スポンサーリンク

お風呂が面倒くさい人達の理由と入浴しないでいると起こる事

スポンサーリンク

 

お風呂に入るのが面倒だという人にありがちなことと、お風呂に入ることでの回復効果を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

お風呂が面倒くさい人達が、面倒な3つの理由

 

1.お風呂に入る夜の時刻にはすでに疲れ果ててしまっている

仕事や勉強が忙しい人にありがちな理由です。

長時間の仕事や勉強で、もう心身がへとへと。お風呂は、30分~1時間程度かかるので、そんな時間をかけてお風呂に入るよりも、もうさっさと眠ってしまいたい、と感じている人は相当います。

 

 

 

2.季節によってはお風呂に入りたくないことがある




スポンサーリンク



夏の場合では、お風呂に入った後にたくさん汗が出てしまうので、その汗だく状態が嫌で、夏はお風呂に入りたがらない人が出てきます。

冬の場合では、暖房の効いた部屋から出て、冷たい空気の風呂場で服を脱いだりするまでが苦痛なので、お風呂に入りたがらない人が出てきます。

 

 

 

3.性格的にお風呂に入らない事での臭いや不都合の数々に鈍感

何日もお風呂に入らなくて髪の毛が油分でてかっていたり、身体の各所にかゆみが起こっていたり、体臭がキツくなっていたりしても、性格的にそれが全然気にならない、という人も、お風呂が面倒くさい人達にありがちです。

 




お風呂に入らないことを続けると、ありがちなこと

 

髪が油分でてかってくる。

 

油分のおかげで、ワックス無しで髪をセットできるようになる。

 

久しぶりに風呂に入ると、
髪の油分が多すぎるせいでシャンプーと相殺して、全然泡立たない。

 

頭を振ると、パラパラとふけが落ちる。

 

わき・股
あたりから発生する悪臭を自覚できるようになる。

 

不潔にしているせいで、
顔ににきびが出来はじめる。

 

顔面から粉を噴くようになり、軽く指でこすると指にあかが付くようになる。

 

 

参考:80.8%の人が「毎日お風呂に入る」

 

働く20代~40代男性に、入浴状況についてアンケート調査を行った結果、1日1回と1日2回以上を合わせて「80.8%」の男性が毎日お風呂に入る、と判明しました。




スポンサーリンク



何日もお風呂に入らない、という男性は少数派のようです。

 

うつ病のせいで、心の体力がゼロの人はお風呂に入れない

 

うつ病患者がなかなかお風呂に入れない理由
  • うつ病によって気力が枯渇してしまっているので、お風呂に入る力が無い
  • 「お風呂に入る行為は、体力をかなり消耗」するので、うつ病患者にとってはエネルギー消費が辛い

 

 

うつ病患者は、エネルギーが枯渇してしまっているので、食事・着替え・歯磨き・洗顔といった行為さえ、するのが難しい状態です。

なので、「お風呂を沸かす」「服を脱ぐ」「30分程度、湯船に浸かる」「髪をシャンプーで洗う」「お風呂から出て身体を拭く」「ドライヤーで髪を乾かす」といったたくさんの工程があるお風呂は体力を使うので、なおさら無理、ということになります。




スポンサーリンク



 

 

 




お風呂に入ることで疲れが取れて身体が休息モードへ入る

 

入浴がもたらす心身の回復効果
  1. 「温熱作用」により、皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がって血行が良くなり、身体のコリがほぐれ、新陳代謝が活性化する
  2. 37~39℃くらいのぬるめのお風呂に浸かると「副交感神経」が活性化して身体が休息モードへ入り、お風呂から出た後に安眠できるようになる
  3. 浮力によって、お湯の中では体重が1/9にまで減り、体重を支えている筋肉や間接の負担が激減するので、リラックス効果でストレスが軽減される

 

 

お風呂は、身体の汚れを落とす以外にも、身体の疲れを取って、身体を休息モードへ切り替える効果が大きいです。

特に、「副交感神経を活性化して深い眠りに就くための、お風呂が貢献する効果」が大きいので、なるべくお風呂に入った方が、心身の健康を保つことができます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました