スポンサーリンク

ブラック人材…職歴ゼロや協調性無しなどで採用されない人材

 

人手不足に悩んでいるブラック企業ですら採用を拒絶するほど、経歴や能力に大きな問題を抱えている人材である「ブラック人材」について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ブラック人材の特徴

 

ブラック人材の特徴

  • 20代後半や、30代で、職歴が一切無い
  • 転職回数が多すぎる
  • 能力は低いくせに、待遇の良い企業以外には入りたくない
  • 面接官になれなれしい・敬語が使えないなど、社会人としてのマナーが身についていない
  • コミュニケーション能力が低い
  • 協調性に欠け、集団行動が苦手
  • 性格が暗く、そのせいで周りの雰囲気もじめじめとさせる
  • 周囲とトラブルをよく起こすなど素行に問題があるので、仮に採用したら社内で大問題を引き起こす可能性が高い

 

 

 予備知識:「ブラック人材」とは

 

社会性の無さ・能力の無さのせいで、勤務態度と業績に問題がある人材のこと。

人手不足で苦しむ業界・企業ですら、採用するのを拒絶するのがブラック人材の特徴。

 




人事から見たブラック人材と、彼らへの対応の仕方

 

  • 企業側のブラック人材の定義は「支払う給料に見合う働きをしてくれない労働者」
  • 会社員の額面受け取り金額が500万円だとすると、企業側は年金保険料などを含めて合計で約800万円を負担しなければならない。「その人材に、年800万円をかける価値があるかないか」を面接で判断する。
  • 日本は法律で、企業が労働者を終身雇用することが義務づけられているので「65歳まで勤め上げられるか」が重大な判断基準となる
  • 寿退社をしたり、育児休暇をとる女性は、企業側からはブラック人材とみなされやすい
  • 身体が弱かったり、持病がある人も、上記の判断基準を満たすとは思えないのでブラック人材とみなされやすい
  • 転職回数が多かったり、浪人期間が長かったり留年している人は、組織になじまない可能性が高いのでブラック人材とみなされやすい
  • 高い専門性や優れた職歴が無いかぎり、40歳以上の中高年の休職者もブラック人材とみなされる

 

 

面接という行為は、たくさんの求職者の中からブラック人材をふるい落とし、入社させないようにする側面があります。




スポンサーリンク



履歴書や面接でブラック人材である可能性が高いと判断された場合、彼らはその時点ではじかれ、入社させてもらえません。

 

ブラック人材の1種に、意外にも高学歴無職が含まれる

 

たとえ旧帝大や早慶出身の高学歴でも、30歳を過ぎるまで無職でいた人物は、ブラック人材である危険性が高く、そういう人物を採用してしまうと、次のようなトラブルが起こります。

 

  1. パッとしない作業を嫌がり、最初からハデな仕事をしたがる
  2. 高学歴による自信とプライドからか、他人を見下す態度を取る
  3. そのような態度から、社内で孤立し、みんなに無視されるようになる

 

高学歴の方は、有名大学卒という自負からプライドを肥大化させすぎてしまっている人が少なくなく、30歳過ぎまで正社員経験が無いということは、性格に何らかの問題を抱えていることが多いようです。

 




自身がブラック人材にならないための重大な心がけ

 

  • 特殊な才能や、大きな志が無いような普通の人は、ちゃんと勉強をして高校・大学を卒業して新卒時を逃さずにきっちり就職すること
  • つまり、社会が用意してくれたレールから外れないようにすること
  • 学校を卒業したり中退した後にニートになってしまった人は、とにかく仕事をえり好みせずに、飲食・運送・介護・工場・営業でも何でも、できる限り早め仕事に就くこと。えり好みをし続けたニート達は、空白期間が拡張され続けてほぼ全員が悲惨な末路をたどっているから。
  • 「我が社の会社員として採用したい」と面接官に思わせるために、清潔な身だしなみ・さわやかな笑顔・面接官の質問に簡潔で的確な答えを返せる程度のコミュニケーション能力を身につけること
この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました