スポンサーリンク

子ども達に軽蔑されやすい、つまらない大人の特徴と原因

スポンサーリンク

 

子ども達から「つまらない大人」と見なされてしまう社会人の特徴と、つまらない大人になってしまう原因について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「つまらない大人」によく見られる言動や特徴

 

物事を上から目線で否定して、
そのことによってマウントを取ろうとしたり悦に入ろうとしていて、
言動に生産性が全然無い大人。

 

くたびれきった様子の会社員。

 

自分の仕事や自分の生活を「つまらない」と本人が感じているので、
そういう人を周りから見ると、
つまらない人・つまらない大人のように映る。

 

無趣味であり、情熱や興奮を向ける対象が無い。

 

「昔の時代や、昔の自分は良かった」
と、過去にばかり目を向けていたり過去に執着している大人。

 

仕事が終わると、
とりあえず自宅もしくは居酒屋などでお酒を飲む。
酔うことで現実の辛さを忘れるだけの日々がずっと続いている。

 

常に言動が不満たらたらで、
負のオーラをまとっている。

 

オリンピックやワールドカップやファンの野球チームについて、
自国選手のメダル獲得や勝利や優勝を願って、熱くなって応援している。
それに対して、自分自身の人生については少しも熱くなっていない。

 

「子どもの心の、良い側面」をすでに完全に失っている。
ワクワクするモノを探し出すために新しい冒険に出かけよう!
みたいな感覚のこと。

 

仕事での辛いことに、抵抗や反抗さえしなくなっている。
ただただ不満げな態度で苦痛に耐えるだけだったり、悲しい心情のまま状況に流されるだけだったり。

 

会社でいくら頑張って働いたところで、
月給は隣のサボリーマンと同額、
頑張って出世しても昇給は微々たる額、
という現実の中で生きているせいで、
仕事のモチベーションを失ってしまっている。

 

社会人になりたての頃は、
・絶対、起業して金持ちになる
・結婚なんて興味無い
・平凡なサラリーマンにはうんざりする
みたいにとがっていたのに、
結局、結婚して平凡なサラリーマンをやって子育てに追われている。

 

人格の中身が空っぽな感じで、
その人の人格や人生の歴史に厚みが感じられない。

 

社会人になってからの、自分の人生の大目標・夢などが無いせいで、
人生が死ぬまでの消化試合になってしまっている大人。

 

「自分の人生の、次の新しい可能性」
を追うことを止めてしまっている。

 

・自信
・誇り
・信念や信条
これらの、自分の中の芯や中心軸になるものが欠落しているので、
行動や考え方がブレていたり、姿が弱々しく見える。

 




「つまらない大人」になってしまう、4つの原因

 

 

1「その大人自身が『つまらない』『退屈』という感覚に支配されてしまっている」

  • 人生や仕事に慣れてしまったせいで、
    日常生活の中やTV番組やネットで見聞きする知識や、仕事でやる業務内容に、目新しさが見つからない
  • 結婚生活や、安定していて変化が無い家庭を退屈だと感じている
  • 自分の夢や理想の状況とはほど遠い現状にうんざりし、人生をつまらないと嫌悪している
  • 「挑戦」「冒険」などをしておらず、今自分が居る狭苦しい世界の中で退屈な思いをしている
    などが代表例

退屈感に支配されている大人は、はたから見ても魅力や目を見張るものを感じることができず、つまらない大人だと認識されがちです。

 

 

 

2「その大人の考え方が、型にはまりすぎている」

考え方があまりにも常識的だったり、上へ昇ろうとする野心が欠如していたり、独創的なアイディアを否定したり毛嫌いしていると、

その大人は子ども達からつまらない大人だと受け取られがちです。

 

 

 

3「子ども達が憧れる要素」を何一つもっていない

  • 秀でたスキルがあること
  • 有名企業に勤務していること
  • マスコミ関連やクリエイティブな仕事など、スター性が備わった職業に就いていること
  • 年収や貯蓄額が多いこと
  • ブランドもののスーツや財布を持っていたりして、身なりや持ち物が小綺麗であること
  • その大人が生き生きとした様子で仕事や社会人生活を楽しんでいること
    などが、子どもが大人に憧れる例

 

 

 

4「その大人の心が、すでに折れてしまっている」

  • 自分が「より良い自分」になることや、自分の人生を「より素晴らしい人生」へ変えることを、すでに諦めてしまっている
  • 自身が置かれている苦境に対し、あれこれ努力して状況を立て直すことよりも、諦めて苦痛に耐え忍ぶことの方を選んでしまっている
    などが、心が折れている大人の具体例

心が折れていろいろと諦めてしまっていると、お酒に溺れるようになったり、いじけた態度を日常的に取るようになるため、




スポンサーリンク



子どもが考える「つまらない大人」の典型になってしまいます。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました