Googleニュースでエリアブルーの記事を配信中
スポンサーリンク

将来有能に育つ子ども&無能化する子どもの、学生時代の素質

 

将来、「有能な人物に育つ子ども」と「無能な人物に育つ子ども」の、

学生時代に表れる特徴・素質について解説します。

 

スポンサーリンク

将来、有能・優秀な人物に育つ子どもの4つの特徴

1「勉強ができる」

  • 記憶力が優れていること
  • 「学習した内容のうちの、要点を押さえる能力」が優れていること
  • 「復習」「テスト勉強」などがしっかりできて、計画的行動を取れること
    • 『勉強ができること』は上記のリストの事柄の有力な指標であるため、
      「創造的才能があること」はともかくとして、事務処理能力が優れていることの証拠になりやすい

 

 

 

 

2「自制心が強く、そのおかげで怠惰に流されない」

  • 学校での課題を、期限日までにきっちりと仕上げて提出する
  • 集中力が高く、やるべき課題は短時間で一気に終わらせることができる
  • 「後々、自身の状況が確実に悪化するタイプのサボり」はしない




スポンサーリンク




3「物事全般について、要領良く立ち回ることができる」

学校での人間関係では、みんなと仲良くし、敵をほとんど作らない
  • それなりにコミュニケーション能力が高いおかげで、学校での「クラス」「クラブ活動」において、良好な人間関係を築くことができる
    • 「いじめの標的になる」「孤立する」といった不快な事態におちいらない

 

 

切り替えが早く、勉強と遊びを上手く両立できている
  • 勉強
  • 部活動
  • 遊ぶこと
    • これらのオンオフの切り替えが上手く(1つの物事に不必要に時間を費やさない)、そのおかげでどの物事もしっかりとこなせている

 

 

「自分にとって、最も大事なこと」を早めに見出して、それに力を注ぐことができる
  • 将来の、具体的な進路の種類
  • 自分がやりたいこと
    • これらを早めに決定してかなりの力を注ぎ、なおかつ、学校での人間関係も上手くやっていくことができる
      • このことから、周囲の人間達からすれば「ずっと遊んでいたように見えたのに、学校卒業時には、上手く次のステップへ進んでいた」と驚かれることが多々ある

 

 

機転が利き、その時々の状況で自身の態度を変化させる
  • その時々の集団の雰囲気次第で、自身の発言内容や行動の種類を柔軟に変化させることができる
    • このおかげで、「自身へ降りかかる負担や損害はなるべく小さく抑え、美味しいところをさらっていく」という要領の良い立ち回りができている

 

 

学校生活・学業・人間関係などに対して、将来有能になる子どもは、
余裕がある(必死だったり、いっぱいいっぱい、という状態から遠い)」、
という特徴を備えている場合が多いです。

 

 

 

 

4「子ども達の集団の中で、特定の役割をになっている」

  • 集団における、リーダー役
  • 明るい態度で場を盛り上げたり集団の士気を鼓舞する、ムードメーカー役
  • 優れたコミュニケーション能力や豊富な知識が理由でみんなから頼られている、相談役

 




将来、無能化する子どもの7つの特徴

1「おとなしすぎる性格で、活力が低い」

  • 声が小さい
  • 自己主張ができない
  • 目立たない雰囲気であり、子ども達の集団の中で存在感が希薄
  • 物事全般に対する積極性も低く、活力が低い(やる気そのものが小さい場合が多い)
  • コミュニケーション能力が低く、他者と上手く打ち解けることができない
    • 「将来、無能化する子ども」は、「学生時代に、恋愛経験がゼロ」である場合がかなり多い(特に、男性の場合にこの法則が当てはまりやすい)

 

 

 

 

2「勉強ができず、学業成績が低迷している」





スポンサーリンク




3「社会においてマイナス評価を受けるタイプの、性格」をしている

  • 責任感が欠けている
    • 「他者と交わして約束を破る」「他者に責任転嫁する」「都合が悪くなると、すぐに逃げる」といった行為が多い
  • ミスをした当事者であるのに、自分の間違いを認めようとしない
  • 「キレやすい性格」「嫌なことがあるとすぐに拗ねる(すねる)性格」など、協調性が低い

 

 

 

 

4「自分自身を律すること」がかなり苦手

  • 「計画的行動」が苦手であり、遅刻や、「提出物を期限日までに仕上げる」といったことをよく失敗する
  • 面倒くさがりであり、「なまけ癖」がある
  • 誘惑に弱く、優先してやるべきことを放棄して、娯楽や怠惰の方を選択してしまう

 

 

 

 

5「楽な方楽な方へと逃げるクセ」がある

  • 宿題のような、提出義務がある課題をひんぱんにサボる
  • 塾に通うことを、ひんぱんにサボる
    • 上記のリストのような行為を、「学業成績は良い」「要領良くサボる」とは無縁の状況で繰り返す




スポンサーリンク




6「物事全般に、こだわりが無い」

  • 「教訓として、覚えておくべきこと」「嫌な出来事の記憶」の両方を、すぐに忘れてしまう
  • 「特定の物事に、強く執着したり追究しようとすること」を、ほとんどしない
    • よく言えば「おおらかな性格」、悪く言えば「ぼんやりした性格」

 

 

 

 

7「学校の行事やクラブ活動で、大きな役割を任された経験が無い」

  • たとえば「学園祭におけるクラスの出し物」のような状況で、何かしらの責任がある役職的な立場
  • クラブ活動における、「部長」「班長」などの役職的な立場
    • これらのような大きな役割を担った経験がゼロ

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました