スポンサーリンク

ESTJが最も有利で幸福になる状況と、最も不利で不幸な状況

 

信頼性が高い性格診断・MBTIで、分類される性格型「ESTJ」が、

最も有利になる状況と、最も不利になる状況を、それぞれ調査しました。

 

スポンサーリンク

ESTJ型の性格と才能に適した、最も幸福・有利になる状況

 

 

最も幸福な状況

自身の能力を公に認めさせたうえで、相応の権威ある地位に就くこと

  • ESTJは「公正(明白で正しいこと)」を強く重視する性格であり、不正を嫌う
  • 目的意識が強い性格型であり、目的達成のためには努力を惜しまない
  • 「権力」「地位の高さ」「ステータス(社会的地位)」に強いこだわりがある性格型
    • これらの事情から、
      (不正な手段ではなく)努力・尽力によって正当に功績を上げて、自身の能力を公に認めさせたうえで、相応の権威ある地位に就くことがESTJにとっての至福

 

 

 

 

最も有利な状況

規律・ルールがしっかりとしている組織に所属し、上からの命令をこなす状況

  • ESTJの最大の長所が、「規律・ルール・マニュアルに従うことが得意で、なおかつ、課題の達成能力が高いこと」
    • 上記の事情により、
      ルールが整っている組織に身を置き、上司や役員からの指示をルール通り・マニュアル通りにこなせる状況が、ESTJが最も才能を発揮できる有利な状況

 

MBTIの各タイプの戦う理由
ESTJ/ISTJ 受けた恩や借りを返すため、責任を果たすため
ESFJ/ISFJ 身近な人を救うため、大切な人をサポートするため
ENTJ/INTJ 自身や身近な仲間の立場や居場所を守るため、果てしないが実現可能と思っている理想のため
ENFJ/INFJ 自分の理想を叶えるため、頼ってくれる仲間を助けるため
ESTP/ISTP 自信の行動から起因した事件から成り行きで事件が発生したため、自分のやりたいようにできるように環境を変えるため
ESFP/ISFP 見える範囲の救える人だけでも助けるため、自身の心の平穏を守るため
ENTP/INTP 新しい理論や技などを試すため(好奇心も含む)、自身のもつ考えなどが正しいかを確かめるため
ENFP/INFP 大切な人を自分の力で守るため、自分の成長を確かめるため




スポンサーリンク




ESTJ型にとって最も幸福かつ有利になる状況を実現させるために、
・「組織で、高い地位に就くこと」「ステータス(社会的地位)を獲得すること」を、自身の人生で優先するようにする
・「組織のルールと命令系統が、きちんと定まっているタイプの組織」に所属するようにする
という行動が有効です。

 

 

 

その人間は全16種類の性格型のいずれか1つに分類できるとする「MBTI性格診断」

MBTI診断サイト「16Personalities」

 

 

16種類のそれぞれの性格の簡潔な解説図

 

 




ESTJ型が全く力を発揮できずに、最も不幸・不利になる状況

最も不幸な状況

「だらしない人達」と歩調を合わせなければならない状況

  • 怠け者であり、なすべきこと(特に、学校や会社での課題)をしようとしない人
  • 計画性に欠けていて、行き当たりばったりの行動ばかりしている人
  • 感情的で、すぐに泣いたりいじけたりする人
    • 上記のリストのようなだらしない人達に、あれこれ配慮したり気遣う必要がある状況が、ESTJにとって最も不幸な状況
    • ESTJは「意志が強固であり、頑張って目標をやり遂げようとする」という性格であるため、他者に対して厳しい態度を取りがち




スポンサーリンク




最も不利な状況

ルール・規則が無くて、独自の判断で動かなくてはならない状況

  • ESTJは「ルール」「規則」「マニュアル」を遵守することは得意であるが、ルールやマニュアルが無い変動的な状況にいちじるしく弱い、という弱点がある
    • 上記の弱点から派生して、
      「独自の判断で、変動的な状況に対応しなければならない」「既存のルールやマニュアルにとらわれない、オリジナルのアイディアを出すこと」も非常に苦手

 

 

ESTJ型にとって最も不利かつ不幸になる状況を避けるために、
・ある程度、「志が高い人」「能力が高い人」と行動を共にするようにする
・臨機応変な対応や判断を求められる役は意識的に避けるようにするか、他の人に助力を要請する
という対策が重要になります。

 

 



転職サイト「ミイダス」は、自分の強みと適性が高い職種・適性が低い職種を無料診断できます。

・バイアス診断で、自分では気づけない「意思決定の癖」が明確化され、自身の「個性」「思考の偏り」を細かく診断できる
・コンピテンシー診断で、その人のコンピテンシー(行動特性)を分析し、強みが判明する
・企業側から面接確約・年収提示のオファーが次々と届く
・サイトの利用料は無料


MBTIの性格診断と合わせて診断すると、より自身の強みと適性をはっきりさせることができるようになります。

\公式サイト/
転職サイト・ミイダス公式サイト

 

当ブログでの、ESTJの能力と性格について補足説明をする記事↓も合わせてご覧下さい。




スポンサーリンク



 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました