スポンサーリンク

高人気でやりがいがある仕事をしたい若者が向き合うべき事

 

アイドルや芸能人のような表舞台系の仕事や、編集者や大手商社マンのような面白くてやりがいがある仕事に就きたいと思っている学生が向き合うべき現実について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「華やかな仕事」であればあるほど、就くための難易度が上がる

 

「華やかな仕事」の例

  • 芸能人
  • アイドル
  • 歌手
  • 俳優・女優のような役者
  • プロ棋士
  • プロスポーツ選手 などなど

 

 

TV番組や雑誌などでもてはやされる華やかな仕事は、みんなが憧れて目指すようになるので、プロデビューのための関門(オーディションや新人賞や選抜試験)の競争倍率が恐ろしいものになってしまいます。

現実的な事情をはっきり言えば、一般的な人が華やかな仕事に就ける可能性はゼロに近いものになります。

また、これらの「華やかな仕事」は、「生まれ持った優れた容姿」「生まれ持った、群を抜く才能」といった生まれつきの資質を求められることがほとんどです。




スポンサーリンク



なぜこれらの華やかな仕事が社会で脚光を浴び、羨ましい収入を得られるのかと言えば、

「希少価値があるものに、みんなが魅了されてお金を出したがるから」

です。

そうである以上、華やかな仕事に就くためには相応の希少価値が自身にあることが必須となります。

 




夢ややりがいがある仕事がもつ、負の側面

 

負の側面

  • 表舞台で華々しく活躍している人達はその業界のごく一部の上澄みの人間であり、業界のほとんどの人達は知名度がゼロに近い
  • 業界内で自身が無名だと、収入がいちじるしく低くなる
  • 正社員のような安定雇用とは無縁なので、何かのミスで収入がゼロになることも簡単に起こる
  • 「結局、上の人間に使われているだけ」という点では会社員と同じ状況

 

 




スポンサーリンク



一例を挙げると、「漫画家」は漫画を雑誌に掲載するための原稿料(1ページ○千円~○万円)と、印税(1冊あたり、漫画単行本の価格の7~10%程度の金額)を出版社側に支払ってもらう以外は、漫画を発表して売り出す利益の大部分を出版社側に持って行かれてしまいます。

  • 売れそうな漫画しか雑誌に掲載したくない
  • 出版したけれど売上不振の漫画は絶版にする

といった出版社側の都合に漫画家が振り回されることになるので、漫画家と言えど「結局、上の人間に使われているだけ」という会社員と同じ立場になります。

 

継続ができさえすれば「ちょっと夢のある仕事」にはありつける

 

「ちょっと夢のある仕事」の例

  • 在宅で独りで仕事をする、自営業
  • ブログで広告記事を書いて広告収入を得る、アフィリエイトの仕事
  • 株式投資などで生計を立てる専業トレーダー
  • 出版社と契約を結んでいるWeb漫画家 など

 

 

 




スポンサーリンク



「ちょっと夢のある仕事」であれば、業界の研究や、始めてからある程度続く無収入期間に耐えて継続をすることができれば、比較的容易に就くことができると言えます。

「ちょっと夢のある仕事」は、

  • 「つまらない会社勤め生活にうんざりしている人達」には羨ましがられる
  • プロの小説家や漫画家や音楽家といった表舞台系の仕事には見劣りする

といった感じのポジションになります。

本人の資質や性格が「ちょっと夢のある仕事」と上手く適合すれば、普通の会社員や平均的なプロ小説家やプロ漫画家を大きく上回る年収を得ることも可能となります。

 

 

最も難しいことは「継続をすること」で、一例としてWeb漫画家ならブログやSNSに「みんなに好まれる内容の漫画(ひとりよがりの内容ではなく、大衆向けの内容)」を2年~4年程度無償で公開し、ネット上で知名度を上げてから、そこでようやく出版社側から勧誘の声がかかります。

稼ぐための研究を継続することや、将来に収益化することを見越してそれまではみんなに奉仕することをずっと続けられることが「ちょっと夢のある仕事」に就くため条件となります。

 

大人になれば、自分の人生に自分で責任を持たなければならない

 

高校や大学の卒業後に、「華やかな仕事」に就こうと何年も挑戦を続けて、それで職歴が無いまま25歳や30歳になってしまった場合、悲惨な末路をたどることになります。

 

 

悲惨な末路の例

  • 夢を諦めて会社就職しようとしても、経歴上の空白期間が長すぎるせいで(一般には空白期間が1年を超えるとアウトだとされている)、どこの会社にも採用してもらえない↓
  • そのせいで派遣社員やフリーターのような非正規雇用者にならざるを得なくなったり、一生無職のままでい続けるしかなくなる

 




スポンサーリンク



 

学生の方には想像しづらいかもしれませんが、学校を卒業すると色々なことが「自己責任」で済まされてしまい、他人や企業側から助けてもらえない、ということが当たり前になります。

「ずっと夢を追っていたせいで何年間も就職していませんでした」という求職者側の事情も、採用を行う企業側からすれば同情の余地が無く、不採用を決定する十分な理由になってしまいます。

夢を追い続けたせいで人生が潰れてしまった人間は昔から大勢います。自分の人生に責任をもち、もしも夢追い行為のせいで25歳~30歳無職という状況になったらその後の悲惨な人生もちゃんと受け入れる、という覚悟を持ちましょう。

その覚悟ができないようなら、競争率が高すぎて叶いそうもない夢を追うのは、最初から止めましょう。

 




夢のある仕事に就くために今すぐに始めるべきこと

 

作品を作って応募し続けたり、選考を受け続ける

最初からこれを当然のこととして年単位で続けられる人がプロデビューできるパターンがほとんどです。

いつまでも応募や選考を躊躇している時点で、その人に成功の目は無いと考えて良いでしょう。

 

 

 

勉強に励んで有名大学に合格する

出版社に勤める「編集者」や新聞社に勤める「新聞記者」、テレビ局に勤める「ディレクター」や「アナウンサー」、あるいは「医師」や「弁護士」といった華のある職業は、相当に勉強ができないと就く事ができません。

その理由は、就職活動の際で有名大卒という学歴が無いと出版社側やテレビ局側に相手にされなかったり、医学部医学科の入試や司法試験に合格するには優れた学力が求められるからです。

アイドル系や芸能人系の仕事とは別方向の夢のある仕事に就きたい場合は、有名大学に合格することが必要になります。

また、仮に夢が叶わなくても高学歴なので就職面でつぶしが効くというメリットもあります。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました