スポンサーリンク

農業…人間関係が楽で、技術と経験次第で豊作が狙える仕事

 

「農業」という働き方の仕事内容や年収、農業の始め方について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「農業って仕事ってどう思う?」へのネット意見

 

農業の事業を軌道に乗せて、
・農業の規模を拡大
・独自の販売ルートを開拓
・自分の売り物や自分の名前をブランド化させる
これらが実現できれば大儲けできる。
何も考えず淡々とやっているだけではJA(農業協同組合)の奴隷ルート。

 

作物を食い荒らす
イノシシとかアライグマみたいな害獣と戦うのが日常だから
殺生で心が痛むし、作物の被害額もシャレにならない規模になる。

 

他の農家や、作物の卸先とのコミュニケーションはあるけれど、
会社勤めに較べれば、人間関係はずっと楽。
そこに魅力を感じるなら、農業を始めるのもアリと言えばアリ。

 

農業は肉体労働だから、
当然、身体への負担が大きい。
特に腰への負担が危険で、障害を負っても不思議はないほど。
スローライフを送りたいからのんびりと農業をしたい、という人は色々と勘違いしている。

 

農業は
「逃げられないギャンブル」
と表現されることがある。
日々の天候や、その年の気温の傾向、台風や大雨などの天災、
それらのコントロール不能なギャンブル要素に振り回されるのが農業の宿命。
しかも、すでに作物を植えていたり各種機械を購入しているから、
悪運のせいで状況が悪くなっても、逃げられない。

 

農家の親がすでに栽培ノウハウを確立していて、
農作業用の耕運機とかも購入済みで、
お得意の販売ルートを複数獲得済みで、
子どもがそれらを継承する、というパターンなら楽に成功できる。
親が土地持ちビル持ちで、子どもがその資産を受け継げるなら人生が楽勝、ってことと同じ。

 

農業の性質上、
自身の財産の作物や田畑が常時野ざらしだから、
悪意をもった他人の手でその財産を台無しにされ、
容易に廃業まで追い込まれるケースもある。
農業はリスクが高すぎると思う。

 

米なんかは生産調整に入っていて、自由に作ることが許されず、したがって儲からない。
他の農家が作っていない珍しい野菜や、
利益率が高い野菜を独自に発見して育てていくことが必要。
結局、農業も普通のビジネスと何ら変わらない。

 

農協に頼っているだけでは、
農協に二束三文で買い取られて、カツカツ生活しかできない。
農協に頼らない独自のルートを開拓しないと儲からない。

 




農業の仕事内容と、農家の年収

 

農業の仕事内容

  • 土作り
    • 畑に肥料を撒き、トラクターで土と肥料を混ぜ合わせる
  • 種や苗(なえ)を植える
    • 「プランター」や「田植機」などの農業機械を使うことで大幅に負担を減らすことができる
  • 作物の成長の促進と、田畑の手入れ
    • 必要に応じて水量を調節して水やりをしたり、雑草や害虫を排除したり、田畑に肥料を追加する
  • 収穫
    • 手作業で野菜や果物を刈り取るパターンと、米や麦のようにコンバインを使って機械作業で刈り取るパターンがある
  • 出荷作業
    • 収穫した作物を袋や箱に詰め、JA(農業協同組合)やスーパーマーケットに出荷して、売上金を得る

 

牛や豚や鶏を育てて、それらを食肉用として出荷したり、卵や牛乳を出荷する「畜産」も農業に含まれる場合があります。





スポンサーリンク




農家の平均年収

456万円

平成26年の農業経営統計調査調べ

 

農業という仕事の魅力と、デメリット

 

農業の魅力

  1. 自然とふれ合いながら、気持ちよく仕事をすることができる
  2. 農業のコツを掴むことができれば、1日の作業時間を短縮して十分な自由時間を得たうえで、ちゃんと暮らしていけるだけの年収も確保できる
  3. 農業のコツを掴んだ上で、農地を拡大すれば、収穫量の費用対効果が大きくなるため、年収が大きく上がる(年収が1000万円から3000万円以上に達する場合もある)
  4. 企業勤めの場合の人間関係よりも、農業の人間関係は大幅に楽

 

 

農業のデメリット

  1. 屋外で農作業をするため、身体への負担がかなり大きい
  2. 経験不足のせいで作物の収穫量が少ないと、種や苗や農業機械や肥料の購入費用があるせいで経営が赤字になってしまう
  3. 天候や台風、害虫や害獣の被害など、運の要素や妨害要素の影響を強く受けてしまう

 




農業という仕事を始める2つの方法




スポンサーリンク



 

1「農業法人のもとで働く」

企業就職という形で農業をすることができます。

 

「農業法人」とは
「株式会社」「農事組合法人」といった法人形態として農業を営んでいる法人のこと

 

  • 全国新規就農相談センターへ電話やメールや面談で相談する
  • 都道府県新規就農相談センターのホームページ
  • 地元の農業協同組合へ相談して、農業法人の求人を紹介してもらう
  • 地元のハローワーク
  • 一般的な求人サイトや転職サイト
  • 農業法人の求人に特化したタイプの求人サイト

これらの方法や求人サイトで、希望の就労条件に合致した農業法人を見つけ出し、企業就職という形で農業を始めることができます。

 

 

 

2「独立就農する」

独立して農業を始めるには、主に次のような関門があります。

  • 農業用の土地を用意すること
    • 「農地中間管理機構」の農地の借り手募集に応募したり、農地を貸し出している人と契約を結んだり、自費で農地を購入する
  • 「複数の農業機械(非常に高額なので多額の資金が必要だったり、購入のためのローンを組む必要がある)」「作物の苗や種」「肥料」「その他、必要な道具」を購入して用意する
  • 農業をするためのノウハウを獲得する
    • 農業高校に通ったり、大学の農学部で勉強したり、専門学校で勉強したり、農業法人で働いて経験を積むことで、ノウハウを獲得する
この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました