スポンサーリンク

嫉妬をなるべくしない・嫉妬心をおさえる、現実的な方法集

 

嫉妬という、対処が困難な悪感情を、

なるべくしない方法・なるべくおさえる方法を解説します。

 

スポンサーリンク

『嫉妬』という感情が、極めてやっかいである主な理由

「上には上がある」という現象により、自身がレベルアップしても常に嫉妬対象があるから

  • 努力や生まれ持った才能によってかなりの上位に立ったとしても、
    上には上がある(これが最上だと思っていても、必ずそれ以上の行為や状態があること)ため、世の中には常に嫉妬の対象になるモノが存在しており、嫉妬を消すことができない

 

 

 

 

「自分が本当は、欲しかったモノ」を持っている相手に嫉妬が発動するため、欲を絶たないと嫉妬を消せないから

  • 今の自分に、欠落しているモノ(たとえば、美貌や若さや健康やお金や名声や贅沢品など)
  • 本当は欲しかったけれど色々な事情で今は諦めていて、心の奥底にいまだに願望がくすぶっているモノ
    • 上記のリストのような物事を実現している人物に嫉妬が発動するため、自身の欲望を根絶しないかぎり、嫉妬の発動はどうしても止められない




スポンサーリンク




欲をゼロにすることが絶対不可能である以上、嫉妬をゼロにすることは事実上不可能であるため、
「嫉妬心を、できる限り最小化すること」
という対処方法が現実的であると言えます。

 




『嫉妬』をできる限りおさえるための、具体的な方法

 

 

嫉妬の抑制効果が大きいが、かなりのコストがかかる方法

「誇り(ほこり)になる長所」を作り上げることで、嫉妬の感情をやわらげる

  • 年収の金額
  • 貯金の金額
  • 「自身が就いている地位・職種」が、それなりに高位であること
  • 仕事や趣味において、他者に自慢できるような優れた実績があること
  • 自分が、日々人生を楽しんでいて、自身の日々に満足・納得していること
  • 自身の才能・長所を育て続けることで、「他者達にはマネできないスキル」へみがき上げる
    • 主に上記のリストのような項目が、嫉妬の感情を大幅に軽減させる




スポンサーリンク




マインドフルネス(瞑想の一種)によって、負の感情全般を低下させる

マインドフルネス瞑想の、具体的なやり方
マインドフルネス瞑想の4ステップ
  • ステップ1
    背すじを伸ばした状態で座る
    イスあるいは床の上に座ります
  • ステップ2
    自身の呼吸に集中する
    目は閉じていても開けていてもどちらでも良いです
  • ステップ3
    呼吸のみを意識し、何も考えないようにする
    高確率であれこれの雑念が頭をよぎりますが、「今、余計なことを考えた」とだけ思い、すぐに意識を呼吸の方へ戻します
  • ステップ4
    時間が来たら、その日の瞑想は終了
    マインドフルネスの時間(ステップ1~ステップ3にかける時間のこと)は最初は1日5分、1日10分推奨、1日30分できれば最大限の効果を得ることができます

 

米国ハーバード大学での、マインドフルネスを対象にした研究で、
マインドフルネスを約2ヶ月間(1日平均25分~30分)継続した被験者達は、
脳の「左海馬」という領域の灰白質(かいはくしつ、神経細胞の集まった灰白色の部分)の密度が上昇したことがMRI検査で確認され、
この現象は、左海馬が以前よりも発達したことで感情のコントロールが上手くなり、ストレスが低減されるようになったことを意味しています。

 

 

 

 

 

嫉妬の抑制効果がそれなりにあり、コストが小さくて実践しやすい方法

「嫉妬という感情に備わっている、巨大なデメリット」を正確に自覚することで嫉妬を避ける

嫉妬という感情は、脳のエネルギーを常に膨大に浪費し続けるため、完全に害悪
  • 嫉妬の感情にとらわれている時、
    思考のためのリソース(資源、本項目の場合は脳のエネルギーや思考に費やす時間など)の大部分が嫉妬に割かれてしまい、思考力のパフォーマンスがいちじるしく低下する

 

嫉妬に加えて、
・後悔
・怒り
・他者への恨み
・特定の事について思い悩むこと
これらの感情・思考は、脳のエネルギーを常に大量に浪費するタイプのものであるため、
これらの感情・思考と距離を置くことが重要です。




スポンサーリンク




「嫉妬心を制御できるか、制御できないか」が、人間の品性の有無の境界線
  • 「嫉妬心を抱きつつも、何とか自制できる人間」が、品性を保っている人間
  • 「嫉妬心にのみ込まれて、嫉妬心に支配されていることを恥とも感じず、嫉妬している相手に嫌がらせをしている人間」が、品性を失っている人間
    • このことから、「嫉妬を恥じる気持ちを失ったら、人間として終わり」と言える

 

 

 

 

「嫉妬しそうな対象」と、距離を取るようにする

  • 「高確率で嫉妬する人物」に、極力近寄らないようにする
  • 「高確率で自身の嫉妬心をあおる、ネット上のコミュニティー・SNS・ブログ」は、最初から閲覧しないようにする
    • 上記のリストのような方法で「情報を遮断すること」ができれば、嫉妬に苦しむ確率は劇的に低下する

 

 

 

 

「自分の頭で考え抜いた上で、自分に適した道を選択すること」で、嫉妬を軽減させる

  • 例えば、「自分は安定性を強く重視する性格型であるため、よく考えた末に、毎月の収入が安定している雇われの身を選択した」なら、フリーランスで成功している人達への嫉妬はかなり軽減できる
    • 『安定している代わりに、収入は低め』と『ハイリスクである代わりに、当たれば大きい』の2項目は「あちらを立てればこちらが立たず」の関係であるため、
      したがって両者のそれぞれのメリットのみを享受することはどうしてもできず、
      仮に『安定している代わりに~』というメリットをきちんと享受できていれば、『ハイリスクで~』の方のメリットは最初から諦めるべきであることが至極当然であるから

 

・深く考えず、なんとなくその道を選んでしまった
・他者に強要されて、その道を選んでしまった
という場合だと、
「自分で考えて納得した末に、その道を選び取った」という重要なプロセスが欠落しているせいで他者への嫉妬を抑えられなくなるため、危険です。

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました