スポンサーリンク

身近で見たことがある天才達の、驚異の能力のエピソード集

 

「身近にいた天才の、天才的エピソード」について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

身近にいた天才「勉強編」

 

特に苦労した様子もなく、
現役で東京大学や医学部医学科に合格。

 

数学の問題を解く際、
普通なら、途中の式を延々を書いていかないと、解けないし客観的にもどう解いたのか分からない。
天才は解く経過をすっ飛ばして、いきなり正答だけを書く。

 

教科書を読めば、どのページに何が書いてあるのかを
全て記憶できる。

 

他の天才達が道半ばで普通に就職していくなか、
自分の才能と情熱を信じて勉学の道を進み続けた天才の
「大学教授」
はとにかく凄い。
特に、国際的に有名なタイプの教授。
研究実績や発想の次元が自分とは違いすぎて、張り合おうという意気すらすぐに消失する。

 

上位国公立大までなら
「血のにじむ努力を積み重ね続けた秀才」
という表現が似合う人達が合格していく。
ただし、東大京大医学科に入るような人達は、なんだか頭の出来が根本的に違う。
思考のスピードや記憶の容量が、他の人達よりも段違いに優れている。
「頭の回転が滅茶苦茶早い、上品な態度のエリートビジネスマン」みたいな雰囲気を学生時からすでにまとっている。

 

・数学
・物理
このあたりの教科が異常にできる。

 




身近にいた天才「スポーツ編」

 

そのスポーツをやっている凡庸な人間達からすると、
天才の選手達は人間じゃないように感じられる。
身体能力とか運動感覚が人間の枠を飛び越えているように感じられる。

 

なんだか、運動での動きが優雅。
必死さ・懸命さ・泥臭さなんかを感じさせない、ダンスやバレエでもしているかのような華麗な動き。

 

野球のような球技で、利き腕の肩を壊してしまったから、
仕方なく反対の腕をメインに使うようになり、それでもなお常軌を逸して上手い。

 

運動神経とか体力とか空間認識能力が、
明らかに普通の選手達とは一線を隠している。
実は自分は、人間に化けている天使・吸血鬼・魔族・獣人、
このように本人から言われたら、本気で信じざるを得ない。

 

身近にいた天才「特殊な能力編」

 

将棋・囲碁・チェスみたいな
ボードゲームが強い。

 

麻雀とかポーカーみたいな、
運要素が大きな割合を占める勝負事でさえも異常に強い。

 

その曲を一度聴けば、ピアノなんかの楽器で完全コピーして演奏できる。

 

勉強が異常にできるかと思えば
楽器演奏もとんでもないレベルだったりと、多芸多才。

 

なぜか、会う人会う人みんなが
そいつを気に入り、力を貸してあげたくなり、付いていきたくなる。
そういう天性のカリスマ性をもつ人物がいた。

 

ゲームでの、
ぷよぷよみたいなパズル、格ゲー、シューティングゲームみたいな
思考の瞬発力が求められるゲーム分野は、上位層は天才しかいない。
常人が訓練してたどり着ける限界の場所の、はるか先の世界にいる。

 

天才自身にさえ、
自分がなぜその答え・発想に至ったのかよく分からずに困惑しているパターンが多い。
「なんとなく」「突然ピンと来た」
とは説明できるけれど、過程が自分でも不明。

 




身近にいた天才の特徴や雰囲気

 

・理解力
・判断力
・記憶力
・センス
・知識量
このあたりが凡人とは別格。

 

その天才を指導する教官を
畏怖・どん引きさせる修得の早さやぶっ飛んだ発想をする。

 

凡人達から見ると、
やばい奴・ちょっとおかしい奴に見える。

 

天才本人には悪意も悪気も無いのに、
天才の能力・発想・地位がすごすぎるせいで、
自然と周囲の人達の自尊心を低下させて少しずつ心を傷つける。
これこそ天才であることの証明であり、同時に天才が孤独である理由。

 

その分野にいる同業者だけが他との違いに気づく程度の
秀逸なものをもっている人が秀才。
天才は、門外漢でド素人でさえも
「あの人は、同じ分野の人達の中でも他とは全然違う!」
と理解できるほどの、はっきりとした違いがある。

 

天才への幻想を壊すようで悪いけれど、
勉強がすごくできてスポーツも得意、おまけにイケメン・美人っていう
テンプレートな天才は、
両親も似たような特徴の天才。
つまり、遺伝的に優れている人間同士が子どもを残している一族の一員が、その天才。
代々の金持ち・裕福な家庭で、血縁者は天才ばかり、というのはほぼこのパターンで間違いない。
よく取りざたされるタイプの天才の正体は、生まれつき高知能で容姿が優れた「ハイグレードな人間」というだけのこと。

 

とんでもない死に方をして短命で人生が終わる天才が、どういうわけか多い。
自殺とか、親からの虐待とか、飲酒運転での事故死とか。

 

ほんのわずかな時間接しただけで、
「自分では、一生を費やしてもこの人に追いつくのは無理だ」
「自分では、この人が住む世界に到達するのは絶対に不可能だ」
このような直感をたくさんの人に抱かせるのが真の天才。
この記事の関連記事一覧

コメント

  1. 匿名 より:

    この記事を書いている方は、「人の能力を見抜くことができる」と考えました。

タイトルとURLをコピーしました