スポンサーリンク

親を一生うらむ・呪うレベルの、4種類の親ガチャ大ハズレ

 

親を一生恨んでも仕方が無いというレベルの、親ガチャ大ハズレの実例を解説します。

 

スポンサーリンク

親を一生恨むレベルの、4種類の親ガチャ大ハズレ

 

 

1「子どもが生まれた時から、家庭が崩壊状態にある」

両親が不仲であり、家庭内別居状態
  • 子どもにとって恐怖・トラウマとなるレベルの夫婦喧嘩が日常化している
    • 家庭内は冷え切っており、時間経過で高確率で離婚に発展する
      (離婚して片親状態になった場合、子どもは経済的ハンディキャップを負うことになったり、成長するうえで何かしらの精神的欠落におちいる可能性が高くなる)

 

 

両親の結婚理由が「授かり婚」であり、いやいや結婚した
  • 「子どもができてしまったから仕方なく結婚した」という結婚理由であり、子どもの存在が両親のどちらからも望まれていない
    • 「親の子どもへの態度が、いつも冷たい」「子どもが、自分の出自・自分の人生を呪うようになる」「授かり婚で結婚した家庭と生まれた子どもが、親戚一同から白い目でみられている」などが起こりやすくなる

 

 

両親が何かに依存していて、家庭崩壊状態にある
  • お酒
  • ギャンブル
  • 宗教
  • 買い物
  • 不倫
    • 上記のリストのような物事に夫婦の片方あるいは両方が依存していて、家庭がいちじるしく荒れている




スポンサーリンク




2「子どもに『悪い形質』が遺伝するのがほぼ確定なのに、子どもを産んだ」

  • 両親が共に発達障害
  • 両親が共に精神疾患(うつ病やパニック障害や統合失調症など)を発症していて、遺伝的に精神を病みやすい性格の気質・脳の構造
  • 両親が共に顔の造形が良くない(生まれた子どもが女性だった場合、子どもに生涯恨まれるレベル)

 

 

 

 

3「親が強度の「毒親」であり、子どもの人生も性格もゆがめられている」

  • 毒親(子どもにとって害になる親のこと)として、不健全な教育を子どもにほどこしている
    • 子ども自身の人格・自立性・意思を認めず、親の所有物として扱って、親好みの性格・学歴・生き方・趣味などを強制する」などが代表例
    • 「子どもへの教育・指導の名を借りた、虐待」「育児・教育を放棄した、ネグレクト(児童遺棄)」などをしている場合がある




スポンサーリンク




4「極度の貧困家庭であり、子どもの将来の可能性が閉ざされてしまっている」

  • 生活保護を受給している家庭
  • 親が多額の借金を背負っている
  • 世帯年収が200万円代であり、貧困のせいで子どものあれこれの可能性が閉ざされてしまっている
    • 「友達とのコミュニケーションに必須の、スマホが買ってもらえない」「知育に必要な本を買ってもらえない」「学費の問題のせいで、大学への進学がほぼ不可能」など

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました