スポンサーリンク

アニメやゲーム等のクリエイター系専門学校へ進んだ人の末路

 

アニメや漫画やゲームや声優など、クリエイター系専門学校へ進んだ人達の、主な末路を解説します。

 

スポンサーリンク

アニメなどのクリエイター系専門学校へ進んだ人の、主な末路

 

 

フリーター・ニート

  • 「才能・実力が不足しており、なおかつ、専門学校卒業時に堅実な選択ができなかった人」が本項目の末路をたどる
    • クリエイター系専門学校へ進学する人達は「夢見がちであり、現実的な選択をすることが難しい」という傾向が少なからずあるため、本項目の末路になることは決して珍しくない




スポンサーリンク




「専門学校で履修したコース」とは無関係な企業に就職する

  • 本項目の末路は、クリエイター系専門学校へ進学した人達の進路としてはかなりマシな方
    • ただし、アニメーターや漫画家や声優を志して専門学校に入った人達としてはまったくもって不本意な結末であるため、彼らの主観的には不幸な末路であると思われる

 

 

 

 

専門学校の卒業後、他の学校・大学へ進学する

  • 専門学校の卒業後、夢を追い続けるために別の専門学校や養成所へ再入学するという末路
    • 子どもの両親にとっては、子どもがいまだに経済的に自立できず、学費も追加でかかるため、非常に頭の痛い状況

 




クリエイター系専門学校へ進んだ人の多くが悲惨な結果になる、主な理由

複数の事情により、プロデビューやアニメ系企業への就職は非常に困難だから

「新人賞」「ポートフォリオの審査」「オーディション」などの関門があり、それが突破困難
  • 漫画・ライトノベル・イラストなどの分野で、出版社が開催する新人賞コンテスト(競争倍率は数十倍であるのが常)で受賞できないことにはプロデビューができない
  • アニメーターや背景美術としてアニメ制作会社に就職する際に、「ポートフォリオ(写真家やデザイナーなどが自分の作品をまとめたもの)」の提出を会社側から要求される場合がほとんど
  • 声優としてプロデビューするには、高倍率のオーディションで合格しなければならない




スポンサーリンク




プロデビューのためにどうしても必要な『才能』は個人差が大きく、ただの勉強では補えない
  • 新人賞で受賞したりオーディションに合格するためには、稀少な才能がどうしても必要
    • この稀少な才能を有するか有さないかは個人差が大きく、専門学校で勉強しただけでは受賞・合格に十分なレベルの才能は獲得できない

 

「作品作りのための技術は一通り教えるが、プロデビューを確約するものではない
という、専門学校生達にすれば詐欺とも感じられる契約内容が、
生徒とその保護者の間で問題視されることが多いです。




スポンサーリンク




「生徒達の、プロになるための意欲・熱意」が不足しているケースが多すぎる

  • 「プロの漫画家」「プロのイラストレーター」「プロの小説家」に、あこがれているだけ(あこがれているだけであって、プロになるための努力は嫌い)
  • 専門学校に入ることで就職を先送りにし、モラトリアムを延長したいだけ
    • 上記のリストのようなケースがかなり多く、
      専門学校の卒業時にプロデビューのために必死にならないせいで、悲惨な末路を迎えることが多くなってしまう

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました