スポンサーリンク

中途半端に才能がある人の特徴と、継続できない等4つの問題

 

中途半端に才能があるせいで、色々な物事に手を付けて器用貧乏状態になってしまっている人の特徴について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「中途半端に才能がある人」の特徴

 

特徴

  • 色々な分野の物事をそつなくこなすことができるが、それに対して、一芸を極め抜くということができない
  • 飽きるのが早く、1つの分野を長期的に継続することが難しい
  • 複数の物事の飲み込みが早いが、能力の上昇がすぐに頭打ちになってしまう
  • コンクールやスポーツの大会で入賞することがあるが、大賞を受賞したりTOP3に入ることはほぼ無い
  • 仕事において、短期間で転職を繰り返すことがある

 




「中途半端に才能がある人」の、4つの問題点

 

1「器用なことがわざわいしてハングリー精神が育たず、物事を極められない」

  • 一生懸命努力しなくても、ある程度は上手くこなせてしまうせいで、ハングリー精神(何かを渇望する精神のこと)が全然養われない
    • ハングリー精神がとぼしいせいで、一芸を極めることや、そもそも物事全般で努力を継続することが困難になってしまう

 

 

 

 

2「進路の決定時などに、困ることが多くなる」

  • 色々な物事を器用にこなせるせいで、「自分が最も得意で、最も才能がある分野」を特定することが難しい
    • 「自分が最も得意で、最も才能がある分野」が特定困難なせいで、進路決定において間違った選択をしてしまうことが多発する

 

 

 

 

3「他者から期待された後、失望されることが多くなる」

  • 色々な物事を器用にこなせるおかげで「凄い人が味方になってくれた」と最初は周囲にもてはやされるが、
    能力の伸びしろがあまり無いせいで、周囲から「期待はずれだった」と失望されやすい
  • 能力の高さを期待されて大量の仕事を任され、実際の能力をオーバーしている仕事量や難易度だったために過労で心身がつぶれてしまうこともある

 

 

 

 

4「優れた才能の持ち主や、1つのことを継続している人に、負かされる」

  • 才能の程度が中途半端であるので、優れた才能の持ち主や、情熱をもってずっと継続している人に、まったく勝てないということが多発する
  • 勝てないせいで色々な損害をこうむったとしても、性格上の問題から「特定の分野を極めるために、長期的努力を開始する」といったことができない場合が非常に多い

大成する人は、他を圧するほどの優れた才能をもつ人や、何年間も1つのことを継続している人です。

中途半端に才能がある人は、才能の大きさの問題や、飽きっぽい性格をしている問題などのせいで、大成することが難しくなります。

 




「中途半端に才能がある人」の、3種類の正体

 

 

「早熟な人」

神童(才知のきわめてすぐれた児童のこと)の正体は、




スポンサーリンク



その多くが、ただの早熟な人(心身の発達が速やかで、普通より早く大人びる人こと)である場合です。

中途半端に才能がある人は、早熟タイプの神童である可能性がかなり高いと考えられます。

ただし、成人後もコンクールで受賞などの実績を残し続けている人は、本当に才能が優れているタイプである可能性が高いです。

 

 

 

 

「物事のコツをつかむのが上手い人」

  • 賢いおかげで、作業手順の飲み込みが早い
  • 「良い結果に直結する、要点部分」を見抜くことが早い

要領が良くてコツをつかむのが上手いおかげで、何事もそつなくこなせる人です。

しかし、そこから先の場所へ進むには「その分野の才能」「長期的な継続」が必要になるので、中途半端に才能がある人止まりになってしまいます。




スポンサーリンク



 

 

 

 

「たしかな才能をもっているが、その分野と、その人の性格との相性が悪い」

その人にたしかな才能が備わっていたとしても、

  1. 「自身の性格と上手くマッチしている特定の分野」に、運悪く出会えていない
  2. 淡泊だったり飽きっぽい性格のせいで、「1つの物事に情熱を注ぐ」「1つの物事に長期的に執着する」といったことができない

といった理由から、才能を存分に発揮することができない場合も多々あります。

 

 

「淡泊だったり飽きっぽい性格が原因」という場合は、その性格と折り合いをつけて「1つのことに囚われない生き方について、その生き方での幸福を最大化する方法」を模索するべきです。




スポンサーリンク



 

「自身の性格と上手くマッチしている特定の分野」に運悪く出会えていない場合は、

複数の分野(自身が何となく惹かれる分野、自身に合っているという直感を覚える分野を推奨)に試験的に手を付け、

  • その分野を続けていても、自分としては無駄・無意味だとは感じない
  • その分野を続けていても、特に苦もなく、息をするように自然に続けられる

という反応を示す「自身の性格と上手くマッチしていて、才能をぞんぶんに発揮できる特定の分野」を一刻も早く発見するべきです。

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました