されることに興味が無いことと同時に、相手の事情に共感したり理解することへの興味・関心も薄い場合が多い

ESTP型には一匹オオカミのような雰囲気があったり、独立的な心境を保っていることが多いと言われています。




スポンサーリンク



 

 

 

3「目的のために、苦痛に耐え続けたり努力し続けること」
  • 大きな目標を達成するために、長期的に苦痛に耐えること・努力し続けることを、ESTP型は有意義だと思えず、興味を感じられない
    • ESTP型にとってあくまで大事なことは、「今この瞬間が楽しいこと」「娯楽や美味しい食べ物によって、直接的な快感を得る事」

 

 

以上の、「ESTP型が興味があること」「ESTP型が興味が無いこと」を参考にして、

興味があることを優先的に追求し、興味が無いことを意識的に避けるように行動していくと、

ESTP型にとって最適な生き方をできるようになり、人生が幸福になる可能性が非常に高くなります。

 

 

 

その人間は全16種類の性格型の1つに分類できるとする「MBTI性格診断」

MBTI診断サイト「16Personalities」

 

 

16種類のそれぞれの性格の簡潔な解説図




スポンサーリンク



 

 




ESTP型の心理機能の組み合わせと、ESTP型の得意不得意

 

 

ESTP型の心理機能の組み合わせ

 

優勢機能補佐機能代替機能劣等機能
ESTP外向的感覚(Se)内向的思考(Ti)外向的感情(Fe)内向的直観(Ni)




スポンサーリンク




優勢機能(第一機能):その人が最もよく使う機能

補佐機能(第二機能):その人が2番目によく使う機能

代替機能(第三機能):補佐機能の効果をもってしても状況を解決できない場合に、この代替機能が働いて優勢機能をサポートする




スポンサーリンク



劣等機能(第四機能):その人の性格型が最も苦手にしていること

 

 

外向的感覚:現実世界で起きている出来事や、自身の五感で感じる感覚で物事を判断しようとする気質。略称はSe。

内向的思考:自身の内面へ意識を向け、自分なりの考え方と論理と原理で物事を判断しようとする気質。略称はTi。

外向的感情:他人に対して思いやりが強くて共感的な態度であり、人付き合いが上手い。対象について自身が感じることをもとに判断しようとする気質。略称はFe。

内向的直観:現象の本質・共通性・関連性を見出そうとする気質。略称はNi。

「心理機能」の詳細は、当ブログでの専用解説ページ↓をご覧下さい。

 

 

 

ESTP型の心理機能の組み合わせから生じる長所

  • 優勢機能の外向的感覚:娯楽を楽しむことが得意であることが主な長所
  • 補佐機能の内向的思考:思考スタイルが独創的であることが主な長所
  • 代替機能の外向的感情:社交性が高いことが主な長所

 

ESTP型は「遊ぶこと」「楽しむこと」といった娯楽をたんのうする行為への、非常に高い適性があります。

独特の思考スタイルによって前例の無い楽しみ方・娯楽を考え出したり、

高いコミュニケーション能力のおかげでたくさんの友達といっしょに遊ぶことも容易に実現でき、




スポンサーリンク



楽しさ・愉快さに満たされた人生を高確率で送ることができる性格型です。

 

転職サイト「ミイダス」は、自分の強みと適性が高い職種・適性が低い職種を診断でき、企業側から面接確約・年収提示のオファーが次々と届く、無料の転職サイトです。

MBTIの性格診断と合わせて診断すると、より自身の強みと適性をはっきりさせることができるようになります。


 

 

 

 

ESTP型の心理機能の組み合わせから生じる短所

  • 劣等機能の内向的直観:内向的直観が劣等機能になっている性格型は独自性が高いアイディア・見解を出すことが苦手という短所がある

 

ESTP型は、目の前の現実世界での出来事に強い関心を向けている反面、

「あの物事の仕組みや法則性はどうなっているのだろう?」

といった、目に見えない内面部分についての関心は非常に薄い性格型です。

したがって、

物事の分析をすることや、独自の視点にもとづいたオリジナルの考え方をすることは非常に苦手です。

 

当ブログでの、ESTP型の性格の基本的特徴を解説した記事↓も合わせてご覧下さい。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました