スポンサーリンク

バカが頭が悪くなっている原因の思考パターンや生活環境

 

頭が悪い人の、頭が悪くなってしまっている原因パターンを調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「理解力が低すぎる」

頭が悪いとされる人の根本的特徴。
理解力が低いせいで、学力が低かったり、実務能力が低かったり、コミュニケーション能力が低かったりと、頭を使う能力全般が低下している。

 
この項目の例

ひんぱんに「え?」と反応するのがバカを見分けるポイント。
理解力が低いせいで、会話のスピード・事態の変化についていけていない証拠。

 

学習できずに、同じ失敗を何度でも繰り返すってのはバカに特徴的に見られる性質。

 

同じ事を何回聞いても、それでも理解できない。

 

人間、良い意味でも悪い意味でも、生まれつき明らかに頭の造りが違う人はいるよな。

 

お互い、同じ言語を使って話しているのに、
話が通じずに理解してもらえないという、とてつもない徒労感を味わう。

 

バカの中でも、頭が悪すぎる種類の奴は、自分がバカだということにすら気づいていない。

 




「主観だけが世界の全て」

物事に対する視野が狭いせいで、自分以外の人間の考え方や、別の可能性について思い至らない。思考の柔軟性に欠ける。

 
この項目の例

視野が狭くて、的外れな内容を上から目線で話し出したりする人は頭悪いと思う。

 

頭ががちがちに固くて、ステレオタイプな思想しか持っていない。

 

「男/女だから」「血液型が○だから」「○○国だから」のように決めつける。

 

新しい知識・新発想・新習慣をかたくなに拒む。

 

「~かもしれない」っていう、
自分が間違っている可能性とか別の可能性を考えつくことができない。

 

自分の主観だけがこの世の正義で、再考する必要は皆無!って考えている。
完全に思考停止している。

 

「分からないことを理解しようとしない」

頭を働かせることに慣れていないせいで、思考による負荷を嫌悪していたり、考えようとしない思考停止状態におちいっている。

 
この項目の例

まず、「理解しよう」って気持ちがあることが大事。
バカにはその気持ちが欠けている。

 

バカの特徴の1つは、「すぐに考えることを諦める」。

 

「自分を律することができない」

自制心、克己心、少し先の未来を予測してサボらないように準備する、というのも知的能力に含まれる。
知的能力が低いと、それらの自分を律する力も弱くなるため、感情的になったり怠惰な生活態度をとるようになる。

 
この項目の例




スポンサーリンク



バカって、やたら口数が多かったり、自分を大きく偉く見せようとして無駄な言動が多い。
賢い人は、だいたいの場合で黙っている。

 

頭悪い人って、そのほとんどが感情的。

 

バカ・中途半端に賢い奴が自己顕示欲が強いのは、劣等感の裏返し。
劣等感を打ち消すために、インスタントな優越感を求め続けている。

 

頭悪い人って、だいたいが自堕落で自分に甘い。

 

バカって、自己顕示欲が強くて、聞いてもいないうんちくを語り始めたり、難しい言葉を多用しようとする。
そのくせ、それらの行動は問題解決に貢献しない的外れなものばかり。

 

努力できるかできないかは、その人の脳の構造に由来する

 

ヴァンダービルト大学のマイケル・トレッドウェイが率いる研究チームが、「努力できる人というのは、努力して成功する可能性から快楽を感じ、努力しても無駄だという誘惑の声に惑わされない、という脳の働きをしていること」を解き明かした。

 

マイケル・トレッドウェイの研究の詳細

「努力が成功して報酬が得られるかどうか分からない」という不確実な状況下で、

  • 努力できる人は、左線条体と前頭前皮質腹内側部のドーパミン活性化が確認された。この状況は、脳が快楽を覚えている状態である。
  • 努力できる人は、島皮質のドーパミン活性化に脳があまり反応しないことが確認された。この状況は、脳が、不満の声に鈍感でいられる状態である。
  • 努力できない人は、報酬が得られるかどうか分からない不確実な状況では、上記の努力できる人の脳よりも快感を覚えず、さらに不満の声に強く反応してしまう

マイケル・トレッドウェイが率いる研究チームが「Journal of Neuroscience」誌に発表した研究論文より

 

貧困家庭の環境で育つと、意欲と学力が低下してしまう

 

  • 貧困家庭で育ち、格差の底辺に置かれた子ども達は、学習や進学に対する意欲を失ってしまっているケースが多い。ハングリー精神をもって上へと昇ろうとする子どもはあくまで一部。
  • 親の代から「貧困の連鎖」が起こってしまい、親と同じように、子どもも低学力・低学歴・非正規雇用者になりやすくなる

公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」の代表理事を務める今井悠介氏の発言

 

 

 

子どもの学力と、親の年収は相関関係になることが分かっています。親の年収が低いと、子どもの学力が低くなる傾向が強いと言えます。




スポンサーリンク



 




ネット上で語られる、バカへの有効な対処法

 

利口な人は、バカを上手く誘導して利益へと変える。
商売で成功するコツって、まんまこれ。

 

まともに取り合わず、話も聞き流すこと。
バカの話・感情・感覚をまともに受け取ってぶつかっても損をするだけ。

 

「話せば分かる」って博愛主義的な言葉はあるけれど、この世には「ただ自分の要求を押し通したいだけの人」が確実に存在していて、そういう人には話も誠意も一切通用しない。
その事実をいかに早く理解して、話が通じないバカと距離を取れるかが大事。

 

いかにバカと関わらずに生きていくかが人生の勝負どころ。
理解力が低い・足を引っ張られるなど、いちいちバカと関わっていてはエネルギーの消費が激しすぎて、肝心の大事なことができなくなってしまうから。

 

全国チェーン店の安い牛丼屋なんかでアルバイトをしていたら、その店をメインに利用する底辺の客層に嫌な思いをさせられるのが当たり前。
そんなアルバイトを選んだ方が悪い。
バカと関わりを断つ有効な方法は、自分の実力を上げて、高学歴になったり高収入になって、敷居が高いせいでバカが入ってこられない「レベルが高い世界」へ昇るのが一番。

 

人間は、人生を送っていると「バカにする側」「バカにされる側」のどちらかにおのずと分類されることになる。
努力を続けて、自分が後者になることを避けよう。

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました