スポンサーリンク

自営業や会社起業の、成功のコツと失敗についての重要情報集

 

自営業や会社経営など、自分の手でビジネスをするときに重大ヒントになる言葉をネットで調査したので、解説します。

 

スポンサーリンク

「これができると商売人は強い!」という言葉

 

「自分が勝てる場所で勝負すること」。
自分が勝てそうもない場所は避けることも同時に重要。

 

自分が働く目的・意義を
「自分の望みのため・金のため」
と設定すること。
その方が、真面目さとモチベーションを保ちやすくなる。
「社会貢献」とか「みんなへの奉仕」みたいなあやふやな物に設定してしまうと、ぽっきり折れることが多くなるのでダメ。

 

「自分の得意なことを徹底的に伸ばすこと」。
最初からがめつく金を追い求めるよりも、
得意な事を伸ばしてみんなに喜ばれて、その後に自然に金が付いてくる、
って流れの方が道理に合っているし、一生続けられる。

 

「人付き合いとコネクション作り」
を上手くできること。
商売に限らず、成功するために上記の事は非常に大事。

 

 

「他人がマネすることができない、自分だけの特殊なスキル」
を持っている・育てていること。
そういう特殊なスキルは希少価値が高いので、金になる。

 

「優しさや甘さを完全に捨て去ること」。
資本主義社会の正体は、つまり金の奪い合い。そういう資本主義社会で、優しい奴が成功できるはずがない。

 

「リスクと、得られるモノの大きさを天秤にかけて、冷静にリスクを取ることができる」。
やった者勝ち、という実質的にノーリスクの物事もあるから、そういう物から優先的に着手していく。

 




「ビジネスを成功させるためのコツ」

 

商売繁盛のコツは
「小金を持ったバカから搾取すること」。

 

商売は「バカを相手にするのが基本」。
金は無いけれど変に知識だけはある、というような層を相手にしても全然儲からない。

 

社会の7割以上は馬鹿な人間達で構成されている。
よって、「馬鹿の考え・気持ち・感覚を理解して、それらに合った商売ができる者」が成功できる。

 

コツコツ働こうとせずに楽して稼ぎたい人達→パチンコで搾取される
スマートフォンという便利なおもちゃを手に入れたオタク達→ソシャゲのガチャで搾取される
バカを相手にした商売は、こういう具合にボロ儲けできる。

 

手広くやるタイプのビジネスをしたいのなら
「賢さが平均的な層よりもちょっと下の、バカな層」
に合わせるのが鉄則。
なぜなら、そういうバカな層が圧倒的多数を占めているから。




スポンサーリンク




「女」「子ども」「年寄り」「努力や自制ができない、バカな人」
このあたりをターゲットにするのが商売の基本。

 

 

ビジネスで成功して金持ちになりたかったら、
「IT」と「金融」
を攻めていけ。
これからの時代は、その2つが世界を動かしていく。

 

ユダヤ人の教え
「若い時は体を使って稼げ。
中年になったら頭を使って稼げ。
老人になったら金を使って金を稼げ」

 

その商品やサービスが売れる必須条件は
「みんなに喜ばれたり、役に立ったり、あれこれ貢献すること」。
いくらバカをカモにしようとしても、この必須条件を守れなければ売れない。
他人をだましたり、不幸にすることで成り立つ商売は、そういつまでも長続きしない。

 

ビジネス・投資をするときに守るべきルールは、
「1.損をするな
2.法則1を忘れるな
3.法則1を絶対に忘れるな」

儲けようと動くんじゃなくて、「損をしないように動く」。
似ているようで、この2つは行動の仕方が全然違う。
儲けようとして動くと、危険な事に手を出して、いずれ高確率で破滅する。
損をしないようにすれば、後は勝手にどんどん積み上がっていく。

 

「商売のニーズ」についての真実


 

商売で成功する人は
「世の中の空気を読むことが非常に上手い人」。
世間の空気と、人々の需要を、身の回りの情報から読み取ることができる人。

 

世の中のほとんどの人は、
「他人が嫌がり、自分もつまらないと感じることを、代行して、その対価としてお金をもらっている」。
自分のやりたいことをやってお金を稼ごうという考え自体が間違っている。

 

お金を稼ぐために必要な能力は
「独自の着眼点」と「発想力」。
学力とか頭の回転の良さはあまり関係無い。

 

 

自分がやりたいことは、
趣味感覚でできる・世間への影響力が大きい・みんなに尊敬される、
といった条件のものが多い。
たとえば、漫画家・小説家・音楽家・声優・芸能人・俳優、みたいな職業。
そういう自分がやりたいことは、他のみんなも同じようにやりたいから、競合して競争率が高くなりまくるうえに「好きな仕事なんだから収入が低くても大丈夫でしょ?」と雇用側に安く買い叩かれる。
「自分にとってはできて当然&特にやりたいとは思えない」という特技にこそ、希少価値がある。

 

「自分自身の納得がいく商品・サービス」
を自信満々に売り出して、全く売れずに大損する人がけっこういる。
それはただのひとりよがりの商売。
本当に売れる物は「みんなが満足する商品・サービス」。




スポンサーリンク




やたらと奇をてらうことを好む人が多いが、
奇をてらった商売はほぼ失敗する。
なぜなら、大衆は「自分たちの想像から逸脱していないモノに安心し、好む」から。

 

ビジネスのやり方は、
まず栄えている分野であれこれ試してノウハウを学んでから、
ニッチな分野に参入して、以前に学んだことを活かす、
というルートが鉄則。

 

「成功」についての意外で重要な言葉

 

あらゆる者が、強みによって報酬を手にする。弱みによってではない。
したがって、常に最初に問うべきは、
「われわれの強みは何か」
である。

 

「考え方がポジティブで、行動的」。
世の成功者達の共通項は、つまるところ、この一言に集約される。

 

成功する人は
「決断力」と「行動力」
が優れている。
成功のための情報をかき集めて机上の空論を語って満足している奴はダメ。

 

林修先生が
「自分の得意だったり秀でてる事・部分を早くに見定めてライバルより優位に立てる場所で努力し発揮しない限り
人生に成功(勝利)はない!」

と言っていた。
これは成功のための重大ヒント。

 

成功した社長には
「これは絶対成功する!という無根拠な自信」だけを支えに突き進んで成功した人も多い。
そうやって大失敗することもあるが、成功したいなら、無根拠な自信・盲信も時には必要。

 

 

成功する人は、
「コツコツコツコツ、継続することができる」。
継続するほど、周りが勝手に脱落して、結果的に残った自分が勝者になっている。
成功できた理由は、ただ単純に他人よりも長く継続しただけ、という成功者は相当多い。




スポンサーリンク




「みんなと同じということは、何の価値も無いことの証明でしかない」。
成功している人達は、世間のレールから外れて、独自の経験から得られた知見・ビジネスアイデアで成功している。

 

成功する人は、
「人間関係で割り切り方がはっきりしている」。
大事な人・好きな友人は深い愛をもって対応。それ以外は見向きもしない。
付き合って良い人と、デメリットの方が多い危険な人を的確に見抜いている。

 

 

「人生、執念が無ければ成功できない」。
他人と同じように淡泊に行動していても、他人と同じような人生にしかならない。

 

成功者は、
「やる気の有無に左右されずに、淡々と続けている」。
成功者は、他の人間よりも、ルーチンワークを積み重ねた量が多い。
パッとしない、人目につかない、地味な継続って本当に大事。

 

我々が経験しうる、いつまで経っても変わらぬ最も長続きのする喜びは、
「自己に満足する」
という喜びだ。

 

「人生なんて、全ての場面が賭けてなんぼ」。
安定・失敗しないことを目指して生きる人は、つまらなくて後悔だらけの人生を送ることになる。

 

商売やお金に関する「耳寄りな情報」


 

「スーツ、腕時計、ネクタイ、靴」
を高めのものにしただけで、他人から声をかけられ、尊敬され、信用されるようになる。
外見しか見ていない人ばっかり。

 

「その物事に金がからめばからむほど、真実から遠ざかったゆがんだ情報になりやすい」。
商品を宣伝するための広告なんかは、ゆがんだ情報の典型例。

 

「資本主義では、既製品を右から左へ流す作業が最も儲かる」。
資本主義で上の階級ほど、右から左へ動かすだけの生産性の無い仕事をしている。

 

「お金も、貴重な人間関係も、あるところにはある。無いところには全然無い」
つまり、これらはかたよって存在している。
それを掘り当てることができたら、お金も人間関係も芋づる式に手に入る。

 

金は少額だとすぐに消えて無くなってしまうが、
ある程度の金額が集まると、増えると減るの平衡状態になってなかなか減らなくなり、
「ある一定の金額を超えると、周りのお金を吸い寄せ始めてどんどん増えていく」。額が大きくなるほど、お金は加速度的に増えていく。




スポンサーリンク




お金の使い方が下手な人は、
「お金に嫌われて、手元から逃げられる」。

 

「金さえあれば、人は自由」。

 

結局のところ、
「この世は金次第」。
金があれば我を通して自由に生きていけるし、金が無いと他人に媚びへつらって魂を売ることになるから。

 

「商売と、不安や恐怖の関係」について

 

動かないことが疑いと恐れを生み出す。行動は自信と勇気を生み出す。
もしあなたが恐れを克服したいと思うのなら、家の中で座って考えたりしてはいけない。外に出て、忙しくするのだ。

 

ビジネスで成功する人はやっぱり、それなりの「勇気」を備えている。
成功者になるには、費やした時間と労力がパーになるリスクとどうしても付き合わなきゃならないんだから、そのリスクを許容できるだけの勇気はやっぱり必要になる。

 

人間を動かす二つのてこは、
「恐怖」と「利益」
である。

 

「当たって砕けろ」「やらないで後悔するよりやって後悔」
みたいな挑戦を賛美する風潮があるが、
やらない後悔は後年に「あのときやっておけば、もしかしたら今頃は…」と胸がもやもやする程度だけど、
やって後悔は「後悔プラス破産や借金」。
挑戦を賛美する風潮に乗せられるのは危険。

 

起業での「危険と失敗」にまつわる言葉

 

「人間は確率を考えるのが苦手ということ」。
統計上は成功率が5%未満であったとしても、自分だけは上手くいく、と思い込んで手を出してしまう。

 

起業して生き残れるのは、
「・コネ持ち
・運
・商売向きの天才
・超絶ワーカホリック」

のみ。
何も持たない凡人は起業後ほどなくして死亡。

 

負ける人の3大パターンは
「情報不足・慢心・思い込み」。

 

ビジネスで失敗する人の3原則は
「見栄っ張り・おおざっぱ・楽天的」。

 

「結婚したいのなら雇われるのを推奨」。
独り身で自由気ままに快適に暮らしたいなら自営業で稼ぐのを推奨。

 

 

「結婚してしまったら、起業はほぼ不可能になる」。
家族の生活費や子どもの教育費で、人生が守りに入らざるを得なくなる。
貯金の大部分を投資に回すとか、銀行から大金を融資してもらう、みたいなリスクの高い行為も嫁に止められる。
おまけに、嫁は子どもを味方につけて年々つけあがるようになって、夫は頭が上がらなくなる。

 

「友人との金の貸し借りは絶対にやめた方が良い」。
貸した金を取り返しに行く時に「殺人事件」が頻発している。
金の貸し借りをしてしまった時点で、殺す側か、殺される側のどちらかになりやすくなる、ということ。

 

「友達はただの話し相手」。
それ以上は期待してはいけない。
困った時に身銭を切って助けてくれるとか、大金を貸してくれるとか、そんなことは期待できない。

 

 

商売の二大ネックになるのは
「テナント料みたいな土地代」と「人件費」。
この2つの問題で破滅する経営者ばかり。

 

自分独りでやる自営業なら、
自宅でできて、自分で働くから人件費もかからず、余裕で続けられる。
「人を雇い始めると、とたんに難易度が上がって上手く行かなくなる」




スポンサーリンク




起業したい人が参入しがちな飲食業は、
「土地代がかかる」「人件費がかかる」「ガス代や、食材の廃棄による連日のマイナス」
などの要因で、ほとんどが2年も持たずに閉店する。
貯金がゼロになるか、借金を抱えての終焉を迎える。

 

起業して、
「複数の会社員に、完全週休二日・残業一切無しで月給30万円を支払うシステム」
構築できたら、その人は天才レベル。
日本が激務薄給のブラック企業まみれになるのも、人件費を調達する難易度が高すぎるからという側面もある。

 

 

「無店舗経営」のタイプの起業は、運営が簡単。
ネットを使えば、そういう起業も難しくない。

 

起業において
「1から顧客を獲得」
というのはほぼ不可能と思って良い。
それを知らない素人起業家が、全然顧客を獲得できずに、人件費・経費ばかりが出ていって、すぐに商売が破綻する。
以前に勤めていた会社からコネで仕事を分けて貰ったり、不特定多数の人達から仕事を依頼されるのでその延長で本格的にビジネスを始める、
というパターンが顧客獲得の王道。

 

「サラリーマン以外の仕事は難しい」。
仕事内容を聞いた限りでは簡単そうに思えるけれど、
大金を稼いでいるのは、その仕事が好きで、センスがあり、年中無休で何年も継続している人。
好き&得意でずっと続けている人達に、適性の無い人が太刀打ちできるわけがない。

 

 

学校卒業後にニートをしている人や、派遣とかでワーキングプアをしている人に
「起業すれば?」
って意見があるけれど、
「勉強ができることと商才は完全に別物」。
起業を無責任に勧めて、死へ向かわせるのは×。

 

「ギャンブルで、家を建てた人はいない」。
博打の世界で語り継がれるこの格言をしっかり覚えておけ。

 

「貧乏人ほど、ギャンブルに走って破滅する」
というのは昔からのお約束。

 

 

会社を辞めて、近くの税務署に開業届を提出する。
たったこれだけのことでも、恐くて恐くてとても無理な人達がほとんど。
そういう状況で、あっさり開業届を提出してさっさと自営業を始めてしまう人も少数ながらいる。
後者は、「人間の質が明らかに違っていたり、非凡な人間だったりすることが多い」。

 




その他、起業や自営業にまつわる有用な言葉

 

日本では、いずれ非正規雇用の形態が主流になって、
正社員という概念はだんだん消えていく。
解雇規制が大幅に緩和されて、雇用の流動化がいっそう進んだ未来が訪れる。
なので、現時点で雇われの生き方に見切りをつけて、個人で稼ぐ道を模索するのは大いに有効。

 

経済格差の第一人者であり、経済学者のピケティ氏いわく
「資本所得の増加率は、労働所得の増加率を上回る」。
投資を行って分配金などを獲得して資本が増加するスピードは、労働者の賃金がちょっとずつ上がるペースを上回っている、ということ。
そして、ピケティ氏は「これからは労働単価はどんどん下がる」とも言及している。
これからの世界では「投資」ができる人しか勝てない。

 

お金を稼ぐことは
「他人を効率良く動かすこと」
が不可欠にして超重要。

 

金持ちは、お金を受け取ったときに、
「自分を貧乏にするものを買わずに、自分を金持ちにするものを買う」
「請求書の届くものを買わずに、入金のお知らせが届くものを買う」




スポンサーリンク




「何の才能も無い凡人なら、大学を卒業して会社員になるしかない」。
彼らがこき使われている一方で、才能のある人はネット上でのビジネス・起業・芸術活動などでサラリーマンよりもはるかに大金を稼いでいる。

 

 

サラリーマンに向いている人は
「その会社独自の理不尽な文化・風習を受け入れることができる人」。
会社のやり方に反発してしまう人は起業を推奨。

 

「練習の種類」は基本的に2つしかない。
「意識してもできないことを、意識することでできるようにすること」
「意識すればできることを、無意識にできるようにすること」

 

その人と話してみて、
「なんか、こいつ感じ悪いな」「なんか、こいつ気持ち悪いな」
と感じたら、全力で逃げて距離を取れ。
その直感はまず間違いなく当たっている。

 

「他人は信用できない」。
ちゃんと頼んだのに、「あ、忘れてました」「そんなの聞いていないですよ」とざらに返される。
他人をたくさん抱えた会社では、そういう他人のミスで致命傷を受けることも非常に多い。

 

「恩の貸し借りは良縁の始まり」。
「金の貸し借りは縁の切れ目」。

 

「リスク=ギャンブル=悪、という間違った思想」
は捨て去るべき。日本人は、この間違った思想にハマっている人が多すぎる。

 

 

「自分が楽しい・わくわくする、と感じる道を選ぶと運気が上がる」。
わくわくする道は、「本来の自分」が発揮される道なので、生き生きと行動することができ、必然的に良い結果が出やすくなる。

 

「目の前のチャンスに気づいて、それをものにできる」
のも能力の一種。
その能力が備わっている人は人生が上手くいくことが多く、結果的に実力者となれる。「運も実力のうち」といわれる理由は、こういうこと。

 

「人間は、夢を諦めるとその時点から急速に老いが進行する」。

 

学校を卒業したら、みんなサラリーマンになるのが当たり前、
っていう日本の風潮はおかしい。
明らかに自営業向きの人も、少なくない。
「社会へ出る前にまず見極めるべきは、自分が会社勤め向きか、自営業向きかの判断」。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました