スポンサーリンク

貧困の連鎖から抜け出せる人と抜け出せない人の、各種の違い

 

「貧困の再生産(あるいは、貧困の連鎖という名称)」という現象から、

抜け出せる人と抜け出せない人の各種の違いを解説します。

 

スポンサーリンク

貧困の再生産から抜け出せる人と抜け出せない人の、主な違い

「貧困の再生産」「貧困の連鎖」とは、
環境的要因・遺伝的要因のせいで、親の代の貧困が子の代で高確率で再現されてしまう現象のことを指します。

 

 

「貧困家庭を捨てることができるか、できないか」という違い

抜け出せる人
  • 学校卒業後に、地元を離れて、他県で企業就職することが多い
    • 「自分の足を一生引っ張る、貧困家庭」とは、ほぼ絶縁状態に近い
    • 「家族」「親戚」は、貧困状態から抜け出すための努力をする発想すら持たない人ばかりである傾向があるため、彼らと距離を取らないと自身の考え方・行動方針が変わらない

 

『自身が置かれている劣悪な環境』を客観視するための方法として、
・いったん、地元を出てみる
・「貧困層ではない、一般的な層の人達」と交流をして、あれこれ学ばせてもらう
という行動が非常に有効です。

 

 

抜け出せない人
  • 成人後も家を出ずに、地元に留まっている
    • このせいで、「一生、貧困家庭に足を引っ張られる」「子どもの頃からずっと環境が同じであるせいで、価値観・考え方の変化が起こりようが無い」といった悪い状況におちいる




スポンサーリンク




「本人の能力・意識がそれなりに高いか、高くないか」という違い

抜け出せる人
  • 本人の能力・意識がそれなりに高い
    • 少なくとも「今、自身が置かれている劣った環境・状況に疑問を抱き、解決しようと実際に行動を起こす」くらいの能力・意識が無いと、貧困の連鎖から抜け出すことは難しい

 

 

抜け出せない人
  • 本人の能力・意識が低く、そのせいで何も行動を起こさない

 

 

 

 

「自助努力ができるか、できないか」という違い

抜け出せる人
  • 一生懸命、勉強をして、学歴を高めるための努力をする(のちのち、企業に正社員就職するため)
  • 「大卒」と、「高卒あるいは中卒」で、職業選択の幅がどれほど違うかを自分で調べたうえで理解する(貧困家庭の両親は教えてくれないことが多い)
  • 「奨学金」「特待生(学校において、成績・人物優秀で、他の学生の模範であるため、授業料免除・学資給与などの特典を与えられた学生)の制度」のような、
    助けとなる制度を調べだして、貧困から抜け出すために活用する




スポンサーリンク




抜け出せない人
  • 怠惰な性格・考え方であるせいで、自助努力ができない

 

 

貧困家庭で育った子どもは、

・劣悪な環境に押し込められてきたせいで、負け犬根性(勝負に負け続けているために陥るネガティブな精神状態のこと)が染みついてしまっていて、努力する発想自体が無い
・親の学習力の低さ(知的好奇心の無さ・記憶力の低さ・論理的思考が苦手、などの要因から成る)が子どもに遺伝してしまったり、親の低意欲な性格が遺伝しているケースが多く、そのせいで努力行為がいちじるしく苦手

などの事情から、自助努力ができない子どもが多く、
そのため、必死になって能動的に動いていかないと、貧困の連鎖から抜け出す要である自助努力が実現できないことに注意されたい。




スポンサーリンク



 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました