スポンサーリンク

人間の性格が悪くなる、貧困や理不尽な事など8つのきっかけ

 

その人が性格が悪くなったきっかけや原因の種類を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

性格が悪くなった8つのきっかけ・原因

 

1「他人との関わりの中で、心に大きな傷を負ってしまった」

  • 学校や会社でいじめられる
  • 自分がお人好しな性格だったせいで、他人に利用されまくる
  • 友人だと思っていた相手が、実は自分を利用しているだけだったり引き立て役に使っているだけだと真相を知った
  • 恋人や結婚相手に、浮気や不倫などの行為で裏切られる
    などが、性格が悪くなる原因例

裏切りやひどい仕打ちのせいで人間不信におちいったり、他人への復讐心に駆られるようになると、高確率で性格が悪くなります。

 

 

 

2「両親からの間違った教育や、ひどい仕打ち」

  • ほおを平手打ちしたりつねることのような、体罰をともなった教育
  • 兄弟間・姉妹間で、親の態度が露骨に違っている
  • 小さなうちから親にしかられてばかりだったり否定されてばかりで、そのせいで自己肯定感がまったく育たないまま大人になってしまった
    などが、子どもの性格が悪くなる原因例

 

 

 

3「『理不尽なこと』のせいで、多大な不利益を被った」

  • 交通事故に遭い、大怪我をしたり後遺症を負ってしまった
  • 生まれつき病弱な体質だったり、障害を負っている
  • 犯罪の標的にされて、金銭や物品を盗まれたり、怪我を負った
  • 親の介護のために、不本意なまま仕事を辞めて田舎へ帰った
  • 上司に不当に責任をなすりつけられて会社を辞めるはめになった

理不尽な出来事のせいで怪我や財産の大損失といった被害を受けると、社会への恨みや復讐のような考え方をもつ可能性が高くなり、性格が悪くなる可能性も同時に高くなります。

 

 

 

4「生まれつきの性格が、『性格が悪い』と評価されるタイプだった」

  • 負けず嫌いな性格のせいで、やたらと他人を攻撃する
  • 被害者意識が強い性格
  • 物事のとらえ方が、何でもかんでも否定したがるなど、やたらとひねくれている
  • 自分さえ良ければ、他の人のことはどうでも良いという自己中心的な考え方
  • 皮肉屋な性格で、ことあるごとに他者を批判・非難する
  • 他人を言論で追いつめて屈服させて、優越感に浸ることが大好き
  • 過度に自尊心・プライドが高いせいで、自分の落ち度を決して認めずに他者に原因と責任を求めてばかりいる
    などが、性格が悪くなってしまう性格要素

 

 

 

5「人生の中で長い期間、貧困にあえいできた」

  • 貧乏なせいで「負け犬根性」が心根に染みつき、「どうせ自分は何もかも上手く行かない」と卑屈に考えるようになる
  • 「普通の水準の家庭」「お金持ちの家庭」に、ゆがんだ対抗意識を抱くようになる
  • 他人に嫉妬して、悪口を言ったりいやがらせをすることが多くなる
  • お金が不足していることが原因で常に精神的余裕が無いため、ちょっとしたことですぐにキレる
  • お金にがめつくなり、金銭的利益を引き出すために他者を利用するようになったり、自分から他人のためにいっさいお金を出さないようになる
    などが、貧困による性格の悪化例

 

 

 

6「身体的・精神的なコンプレックスを抱えている」

  • 低身長
  • かなり太っていること
  • 自身の顔の造りに、いちじるしい不満を抱えている
  • 髪がひどい癖毛だったり、ハゲている
  • 過度の不安症
  • 生まれつき気弱な性格で、自分に自信がもてない
    などが、性格の悪化につながりやすいコンプレックスの例

心身に何らかのコンプレックスを抱えていると、自虐的な考え方や態度を取りやすくなり、その結果性格が悪くなりがちです。

 

 

 

7「ネット掲示板やSNSにハマってしまった」

  • ネット掲示板における
    「その時々での事件の犯人や、その事件の遠因となった社会問題を、みんなでバッシングすること」
    「当たり前のように、そのメッセージを書き込んだ人を誹謗中傷したりマウントを取ること」
    といった独特の文化に感化されて、他人を攻撃する性格へ変化してしまう
  • SNSにおける
    「証拠写真付きの、日々の幸福アピールを延々と見せつけられること」
    「現行の政治体制や雇用慣習や教育制度に、愚痴をこぼしたり、改善を要求するメッセージを発信すること」
    などの影響を受けて、嫉妬で嫌な気分になり続けたり、社会に対して攻撃的な考え方をする性格に変わってしまう

ネット掲示板やSNSにどっぷり浸かっていると、その場の文化に感化されて、不満を口に出して言うことや他人を攻撃する心理的ハードルが、高確率で下がります。




スポンサーリンク



その結果、他人を誹謗中傷したり社会への不満を述べてばかりの、性格が悪い人間になってしまいます。

 

 

 

8「自己の人生が上手く行っていない」

  • 企業就職ができずに、ニート・無職状態
  • 人生でやりたいことがずっと見つからず、空虚な思いの日々
  • ずっと夢が叶わず、人生が停滞している状況
  • 会社で、不快な人間関係にずっと苦しめられている
  • 仕事がまったく楽しくないせいで、毎日が苦痛
  • 家庭の中で、親・結婚相手・子どもとの関係が上手く行っていない
    などが、性格が悪化する例

人生が上手く行っていないと、不満や不安や鬱憤が溜まり続けるため、その影響で性格が悪くなる可能性が高くなります。

 




「性格の悪さ」を人前で上手く隠す方法

 

上手く隠す方法

  • 他者との会話で、必要な言葉以外の不必要なことは口に出さないように意識する
  • なるべく、他人の意見を肯定する言動を取るように意識する
  • 人前で他人を非難・誹謗中傷しない
  • 「性格の悪さが自身へもたらす悪影響」をはっきりと自覚する(詳細は下記を参照)

 

 

「性格の悪さが自身へもたらす悪影響」は、

たとえば、平素の悪行の結果、集団内で自身の悪評が広がってしまったせいで孤立化したり、相手からの復讐を受けて有形無形の被害を受けることが代表例です。




スポンサーリンク



性格の悪さが役に立つ局面は

「どうしても負けられない勝負で、相手の弱点を躊躇無く攻め立てるために性格の悪さが役立つ」

くらいのもので、あとは、性格の悪さは全面的に不利に働きます。




スポンサーリンク



「性格が悪い」という特徴はかなり深刻な悪癖であるため、意識的に改善したり、人前で隠す努力が必要になります。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました