スポンサーリンク

高校生などの学生が、学生生活と勉強を成功させるコツ情報

 

学生が、学生生活と、勉強の、それぞれを成功させるコツ・方法について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「学生生活」を成功させるためのコツ

「人間関係」で問題を起こさずに成功するためのコツ

  • 相手の行動・主張内容・好きなことなどを否定することは、「相手に喧嘩を売ること」と近い意味であるので、なるべく避けること
  • 学生時代においては、「自身のリアクションの仕方」で人間関係の成否がだいたい決まる
    • 「出来事に対する、芸人的な大げさなリアクションを取る」「相手の言葉に対して、ボケ・ジョークを返す」など、周りを楽しませるリアクションを取ると、みんなから親しまれるようになる
    • 「出来事に対して、ほぼ無反応」「相手の言葉に対して、わずかに愛想笑いを返すだけ」など、周りを楽しませようとしない場合、周りから損な役回りを押しつけられたりいじめられることが多くなる
  • いじめ問題は、
    まずいじめられる側に「原因(外見が小汚かったり、陰気すぎる雰囲気や、コミュ障であることなど)」があり、
    その後にいじめという「結果」が生じるため、
    いじめられる側が原因を取り除く努力をしないとずっといじめられ続けてしまう

 

 

 

 

学生が堕落しやすい、危険なポイント

 

  • 中学時代に「ろくに勉強をしなくても、そこそこ成績が良かった」ということが起こり、怠け癖が染みついて、高校時代からほとんど勉強をしなくなってしまう
  • ネットにハマって頭でっかち状態になり、物事の否定癖が染みついて、自分から行動を起こしたり自分の手で検証することをしなくなる
  • 恋愛にのめり込んだ結果、
    日々の勉強がおろそかになったり、失恋のショックの影響で学生生活に支障をきたす
  • 「学校での勉強なんて意味が無い」という、根拠に乏しい哲学にかぶれ、高校を中退し、その後に転落人生を歩む




スポンサーリンク




大学生活における、成功のコツ&要注意のポイント

 

大学生活の成功のコツ
  • 大学時代では豊富な自由時間があり、その時間を活用して自身の優れたスキルを発見&育成できれば、大学卒業後に個人事業者としてやっていける可能性が高くなる
    • 大学在籍時にスキルを活かして小規模なビジネスをして多少の収入があれば、卒業後にビジネスに専念すればそれで生計を立てていくことも可能になる
  • 大学生活の醍醐味は「受けた講義の内容や、自身が興味をそそられることなどをきっかけにして、自分でテーマを設定して自分でテーマを探求すること」
    • 漫然と講義を受けるだけで4年間を終えてしまっては、大学生活の価値が半減してしまう

 

 

大学生活での要注意のポイント
  • 「真面目に、勉強だけを続けてきたという状況」では、大学四年次での就職活動で危機的状況になりやすい
    • 「アルバイトをすること」「学部生時代に恋愛をして、身だしなみやコミュニケーション能力を向上させること」などを推奨
    • 新卒時に内定を取れないと、大学卒業後の第二新卒時やそれ以降の状況は新卒時の状況よりもかなり悪くなるため、新卒時にきっちり内定を取ること
  • 大学では固定的なクラス編成が無いのも同然であり、かなり孤立しやすいため、孤立を防ぐために部活・サークルに所属することを強く推奨
  • 大学四年次からは、「卒業研究」「就職活動」が大きな精神的負担になるせいで、いよいようつ病などを発症しやすい人生段階へ入るため、自身のメンタルのコントロールに留意すること
  • 「友達との麻雀」「ソーシャルゲームやネットゲーム」「パチンコなどのギャンブル」「異性との恋愛で大きなトラブルが起こる」が、大学生活が大幅に悪化する主要な原因





スポンサーリンク




学生生活を成功させるための、プラスアルファ

学生時代のうちに、できればやっておきたいこと
  • 可能な限り、本(漫画や娯楽小説でもOK)、映画、音楽などに触れて、それらを楽しむこと
    • 若年時に体験した娯楽は一生モノの非常に良い思い出になるし(重要)、情報の吸収力が高いうちに可能な限りの多くの情報に触れて感性の基礎部分を作っておくと、後年になってその基礎が活きてくる
  • 「才能があり、なおかつ、中学時代や高校時代までに運良く才能がある分野に足を踏み込めた者」は、その後に高確率で成功することができるため、
    自身の才能を見つけ出そうとすること
  • 学生恋愛をしておくこと
    • 社会人の中には、学生時に制服デートができなかったことを悔やんでいる人がかなり多い

