スポンサーリンク

より良い選択肢を選ぶための、8つの選択の仕方

 

選択するという行動で、良い結果を出すための「選択の仕方」について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

選択で良い結果を出すための、重要な8つの選択方法

 

1「妥協」「自身が生き残ること」「継続できること」を重要視して選択する

選択の結果、なにはともあれ生き残り、選んだ先で稼ぎ続けたり活動し続けられるなら、多少の不満は残ってもばん回のチャンスはいずれ訪れます。

妥協ができずに理想ばかり追い求めることは、ダメな選択の典型例です。

 

 

 

2.先に「自分が必要な物事」を想定し、後に必要な物事を得るための選択肢を選ぶ

自分が求めているモノを先に見定め、その後に、自分が求めているモノを得ることができる選択肢を選び取る、

という考え方・行動の手順が、選択において良い結果を得るうえで不可欠です。




スポンサーリンク



上記の事柄は当たり前のことですが、

深く考えずに選択してしまったり、その選択肢の結果のメリットばかりに目を奪われて、自分が本当に必要な物事を考えていない、という人が意外に多いようです。

この考え方・行動の手順ができていない人は、たとえば、あさっての方向の努力ばかりしてしまいいつも失敗ばかり、ということになってしまいます。

 

 

 

3.良い結果をもたらしやすい選択と、悪い結果をもらたしやすい選択を把握する

良い結果をもたらしやすい選択の例

  • 「辛いけれど、そのぶん身になる」という性質のもの
  • 前向きな姿勢の考え方・態度・行動
  • 他人を肯定し、受け入れる
  • こつこつ積み上げる
  • その選択肢を前にして、良い予感・わくわく感・希望を感じる
  • 「勇気のある決断」をともなった選択
  • 現実的で堅実

 

悪い結果をもらたしやすい選択の例

  • 楽をすることや、楽な方楽な方へと進んでいくこと
  • 立ち向かうべき困難から逃げること
  • 後ろ向きな姿勢の考え方・態度・行動
  • 他人を否定し、拒絶する
  • 反則やズルをしようとする
  • その選択肢を前にして、悪い予感や嫌な予感や不吉な予感・不安を感じる
  • 消極的な考えや態度による選択
  • 夢や理想ばかり追っていて地に足が付いていない

良い結果をもたらしやすい選択の方を選び取るように心がけましょう。

 

 




スポンサーリンク



 

4.「自分が重要視する要素」を多く含む選択肢を選び取る

重要視されることが多い要素の例

  • 安全であること
  • 価格が安いこと
  • 安定していること
  • 手厚いユーザーサポートがあること
  • 食べ物で、量が多いこと
  • 先進的で独創的であること
  • 有名ブランドが提供していること
  • 自分に与えられた裁量が大きいこと
  • 高ステータスであること
    など

「自分が重要視する要素」をあらかじめ明確にしておき、その重要視する要素を多く含む選択肢を意識的に選ぶようにすると、

満足度が高い結果を得ることができるようになります。

 

 




スポンサーリンク



 

5.実力者なら「挑戦」、凡庸な者ならば「安定」を選ぶ

非常に賢かったり心身がタフであったりして実力がある者は、挑戦的な選択をした方が結果的に得るものが大きくなりやすいと考えられます。

凡庸な者はイレギュラーな事態・状況を上手く対処できないので、安定的な進路選択や、お金はかかるけれどユーザーサポートがしっかりしている商品などを選択するべきです。

 

 

 

6「自分にはできないこと」の種類をはっきり自覚し、それを避ける

たとえば、性格上人付き合いが非常に苦手という場合なら、

その人にとって「友達付き合い」「恋愛」「結婚」「家庭を築くこと」などは自分にはできないことに分類されることになります。

「人生における、重要な選択」において、危険を回避して、より良い結果を選択するためには、「自分にはできないこと」を事前にきっちり避けることが重要です。

同時に、「自分が得意で、自分にできること」「他の人達にはできないけれど、自分ならできること」を模索し、

正確に把握しておくことも、より良い結果を選択するために極めて重要です。

人生における、重要な選択の例

  • 高校卒業時点で就職するのか、大学進学するのか
  • 大学へ進学するつもりの場合、文系と理系のどちらを選択するか
  • 目指す大学の種類
  • 就職する業界・会社の種類
  • 雇われの身で生きていくか、独立して稼いでいくかの選択
  • 結婚するか、独身を貫くかの選択
  • 結婚相手の選択
  • 「自分が一生続けていける趣味」の選択
  • 今の仕事や会社で働き続けるか、転職するか
  • 「マイホーム」「車」「投資」といった大金が動くものを買うか買わないか
  • 子どもの教育の仕方
  • 自己の人生に対して、ずっと戦い続けるか諦めてふて腐れるかという選択

 




スポンサーリンク



 

 

7.自身の「直感」「直観」を頼りにする

「直感」:期待感や不安感、良い予感や悪い予感、良さそう・ダメそうな印象、といったたぐいの心の感覚。
「直観」:物事の本質や真相を、経験や推理の力を借りずに、いきなりとらえること。「ピンと来る」という現象のこと。

自分の生涯の目標を選択する・長く付き合う友達を選択する・結婚相手を選択する・引っ越し先のアパートやマンションを選択することのような、

自分自身の感性や好みが大きなウェートを占める選択において、直感・直観をあてにして選択することは大事です。

選択肢を前にした第一印象・直感・直観はほぼ正しいと言われています。

「自身の美意識が、美しい・正しいと判断する選択肢」も正しいと言われています。

 

 

 

8.ある程度勝ちが積もれば、以後は危険を避けるべき

総資産が1億円を超えているような状況で、

かなりリスクが高い選択肢(選択の結果は、総資産に1000万円程度がプラスされるか、総資産がゼロになるかの2つに1つ)をあえて採ることは馬鹿げています。

「ある程度勝ちが積もった状況」それ自体が資産価値が高いので、その貴重な状況を失いかねないハイリスクハイリターンの選択肢を選ぶ必要性はほぼゼロであり、

その状況を元手にしてゆっくりと確実に富を増大させる方が賢明です。

 




「選択という行為」について理解しておくべき予備知識

 

選択についての予備知識

  • 選択は脳のエネルギーをいちじるしく消費し、心身が疲弊する大変な行為であるので、日常ではあれこれ選択に迷うことは避けるべき。
    「日常的なもので重要度が低く○○という場合は、□□という選択をすると決めている」という風に選択の方法をあらかじめ定めておくと、無駄な選択に迷うことが無くなる。
  • 自身が選択した結果、悪い状況になっても、その選択や悪い状況を無かったことにしてくれる人・制度はほぼ存在しないので、
    選択は自己責任で慎重に行わなければならない
  • 判断が遅れれば遅れるほど、社会や所属しているグループの中で立場が弱くなれば弱くなるほど、選べる選択肢の数が減っていく
  • 「複数の選択肢を前にして、はっきりとした決断をせずに、いつまでも迷い続ける」という状況は、高確率で不幸や失敗という結果になる
  • 各種の状況下で正しい選択肢を選ぶためには、判断材料として「広範な知識」「世の中の道理」「自身が共感・納得できる考え方」を得たり知っておくことが必要なので、
    他者との対話や読書を通してそれを達成しておくこと
  • 現状は、過去に自分が取捨選択を繰り返してきた結果であるので、
    現状が良好ならば自身の選択センス・判断力に自信をもって以後もその調子で選択するべきだし、
    現状がダメならば自身の選択能力を見直す必要がある


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました