スポンサーリンク

ネット住民達による、成功のコツや成功のためのヒント集

 

「成功すること」について、ネット上でよく言われている成功のコツ・成功のヒントを調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「成功すること」で、非常によく言われること

 

・実際に行動を起こすこと
・その行動を年単位で継続すること
成功することのコツは、突き詰めれば上記の2点に集約される。

 

努力を努力と感じずに、自然体で3年~5年程度続けること。
成功のためには上記のことがほぼ必須だけど、
まずその前段階として、
「努力を努力と感じずに、自然体で数年間継続できる分野(自身の性格と最高レベルに相性が良い分野)」
を時間と労力をかけて探し出す行為が必要。

 

成功する人達の特徴を一言で言い表すと、
「考え方が前向きで、行動力があり実際に行動している」。

 

成功するためには、心身のタフさが必要。
行動を継続するための体力は必要だし、
何よりも、続けるうえで精神的な打たれ強さが必須。
思うように結果が出ない時期や状況が停滞している時期にも、
心が折れることなく平気でいられるための打たれ強さ・精神的タフさが求められる。

 

「流れの向き」を正確に把握すること。
社会の時勢や、これまでの自身の人生での各能力の上達傾向などの、流れの向きを把握すること。
上がり調子の物事にすぐに乗っかり、
下がり調子の物事から全力で逃げること。




スポンサーリンク




自分の性格と相性の良い分野を見つけ出し、
その分野を何年間も継続して、ひとかどの人物になること。

 

・コネクション
・人脈
これらを積極的に獲得して、どんどん活用していくこと。
成功したい人達は独力で頑張る人ばかりだけど、
実は、
コネや人脈の効力は、成功するまでに必要な時間を劇的に短縮するほどに強力。

 

「気が強い」
という長所は、成功のためにかなり重要な役割を果たす。
気が強いと、メンタルが頑強になって、諦めることや弱気や後悔への耐性が付く。
また、「他人に勝利をゆずってやらない」という強気な考え方をするようになり、色々と勝負強くなる。
気が弱いと、すぐに諦めたり挫折するようになる。

 

・特別な才能やスキルが無い
・これといった夢や目標や信条が無い
社会人のほとんどを占める上記の人達用の最適の成功とは、
「必死に勉強して、
良い大学に入って、
大企業に入ってロボットみたいに働き続けて高給を享受し続けること」。
会社員として淡々と働いていて、多少、胸はモヤモヤするかも知れないけれど、
あれこれのリスクとリターンを考慮したうえでの最善の成功の道が、これ。

 

成功する人達の習性は、
ひたすら、地味に積み重ね続けていること。地味なルーチンワークを継続していること。
やる気が出ない日も、不安で仕方が無い日も、雨の日も風の日も、
ひたすら積み重ね続けている、というところがポイント。

 

林修先生「自分の得意だったり秀でている事・部分を早くに見定めて
ライバルより優位に立てる場所で努力し発揮しない限り
人生に成功(勝利)はない!」

 

 

人生の早い時期から、
自分の姿・性格・能力をどれだけ正確に客観視できるかが、その後の成功失敗に直結する。
客観的に見て秀でている能力・部分を選択し、そこを徹底的に伸ばす。
客観的に見てダメな能力・部分は、早々に諦めて放棄する。

 

「ただ器用なだけで、その分野を器用に上手くこなせるだけの人」
は、たいていが1年以内に脱落する。
継続するうえで肝心の、モチベーションが欠落しているから。
その分野で生き残り大成する人達の代表例は、
・自分にはこの生き方しか無い、と確信している人
・自分はこの道で一生生きていく、と覚悟を決めている人

 

「みんなと同じが良い」
という価値観から早めに脱出すること。
こと成功においては、
みんなと同じ=他と差別化ができておらず何の価値も無いことの証拠
でしかない。

 

大人になったら、
自分の欲しいものは自分の力で勝ち取ること。
お金、自由、女、権利、評価、何でもそう。
ネット上で競争社会を叩いて、
「お客様である私達に、お前らが無償でどんどん与えろ!」
とわめいている現代の若者達は、
世の中を舐めているというか、
厳密に言うと、
世の中の仕組みが理解できていない。




スポンサーリンク




成功している人達のそのほとんどは、
「実際に、前へと踏み出した人」。
成功していない人達は、机上の空論を並べて満足していたり怖がって一歩目が踏み出せない人。

 

何でも楽しみ、ひんぱんに笑うこと。
これができている人達は、一生を通して幸せになれる。

 

自分が嫌で嫌で仕方がないこと
(しかも、すぐにはお金につながらない、先行投資的な努力)
を1年間以上続けるなんて、
鋼鉄以上のダイヤモンド級の硬さのメンタルが無いと無理。
継続の末に成功している人達は、
嫌で嫌で仕方がないことを超強靱なメンタルで強引に続けたのではなく、
息をするように自然に続けられることを発見してそれを数年間淡々と継続しただけ。

 

「中途半端に賢い悲観主義」よりも、
「愚直な楽観主義」の方が大幅に成功しやすいし人生も楽しい。
このシンプルな事実を知らずにいる人が多すぎる。

 

「自分で作った、自分にとって超有利なルール」のもとに戦い続ける人が成功する。
誰かが作ったルールの中での優等生でいたとしても、
それはただの優秀な歯車であって成功者ではない。

 

成功したいのに、
「就職する」とか「資格を取る」といった発想や行動自体がもうセンスが無い事の証拠。
成功したいなら、雇われの身ではなく独立して稼ぐ事が正解。

 

 

成功するコツは、成功するまで諦めずに挑戦し続けること。
色々な場でよく言われる「なに当たり前のこと言ってんの?」というこの言葉の真意は、
「何年間も継続すること」。
つまり、成功の極意とは、継続すること。

 




その他、成功について挙げられることがあるもの

 

「自分のことを認めてくれる人」
「自分のことを愛してくれる人」
これらの人達を見つけ出し、自分のそばに置くこと。

 

「人生における勝負所」を正確に把握して、相当量の力を注ぐことができる。
・受験
・就活
・自身の夢・大目標の選定と実現計画の実行
・若くて取り返しがつく年齢のうちに、なるべくいろいろ失敗して、世の中の危険について学習すること
・結婚
たとえば、これらが人生の勝負所。
勝負所以外では、適当にやってても上手く行く。

 

まずは自身の身のほどを知り、
次に、
身の丈以上の成功を求めないようにすること。
危険が無くて穏やかな分相応な生活は、それはそれで成功の一種。

 

逃げないこと。
大変なことでも、逃げずにその場に踏みとどまって戦い続けること。
いったん逃げることの味を占めると、
闘争スイッチと逃走スイッチの2つのうちの後者がスイッチオン状態になり、
その後はほぼ確実に転落人生。




スポンサーリンク




周りの凡人達の言葉は、話半分に聞き流すこと。
・成功しておらず、成功のための行動も起こしていない人達の言葉は、ほとんど参考にならないから
・嫉妬心や焦燥感から、こちらの足を引っ張ろうとネガティブな助言をしてくる人がかなり多いから

 

「自分という人間にとっての成功」
をまず明確にさせること。
社会的ステータスが高い職種に就いて大金を稼ぐことが、自分にとっての成功とは限らない。
よくよく調査してみたら、
「仕事を頑張りすぎずに、余暇を使ってグルメを楽しんでいることが、自分にとっての成功」
なんてこともよくある。

 

恋愛にうつつを抜かすと、成功がどんどん遠ざかる。
「女は男をダメにする生き物」
という格言は、ほとんどの場合において真理。

 

自分に厳しくて自分を律しながら努力し続ける人達が、
ひどい状況まで落ちぶれることって、今までに一度も見たことがない。
不運のせいではなく必然的にひどい状況まで落ちぶれる人達は、
決まって自分に甘くて怠惰な人。

 

成功できない人達の大きな共通点が、
四六時中、全身全霊をかけて、
「自分がその物事ができずに、必ず失敗する理由」
「自分がその物事をやらないための理由」
を考え続けていること。
成功できない人達がそうして悶々としている間、
成功する人達は、無根拠な自信と楽観のもとに(ここ重要)、
ずんずんと先へ進んでいき、あれこれの貴重なものを次々と獲得していく。

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました