スポンサーリンク

声優…演技でキャラに生命を吹き込む、現代の憧れの職業

 

アニメキャラクターに声を充てたり、海外映画の出演者の声の吹き替えを行う仕事である「声優」の年収や仕事内容や声優のなりかたについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「声優って仕事ってどうなの?」へのネット意見

 

現代の女性声優は、
演技用の声が画一化してきていて、無個性化してきている。
代わりに、
容姿の良さ・若さ・トークイベントの技能なんかが求められている。
つまり、現代の声優には、声質よりも「アイドル性」が求められている。

 

声優になるには、
・金
・業界とのコネ
・レッスンやオーディション等に割くための時間的余裕
・容姿
・あいさつ回りのような礼儀
・声優としての実力
こういった要素が必要。
後天的努力は、全要素のうちのほんの一部分を占めているに過ぎない。

 

金持ち家系で、
遺伝的にハイスペックで容姿端麗な子息子女が、
道楽でやる仕事が声優、
という潮流が現代では形成されている。

 

昔は舞台俳優・女優が
本職の合間にやる仕事が声優だった。
この声優達の方が声が個性的で、演技に凄みと迫力がある。
今は、アイドル崩れやモデル崩れや歌手崩れや子役上がりが
容姿や声質を武器にしてやっているのが声優。
この声優達はたしかに可愛いが、声に魅力がとぼしい。

 

・訓練してアニメ声を出せるようになること
・アニメ声によって見事な演技を行うこと
この2つは、似ているようで難易度が全然違う。
声優業に求められているのは後者の方で、
ちょっとアニメ声を出せるからといって声優になれると思ったら大間違い。

 

アニメーターの薄給事情に象徴されているように、
アニメの制作現場にはとにかくお金が無い。常に不足している。
当然、声優にもろくにお金が回ってこない。
おまけに、
声優にはスター性があるから「薄給でも構わない」と働き続ける人が多いせいで、
給与事情もいつまでも改善されない。

 

現代のアニメは
日常寄りの作品ばかりだから、
作品に合った、日常に沿う没個性的な声質が求められている。
個性は求められないから、いくらでも代わりが利く。
その声優が老けたり、人気のピークを過ぎれば、
すぐに若くて可愛い人気声優に取って代わられる。
大人気アニメのキーキャラクターを何度も演じて、
早めに業界で重鎮の地位に就かないと、その声優に未来は無い。

 

声優業の、
表面上の難易度や、スター性のせいで、
声優は多くの若者の人生を破壊する危険装置になっている。
・絵や漫画や楽譜を書くよりも、声を出すことはずっと簡単
・大好きなアニメキャラクターに、声で生命を吹き込むことができる
・プロ声優になれればアイドル扱いで各方面でちやほやされる
こういう思い込みや憧れから、声優を目指して破滅する若者が続出。

 

声優という職業は、
まずお金をもらえるプロになるまでのオーディション突破が超難関、
プロになった後も仕事がなさ過ぎ・もらえる額が低すぎでまともに食っていけない。
それを考慮したら、声優業は「生計を立てるための仕事としての価値」はゼロに近い。
生まれつきの勝ち組人種なので、ごく自然に暮らしていたら簡単に声優になれました!
というごく少数の人達用の仕事が声優だと思う。

 

声優とか漫画家とかイラストレーターみたいな、
仕事と趣味の境界線があいまいで、
やっていて楽しい仕事には、
共通して大きな代償がある。
上の立場の人間からいいようにやりがい搾取されたり、
仕事を全然回してもらえずに生活に困窮したり、
用済みになったら簡単に業界から捨てられること。
声優を目指すからには、そのことを覚悟することが必須。

 




声優の年収と、仕事内容

 

声優の年収

5000円程度(最底辺)~数千万円から1億円以上(最上位層)

 

声優業は、プロダクションに所属していて月給制で働いている一部の声優達を除き、
収入は歩合制が基本なため、その人の実力と仕事量によって各人の年収の振れ幅が非常に大きいです。

 

 

 

声優の仕事内容

  • アニメ作品の、キャラクターの声を担当する
    • ランク制によりギャラが変動する。詳細は下記を参照。
  • 外画の登場人物の声の吹き替え(1時間で5万円程度、人気声優なら15万円程度)
  • ナレーションの声を担当する(TV番組やCMやスーパーマーケットのアナウンスなど)
  • ゲーム作品の、ゲームキャラクターの声を担当する
    • 新人声優だと1ワードあたり30円程度、人気声優だと1ワードあたり200円に達する。
      1ワードとは、「はい」というたった一言も「○○○…(100文字以上の長いセリフ)」も同じ1ワードとしてカウントされる。
  • ラジオ番組のパーソナリティー
  • その他、テレビ番組への出演や、歌手活動や、声優イベントでの観客パフォーマンス

 

 

 

声優のギャラ額が変動する「ランク制」

声優のギャラのランクギャラの基本料金
ジュニアランク(活動開始時から3年間まで)1本につき1万5000円で固定
ランク151本につき1万5000円(加算手当有り)
ランク161本につき1万6000円(加算手当有り)
ランク171本につき1万7000円(加算手当有り)
(…)(ランクが上がるほど基本のギャラが上がる)
ランク45(ランク制の中では最高位)1本につき4万5000円(加算手当有り)
ノーランク(最高位)ギャラの額に上限が無い。
声優と制作側の交渉でギャラの額が決まる。

 

 

声優のギャラのランクは、日本俳優連合の「外画動画出演規定」というルールにもとづいて決定されています。

「1本」という定義は、たとえ5分間の短編アニメでも、30分の標準的アニメでも、2時間の長編アニメでも、

全てが1本と見なされ、演じたキャラクターのセリフの多寡とは無関係に1本分のギャラが支払われます。




スポンサーリンク



活動開始時から3年目以降はジュニアランクから変動制のランクへと移行します。

それぞれのランクの基本料金(たとえばランク16なら1万6000円が基本料金)に、

「時間割増率(映像作品の時間の長さに比例してパーセンテージが上がっていく)」か、

あるいは、

「転用料率(収録した声が含まれている映像作品を、放送や小規模上映やBlu-rayに収録して販売などで二次利用することの使用料)」を掛けたものである、




スポンサーリンク



「基本料金」×「時間割増率」(60分以上の映像作品で声優の仕事をした場合)

「基本料金」×「時間割増率」×「転用料率」(声優が声を充てた映像作品が二次利用された場合の加算手当)

という計算式によるギャラ額が声優に支払われます。




スポンサーリンク



声優のギャラのランクの種類は、その声優の世間での人気度や実力を鑑みて、年に1度改定されます。

 

 

 




声優になるための3つの方法

 

1「声優の養成所に通う」

声優のマネージメントを目的として、芸能事務所が経営しているのが声優養成所です。

声優業についての知識や演技について指導してもらえます。

声優養成所に入るには、入所オーディション(筆記試験や、朗読やアドリブの演技などの実技)に合格する必要があります。

 

 

 

2「声優事務所に所属する」

声優事務所に所属することで、ギャラの何割かを手数料として事務所に取られる代わりに、




スポンサーリンク



事務所に声優の仕事をどんどん取ってきてもらえたり、しっかりとした事務所に所属しているという事実によりクライアントからの信頼を得やすいというメリットがあります。

声優事務所に所属するには、厳しいオーディションに合格しなければなりません。

 

 

 

3「声優の専門学校に通う」

専門の講師の指導のもと、ボイストレーニングをしたり、声優の業界の構造などについて勉強することができます。

専門学校に入校するにあたって、高倍率のオーディションのようなものはなく、誰でも専門学校で声優になるためのトレーニングができます。

 

声優の仕事について学べる、人気の専門学校

アミューズメントメディア総合学院

◎「ノベルス創作学科」
 「ゲームプランナー学科」
 「アニメ・ゲーム3DCG学科」
 「キャラクターデザイン学科」
 「アニメーション学科」
 「声優タレント学科」
 「マンガ学科」、など多数の学科がある
◎本学では、学校在籍中に作品を商品として売り出せる
○「資料請求」「体験入学の申込」は無料
○各種業界と直結した就職斡旋・デビューシステムがある



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました