スポンサーリンク

オタクがコミュ障になりやすい、人と関わる経験不足等の原因

 

オタクが「コミュ障(コミュニケーション能力がかなり低いこと)」になりやすい理由を解説します。

 

スポンサーリンク

オタクのコミュニケーション能力が低い現象の、3つの原因

 

 

1「人と人とのコミュニケーションに求めているもの」が、一般人達と違いすぎる

オタクの場合
  • 自身のおすすめの作品・今気になっている情報などを、話し相手に伝えること
    • オタクの場合、対人コミュニケーションの目的が上記の1点に終始しがち
      • さらに、他者との共通の話題になることが多い「芸能」「スポーツ」「時事」「今話題のテレビ番組・テレビドラマ・映画」などにうとすぎることも、一般人達との会話が難しい大きな原因になっている

 

 

一般人の場合
  • 話し相手と、会話や身振り手振りによって打ち解けること
  • いっしょに楽しい時間を過ごすこと
    • 一般人の場合、上記のリストのような「お互いが仲良くすること」がコミュニケーションの主な目的であり、
      自身のおすすめの作品・今気になっている情報などを伝えることは、コミュニケーション全体の中のほんの一部分に過ぎない




スポンサーリンク




2「複数の事情により、オタクはコミュニケーションの経験が大きく不足している」

他者達との会話量が、少なすぎる
  • オタク趣味に没頭していることが多いせいで、他者との会話の経験量が不足している
    • 会話の経験量が不足している場合、
      「滑舌が悪くなる」「場の空気を読む・相手の胸中を察するなどの、非言語コミュニケーション能力が育たない」といった事態になりやすくなる

 

 

異性との恋愛経験が、ゼロに近い
  • 女性(生まれつき、コミュニケーション能力が高い傾向がある)はともかくとして、男性の場合は恋愛経験がゼロに近い場合、コミュニケーション能力が育ちにくい

 

 

一般人達から避けられたり、自分から交流を避けることが多い
  • オタクが身だしなみ(特に、髪型)をあまり整えていないことや、コミュニケーション能力が低くて会話がつまらないせいで、一般人達から避けられることが少なくない
  • オタクの方も、一般人達とは趣味が合わないことや、自身の容姿(服装や身だしなみ)・コミュ力に自信が無いせいで、一般人達との交流を忌避することが多い
    • 上記のリストのような事情から、コミュニケーションの経験量が不足しがちになる




スポンサーリンク




3「幼稚」「TPOをわきまえない」といった特徴を備えている場合がかなり多い

  • 「自分が好きな作品・キャラクターが、必ず万人受けする」と思い込んでいて、多種多様な価値観を想定・想像できない幼稚さ
  • 漫画やゲームやアニメで、アダルト色が強いキャラクターや場面などについて、ところ構わず話し続けるなど、TPOをわきまえない言動が目立つ

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました