Googleニュースでエリアブルーの記事を配信中
スポンサーリンク

破滅願望がある人共通の、感覚・願望・人間関係のパターン

 

「破滅願望」がある人の、

「感覚・感情」「願望」「人間関係」のそれぞれの特徴パターンを解説します。

 

スポンサーリンク

「破滅願望」を抱いている人間の、各種の行動パターン

 

 

「感覚・感情」での、破滅願望持ちの人の情動パターン

  • 自他を含めたこの世全てに対して「もう、どうにでもなれ」という投げやりな気持ち
  • 「自分が生き続けること」「この世界への関心」の執着心が、ゼロに近い
  • 自己肯定感は最低レベルに近い状況であり、自己否定の感覚にさいなまれている場合が多い
    • 「自分という人間には、幸福・成功は全くふさわしくない」という感覚が強く、
      そのせいで、もうすぐ実現しそうな幸福・成功から逃げてしまったり、わざと破滅的な選択をしやすい
  • 「無力感」「無気力」に精神全体が支配されている場合が多い




スポンサーリンク




「願望」での、破滅願望持ちの人の思考パターン

  • 「自分自身も、この世界そのものも、まとめて破滅しろ」という破滅を望む気持ち
    • 「この世では自分はどうしても幸福になれないから、それなら世の中の人間達全員がまとめて不幸になれ・破滅しろ」という心境
  • 「ここで自分が〇〇(たとえば、駅のプラットホームから電車が迫ってきている線路へ飛び込むなど)したら、どうなるんだろう」という、自ら破滅しにいくイメージに頭が支配されやすい

 

「その人に、”自殺願望”が有るか無いか」を判定する方法の1つとして、

1.地球に巨大隕石が落ちて人類滅亡
2.世界大戦が起こって国民全員死亡
3.住んでいる街に核兵器を落とされて住民全員死亡
4.乗っている飛行機が墜落して乗客全員死亡(4の項目を容認できる人は潜在的自殺願望が有る)
5.家に飛行機が落ちてきて一家全員死亡(5の項目を容認できる人は潜在的自殺願望が有る)
6.外出中に車に撥ねられて死亡(6の項目を容認できる人は潜在的自殺願望が有る)

これらの「不可抗力な原因による死」に対して、4~6の項目を許容できる人は、
潜在的な自殺願望を抱えている、と言われています。




スポンサーリンク



 

 

「破滅願望」は、
希死念慮(きしねんりょ、具体的な理由はないが漠然と死を願う状態)
デストルドー(精神分析学用語で、死や破滅に向かって突き進みたいという欲望)
これらと高い関連性があると考えられます。

 

 

 

 

「人間関係」での、破滅願望持ちの人の行動パターン

  • 人間関係は希薄であり、「特定の人物達と交友関係を結んでいない」「集団内で孤立している」というパターンが非常に多い
    • 「投げやりな気持ち」に常に支配されており、自身の努力不足のせいで人間関係が悪化しようがどうでも良いから

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました