スポンサーリンク

会社員に向いている人の特徴と会社員に向いていない人の特徴

スポンサーリンク

 

「会社員に向いている人」と「会社員に向いていない人」のそれぞれの特徴を指摘するネット意見を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

会社員に向いている人と、向いていない人の特徴

「会社員に向いている人」の特徴

 

自己主張しない性格で、
良い意味で自分というものが無い人。
「命令通りに働く、自分では何も思わず何も感じないロボット」
に近ければ近いほど、会社員適性が高くなる。

 

色々な物事に染まりやすい、という性格の人。
会社に存在する理不尽なあれこれも、
「そういうものだ」
とすぐに染まるので会社員を続けることができる。

 

指示待ち人間。
指示されたことを上手くこなす程度の能力も持っていることが必要。

 

「夢」とか「やりたいこと」を持っていない人は会社員適性が高い。
これらを持っている人は会社員生活に耐えられなくなる可能性が高い。




スポンサーリンク




適度に臆病な人は会社員に向いている。
強い不安のせいで意地でも会社にしがみつき、生活の安定さを選ぼうとするから。
変に気が強かったりリスクを取ることに躊躇しない人は、
すぐに会社から外へ飛び出して行ってしまう。

 

「ちゃんとした社会人」
になることに強く執着している人。

 

「社会の一員として働き、労働や納税で社会に貢献することに喜びを感じる人」
は会社員に向いている。
社会に何も貢献していないニートや無職に本気の怒りを感じる、というような人。

 

「ほどほどに有能で、コミュニケーション能力も高い人」
という人が最も会社員に向いている。
社内のやり手としてみんなに尊敬されて本人は良い気分で会社で働けるし、
これ以上有能だと独立してしまうので会社員でいられなくなる。

 

「社会へ出て働かなければ!
働いてお金を稼ぎ、自立した生活を手に入れなければ!」
というはっきりとした意識と、無職になることへの危機感をもっている人は、
会社で多少辛い目に遭っても耐えられる。
この意識が希薄な人が、新卒時での就活で出遅れたりろくに就活をせずに社会から排除される。

 

 

 

「会社員に向いていない人」の特徴

 

・協調性が無い
・常識が無い
・他人とコミュニケーションを取ることが苦手だったり嫌い
・他人に媚びることができない
・考え方や雰囲気が暗くてネガティブ
このような特徴をもっている人。

 

会社での
「これって何だかおかしいだろ…」
という点をスルーできず、
強い怒りを抱いたり、実際に反対運動を起こしてしまう人。

 

性格が繊細だったり、過度に神経質な人。
会社での不快な人間関係に、あっという間にメンタルをやられてしまう。

 

仕事を変にえり好みする性格の人は、
高確率でニートや無職になる。
世の中のほとんどの人達は、
仕事をえり好みできる立場でも能力でもない、
ということを理解していない。

 

他人(主に上司)に指図されると、
すぐにカチンと来てしまう性格をしている。

 

アイデアマンだったり、頭が良くて既存の体制を改善させようとする人は、
同僚から煙たがられたり、
雇用者側から面倒な存在だと目を付けられて潰されやすくなる。
こういう人達は自営業向きの人材。

 

・髪型やひげや肌の手入れやビジネススーツなど、身だしなみ
・上下関係の認識
・上司への接し方
・丁寧語や尊敬語や謙譲語
・相手に失礼の無い態度
会社員としてやっていくには、案外必要なことが多い。
これらが上手くできない人は会社員に向いていない。

 

・頭が悪い上司
・性格が最悪的な上司
・部下の手柄を横取りしたり、部下に責任をなすりつけてばかりの上司
これらの上司に媚びたりごまをすることを自然にできない人。

 

「能力が高くて、我が強いというタイプの人」は希望がある。
「能力が低くて、しかも我が強かったりなまけ者というタイプの人」は希望が無いし会社員にも向いていない。
そもそも働く事自体に向いていない。

 

 




「会社で、サラリーマンとして働くこと」へのアドバイス意見

 

「ある程度妥協して、現実と折り合いをつけること」
が会社で働くためには必要であり重要。
たとえば、
「他人がリスクを負って作ってくれた土台(会社)で、リスク無く生活費を稼がせてもらうんだから、
その代わりに、仕事が面白くなかったり人間関係がキツいのは、まあ仕方がない」
という具合。
妥協も現実との折り合いもできず、雇用者へ一方的に要求を突きつけてばかりいる連中が、
ネット上でくだを巻いているニート達みたいな存在になる。

 

サラリーマン生活で、
最もみんなが嫌に感じていて、サラリーマンを病ませる最も危険なものが、
「会社での人間関係」。
コレを攻略するためにあれこれの努力が必要になる。
会社での人間関係がどうにもならない人は、
自営業の方面で生きていくようにさっさと動いた方が手っ取り早い。

 

会社で働き続けるために重要な能力は、
・コミュニケーション能力(笑顔やごますり)
・ストレス耐性
・会社の理不尽な体制やルールをスルーできるスキル
・自身のメンタル管理とメンタルケアの能力

 

サラリーマンには、
「どうせ自分なんてこんなもの」
という諦観が意外に重要らしい。
この良い意味での諦めができず、
「会社でやりたいことができない!」
「何で俺が左遷されるんだよ!」
「会社で評価されず、出世できない!」
という状態になるサラリーマン達はどんどんメンタルを病んで辞職していく。
サラリーマンは夢を見てはいけない身分、ということらしい。




スポンサーリンク




・40代から始まる、壮絶なリストラ祭り
・大規模リストラが発動したら、会社員にできることは鉢巻きを頭に巻いて抗議することだけ(結局、効果無しで無意味)
・もしも政策で解雇規制が大幅緩和したらあっという間に首切り対象
・賃金額もだんだん下がってきている
・会社が倒産したら自分も道連れで生計手段が死亡
もはや令和の現代では、サラリーマンという生き方は長くは続けられないものになった。
個人で稼げない人にはいろいろ厳しい時代。

 

会社での業務は、
学校での勉強的な学習行為しかできず才能の無い人間達でもこなせるように、
できる限り定型化・マニュアル化が進められている。
これさえもできない人には、能力的にもう他にやれる仕事が無い。
なので、会社で働くことは才能の無い人達の最後の砦と言って良い。
才能の無い人達は会社を辞めたらマジで後が無くなるから、
意地でも会社で働き続けることが本当に大事。

 

世の中の大半のサラリーマンは、
「会社員に向いていないけれど、
それでも、お金を稼いで自活しないといけないし、
自営業や会社の起業もできないから、
我慢に我慢を重ねてどうにか会社員を続けている」
というのが真相。
「そうか、自分は会社員に向いていなかったんだ!」
と気づいて会社を辞めたところで、
大半の人達は会社を辞めても生活がどうにもならなくなるだけなので、注意。

 

高年収職や管理職への転職するための、専用求人サイト

ビズリーチ

◎ビズリーチは高年収職・管理職の転職用に特化した人気求人サイト
◎会員制サイトならではの非公開求人や特殊なポジションも豊富
◎利用者登録すると、厳正な審査をクリアした優秀なヘッドハンターと優良企業が直接あなたをスカウトする
○会員登録とサイト利用は無料





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました