スポンサーリンク

タクシー運転手…歩合制による高給と就職しやすさが魅力

「タクシー運転手」という職業の年収や仕事内容について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「タクシー運転手という仕事ってどう思う?」へのネット意見

 

乗客は、
だいたい9割が良い人で問題を起こさない人。
残り1割が、急にタクシー運転手にマウントを取り出す変な人。
変な客に対応するために、スルースキルや忍耐力が求められる。

 

東京や大阪みたいな人が多すぎる都市では
タクシーを運転するために地理検定の受験があるけれど、
それ以外なら試験を受ける必要もなく、カーナビで楽に目的地まで移動できる。

 

社内に留まる時間が極端に短くて、
タクシーを運転している時間が大部分だから、
会社員としては人間関係がかなり楽な部類。
その代わり、タクシー車内で客に気を使うことも多いけれど。

 

サボろうと思えばサボりやすい仕事だし、
「ほどほどの収入額で良いから、今日はもう客を取らなくていいや」
という働き方もできる。
その反対に、
稼ぐ事や頑張る事に意欲的な人ならば、努力すれば大金を稼げる。
タクシー運転手は上と下の意識と収入額の差が非常に大きい。

 

独立して個人タクシーでやっていければ、
利益を会社にピンハネされることもなくなり、
会社勤め時代と業務内容もほとんど変わらないから、
年収が跳ね上がって美味しい。
代わりに個人の責任は大きくなるけれど。

 

数ある仕事の中で、
タクシードライバーは
「他人に下僕として使われている感」がかなり強い部類の仕事。
プライドや自意識が強い人には辛い仕事だから向かない。

 

車の自動運転は、
実用化は数十年先だろうけれど、
それでも将来的に確実にAIに仕事を奪われる種類の職業ではある。
(下手すると20年以内に実用化される可能性もある)
その危機感と、転職などの対策は取っておいた方が良い。

 

たとえば、
20代前半の若者がタクシー運転手になろうとしていると、
周囲から
「えっ、どうして?もっと他に色々と仕事があるでしょ?」
と驚かれる。
タクシー運転手は40代~60代のシニア向けの仕事だという共通認識があるし、
実際にその側面がある。

 

・東京
・神奈川
・名古屋
・京阪神
ここあたりで、
真面目にサボらず働き、
かつ、
都市内の道順を覚えることが上手かったり、人の動きを見て乗客をゲットすることが上手かったら、
年収は簡単に600万円から800万円に到達する。
稼ぎたかったら、これらの都市へ出稼ぎに行き、相応の努力も必要になる。

 




タクシー運転手という仕事のメリットとデメリット

 

タクシー運転手という仕事のメリット

  • 自動車の運転免許さえ所持していれば、経歴や年齢を問われることなく事業所で働く事ができる
  • 給与が基本給+歩合制であるため、乗客を獲得することが上手ければ歩合制による給与の加算で高給になれる
  • 勤めている事業所での人間関係に悩まされることが少ない

 

 

タクシー運転手という仕事のデメリット

  • 乗客を上手く獲得できないと、給与額がいちじるしく低くなってしまう
  • 気難しい乗客や酔っぱらいの乗客などの対応をひんぱんにしなければならない
  • 連日、長時間の運転をしなければならないため神経がすり減ったり、交通事故に遭う危険性が高かったり、運転の振動で腰を痛めやすい
  • 業務内容がかなり単調のため、飽きやすい

 

現在の仕事内容・職場に不満がある場合、転職することも検討するべきです。

転職サイト「リクナビNEXT」は、たくさんの優良企業が登録されていて、企業側から就職のオファーが次々とかかる、無料の人気転職サイトです。

 

 

 

タクシー運転手という職業の年収

 

「法人タクシー」の場合の平均年収




スポンサーリンク



275万円

転職サイト「はたらいく」の2014年から2015年の調査結果

 

 

「個人タクシー」の場合の平均年収

342万円

全国ハイヤータクシー連合会の発表

 

タクシー運転手の平均年収は勤務地による格差が大きく、東京や大阪のような大都市では全国平均を大きく上回る平均年収となります。

 

 

タクシー運転手という職業の業務内容

 

  • 街中をタクシー車で巡回しながら、乗客(タクシー車を見かけて、手を挙げている人)を探し続ける
  • 客を迎車し、乗客の目的地まで移動して運賃を頂く(走行距離が長くなるにつれて運賃の額が上がっていく)
  • 特定の日時に指定の場所で待っているように客から予約を受け、予約料金を受け取ったうえで乗客を目的地まで運ぶ

 

 




「法人タクシー」と「個人タクシー」の違い




スポンサーリンク



 

法人タクシー

タクシー事業の経営者のもとで、会社員としてタクシー業務をすることを法人タクシーと呼ぶ。

 

個人タクシー

法令・地理試験に合格した者が事業免許を受けたうえで、個人事業主としてタクシー業務をすることを個人タクシーと呼ぶ。
法人タクシーよりも収入額が大きくなる傾向が強い。

 

 

 

個人タクシーの業務をするための条件

  1. 「一般乗用旅客自動車運送事業」の許可を取得する
    (「新規で許可を取る(地方運輸局での法令・地理試験に合格する必要がある)」と「個人タクシー事業を他者から事業の譲渡を受ける」の2パターンがある)
  2. 65歳未満であること
  3. 許可申請をした日以前に、「10年以上」のタクシー運転の経験があること
  4. 許可申請をした日以前に、「3年間」無事故無違反であること
    (申請者が35歳未満だった場合は、「10年間」無事故無違反、という条件に変更される)
  5. 個人タクシー事業をするための、事業所や駐車場を用意できること

 

 

「法人タクシー」と「個人タクシー」のそれぞれの特徴

法人タクシー個人タクシー
年収事業所にピンハネされるため低い
(売上高の35%~40%がピンハネ)
ピンハネされないため高くなる傾向がある
労働形態会社員
個人事業主
必要経費会社負担燃料費や整備費は全て自己負担
就労するために必要な資格第2種運転免許を取得していること「一般乗用旅客自動車運送事業」の許可
など、複数の資格と開業条件が必要
納税会社任せにできる自分の手で確定申告をする必要がある
自由度会社の規則に縛られるので低い自分の裁量で働けるので高い
この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました