スポンサーリンク

感情的だったり事実を認めない、バカの特徴とバカへの対策方法

スポンサーリンク

 

「頭の悪さ」の特徴についてネット上で調査し、また、頭の悪い人への対策案も調べました。

 

スポンサーリンク

話していてすぐに分かる種類の、頭の悪い人の特徴

 

同じ間違いを何度でも繰り返す。
周りが改善のためのアドバイスをしてあげても、効果が無い。

 

常に口が半開き状態。

 

目つきに知性の程度が表れている。
目つきがぼーっとした感じ。

 

言動が感情的。
感情に振り回されて発言したり行動したりしている。

 




ある程度付き合うと判明する種類の、頭の悪い人の特徴

 

客観的には完全に馬鹿であるにも関わらず、
当人が馬鹿であることを自覚していない。

 

少しばかり複雑なことを、そもそも理解しようとする気が無い。
理解するための努力を完全放棄している。

 

その物事が、どうしてそうなるのかの
原因→結果の因果関係を知ろうとしたり考えようとしない。

 

ひんぱんに知ったかぶりをする。
そのせいで馬鹿さがより露呈してしまっているが、本人は自覚していない。

 

「承認欲求に振り回されるタイプ」のダメなSNSユーザー。

 

「常識だろ」「当たり前だろ」「そうに決まっているだろ」
といったステレオタイプの思考しかできない。

 

「ノリ」を重要視し、論理性は悪だととらえている。

 

気が利かず、自分から察して適切な行動を取ろうという発想すら無い。

 

精神的に向上心の無い奴。

 

事実を事実として厳粛に受け止めることをせず、
事実を認めることから逃げ回る。
事実を受け入れることができるのが、賢い人の最低条件。

 

頭の悪い人と接する時用の、バカ対策

 

アホには小難しいことは極力言ってはいけない。
ちょっとでも難しい話になると、アレルギー反応を起こすから。
わかりやすくわかりやすくを心がけて話そう。

 

商業的には、
いかに金銭を搾取するかがバカへの正しい接し方。

 

放って置いた方が良いと思う。
馬鹿が馬鹿でい続けてくれるおかげで得られる恩恵も多い。
たとえば、馬鹿がクレジットカードのリボ払いで、多額の金利をカード会社にどんどん貢いでくれる。
賢いカード利用者は、そのおかげでクレジットカードの数々の無料特典の恩恵を受けられる。
そういう構図が世の中にはいくらでもある。

 

「バカ正直」「くそ真面目」
って良いこと1つもないよ。
めんどうなことを押しつけられそうになったら上手くかわして逃げることが賢い。

 

正直者は、必ずバカをみる。

 

善人が成功するとは限らないが、
他人を疑わない人間は確実にバカを見る。
自衛のために、基本的に他人は疑ってかかること。

 

いちいち救おうとするな。
バカの前から無言で立ち去って、きっぱりと関係を断て。
昔から言うでしょ、「馬鹿は死ななきゃ治らない」って。
事実として救いようが無いんだよ。

 




頭の悪さが役に立つこともある

 

バカであることが役立つ場面

  • 物事をごちゃごちゃ難しく考えず、シンプルな考え方ができる
  • 何か嫌なことがあっても、気にしなかったりすぐに忘れることができる。生きていく上で非常に重宝する能力。
  • 挑戦について、上手く行く可能性ばかりを信じていて考え方がポジティブ
  • 物事をあまり深く考えずに結婚に踏み切れる
  • 仕事をえり好みしてニート化するような事が起こりにくく、どんな仕事でもすることができる


コメント

タイトルとURLをコピーしました