 

 

学生生活の成否に関する、重大情報
  • クラスメイト達の中でモテる男子は、「そのクラスでヒエラルキー上位の男子」
    • クラスの中でリーダー的な存在であるとか、かっこよくて発言力もあるのでみんなから一目置かれている男子とか、不良学生でありみんなから恐れられている男子など
  • 自他の思い切った行動を「恥ずかしい中二病」と見なして何もしてこなかった学生は、「萎縮した、面白みの無い大人」になることがオチ
  • 学校教育では、教科書の内容を勉強すること以外に、複数の重要な事を学ぶため、学校へ通うことを軽視して中退などをすると大きな悪影響がある
    • 「物事を学んで覚える仕方を、授業を通して訓練して身につけること」
    • 「他者達と協調して生活すること」
    • 「その場の規則・ルールに従うこと」
    • 「嫌なこと(たとえば勉強)を、我慢して達成することの訓練」
    • 「毎日の時間割に従って行動することで、規律に従う規則正しい生活を送ることの訓練」
    • 「勉強を頑張れば成績が上がる、ということを体験することで、努力の重要性を学ぶこと」
  • 文系コースを選択すると、大学時代が非常に楽になる代わりに就職で劣位に立たされやすく、
    理系コースを選択すると、高校時代と大学時代が非常に辛くなる代わりに就職で優位に立ちやすくなる
  • 何らかの問題によって自身が苦しんでいる場合、ほとんどのケースで問題の原因は自己の内側にあり、
    学生時代のうちに「自身に問題があることを認め、自身の行動を修正する人達のグループ」と「問題を他人や社会のせいにして、自身は何も変わろうとしない人達のグループ」にだんだんと分かれていき、
    そのことが社会人になった後の人生の明暗を分ける大きな要因となる

 




「勉強」を成功させるためのコツ

テストで高得点を取ったり、成績を上げるためのコツ

 

  • 「要領が良い、テスト勉強」を継続すること
    • 「教師側がテスト問題に必ず出さざるを得ない、基礎かつ重要な学習内容」をテスト範囲内の教科書のページ中から探し出したり、テストの過去問を入手して傾向対策をすることなど
  • 「アウトプット中心の勉強」を継続すること
    • 教科書を読むだけ・教科書の要点をノートにまとめるだけ、という勉強ではなく、
      問題集を使って、ノート・白紙(コピー用紙など)に書きなぐるようにして問題を解きまくることがアウトプット中心の勉強方法

 

 

 

 

勉強の効率を高めることと、効率を低下させること

勉強の効率を高めること
  • 「日々、勉強すること」を習慣化すること
    • 脳・身体は日常での習慣に引きずられやすい特徴があり、習慣化すると負担が大幅に低減する
  • 8時間程度の睡眠を取り、十分に心身を回復させて頭をすっきりさせること
    • 寝不足の時と比較すると、「意欲」「集中力」「思考速度」などが段違いになる
  • 「質よりも量を優先する」という方針で、とにかく問題を解きまくること
    • 問題を解くことに慣れることで、低負担で勉強ができるようになったり、実力が上がることでより難しい問題を解けるようになる




スポンサーリンク




勉強の効率を低下させること
  • 自身のそばに、「スマートフォン(これが最も危険な存在)」「テレビ」「ゲーム機」「漫画」などが在ること
    • スマートフォンは勉強・受験失敗の原因の筆頭に挙げられるほど危険な存在であるため、「志望する大学に合格したい」といった大きな目標がある場合、スマフォを親に渡して自身の手元から遠ざけるなどの措置を推奨
  • 寝不足であったり、風邪気味などで体調不良であること
  • 友達との「勉強会」
    • みんなが真面目に勉強をしているのは序盤だけで、以降はなしくずし的に遊びの場へ変わっていく
  • 「恋愛」に過度に引きずられること
  • 「量よりも質を優先する」という方針で、あまり問題を解こうとしないこと
    • 量をこなしていると後から質が伴ってくるが、最初から質を追求していても量(経験量や解くスピードなど)が伴ってくることは無い

 

 

 

 

「成績を引き上げるうえでネックとなる科目」と、対策

 

「数学」
  • おそらく、ほとんどの学生達にとっては数学が全科目の中で最大の難所だと思われる
  • 「まず基礎の公式をきっちりと覚えたうえで、とにかく問題数をこなし、各種の解法パターンを暗記的に覚えるようにすること(試験本番中にいちいち解法を考え出すのではなく、暗記している多数の解法パターンの中から適切なものを選択するということ)」が、高校数学の攻略のコツだと言われている

 

 

「物理」「化学」「生物」などの理科系科目
  • 語句の暗記に加えて、公式を運用して答えを算出するタイプの問題があるため、学生側の負担が大きい
  • 「数学」で計算問題を解き慣れておき、計算力も高めておくと、理科系科目での計算問題でも物怖じしなくなり安定的に解けるようになる




スポンサーリンク




「英語」
  • 人によって得意不得意が明確に分かれるうえに、英語は成績の向上に長い時間がかかる
  • 「英語は成績の向上に長い時間がかかること」を見越したうえで、
    できる限り早めに「英単語の暗記」「文法の理解」などに着手して、それらをじっくりと続けていくことが、時間はかかっても最短の道

 

上記以外での、暗記がメインの科目は、

「ノートや白紙に語句等を書いて覚えること」を地道に繰り返せば、ほぼクリアできます。

 

 

 

 

「やる気」についての重大な情報

  • やる気は、「その物事に着手した後に、作業の過程でだんだんやる気が高まっていく」という性質があるため、
    気が乗らなくても、とりあえず形から入るだけで、だんだんやる気が高まっていく

    • つまり、「座ったり横になったまま、やる気が出てくるのを待ち続けること」は完全に時間の無駄
  • やる気は、「その物事が好きだったり、その物事に興味がある」「その物事を達成すると、報酬(成績が上がることや、他者達からの評価が良くなること)が得られる」という状況で、やる気が高まりやすいという性質がある

 

 

 

 

勉強をする・しないでの、損得

 

勉強をする事で得すること
  • 「そうか!」「なるほど!」といった、物事を理解する事で生じる知的快感を得られることが非常に多くなる
  • 高学歴になりやすくなり、その学歴のおかげで高収入の職業に就きやすくなる
  • 「自主的に勉強する習慣」「自主的に調査する・調べる習慣」が身につきやすくなり、社会人になった後もその習慣のおかげで優位に立ちやすくなる
  • 勉強によって知識量を増やすと、思考できる範囲が広くなり、正解にたどり着きやすくなったり、熟考の末に危険を回避しやすくなる
    • 知識量を急速に増やすことは、若くて体力も精神力もおう盛な学生時代が最適であるため、学生時代にぜひともやっておくべき




スポンサーリンク




勉強をしない事で損すること
  • 「分からない」「つまらない」といった、不快・不安な感覚に支配されることがかなり多くなる
  • 学歴が低くなりやすくなり、そのせいで低賃金の職業や3Kの職業に就かざるを得なくなる
  • 「これは、どういうことなんだろう?」「このことの原因は、何なんだろう?」と疑問を持ったり自分の頭で考えようとする習慣が定着しないせいで、騙されたり搾取されやすくなる

 

 

 

 

有名大学の入試に合格して、高学歴になれる人達の特徴

  • それなりに基礎学力が高く、なおかつ、志望大学の入試の傾向対策を徹底的に行った
  • 「勉強して知識を吸収すること」を、ゲーム感覚や娯楽感覚で楽しんでやっている
  • 両親が有名大学卒
    • 「知能が高い」という両親の遺伝的資質を子どもが継承している




スポンサーリンク




「学校で勉強すること」について知っておくべき重要な情報

 

  • 学校で勉強して得た知識が社会人生活で役立つことはほとんど無いが、
    重要なのは、「各種のテストの結果・得点数によって、人間達の優劣を選別して、その選別結果で社会における人間の人生の幸不幸の大部分が決定されること」という事実
  • 学生時代に求められる人間は「苦手な科目をできる限りゼロへ近づけた者」で、
    社会で求められる人間は「得意な能力をできる限り伸ばした者」であるため、自身の人生の段階に応じて、自身がやるべき事の内容が変わってくる
  • 「これといった才能・秀でたスキルが無い」「人生で、これといった夢・目標が無い」という社会のほとんどの人達が、最も効率良くお金を稼いで生活していく方法が、
    「学校での勉強を頑張って、高校・大学を卒業して、その学歴を活かして企業就職して収入を得ること」
  • アメリカやヨーロッパ圏の社会と違って、
    日本では「高校時代の3年間で必死に勉強を頑張り、良い大学に合格するだけ」で、その後はほぼ確実に裕福な人生を実現できるというイージーモードの社会であるため、
    高校時代での勉強と大学受験は、日本人にとっての人生最大級の力の入れどころ

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました