Googleニュースでエリアブルーの記事を配信中
スポンサーリンク

全ての能力分野に応用可、「スキルアップ」の効果的な方法集

 

スキルの上達段階別の、

スキルアップのための本質的な行動・コツとなる方法を解説します。

 

スポンサーリンク

スキルアップの序盤における、3つの方法

 

 

1「上達させたいスキルに関する知識」をひととおり知っておく

  • 入門書
  • ネット上の解説サイト
    • これらを利用して、「上達させたいスキルに関する知識(各種の技術の内容や、そのスキルを習得するとどんな恩恵があるかなど)」を調べておく
    • 本項目は、『車輪の再発明(広く受け入れられ確立されている技術や解決法を、既にそれがあると知らずに発明すること)』を防止し、スキルアップの行程をスムーズにする効果がある

 

 

 

 

2「反復練習をする」

  • 本項目は、「その物事に慣れる」という大きな効果を得られる
    • 慣れることによって、「その物事への抵抗感が非常に小さくなり、また、練習で繰り返してきた動作・行動をスムーズに再現できるようになる」という恩恵がある




スポンサーリンク




3「心身のコンディション」に対して、プラスの影響・マイナスの影響をもたらすモノをできる限り洗い出す

スキルを磨くことについてプラスの影響をもたらすモノの例
  • 「充実した睡眠」を取ること
  • 「風邪などの病気」「栄養不良」とは無縁で、健康体であること
  • 「学校や職場での悩み」「私生活での悩み」がほとんど無く、そのおかげで悩みの種がゼロに近い状況

 

 

スキルを磨くことについてマイナスの影響をもたらすモノの例
  • 睡眠不足状態であり、そのせいで集中力がいちじるしく低下している
  • 体調不良であり、そのせいで体力・精神力がかなり低下している
  • 悩みを抱えているせいで、その悩みに思考のリソースの大部分が割かれてしまっている状況

 

本項目の内容はスキルアップの効率を上昇させることに加えて、
本番(試験やコンテストなど、スキルのレベルを公に判定される局面)」
で、自身のパフォーマンス(処理を実行する能力)が下がることを避けて、ベストコンディションで臨むことを実現させます。

 




スキルアップの中盤における、3つの方法

 

 

1「そのスキルの中で、自分の得意分野」を見つけ出してそれに集中する

  • 本項目の一例を挙げると、「文章を書くスキル」と一言で言っても、そのスキルには複数の種類の分野がある
    • 「論文系の、無駄が無い硬質な文章」「エッセー(意の趣くままに感想・見聞などをまとめた文章)」「小説のような、創造的な文章」「特定の事物を、調査したうえで詳細に解説する文章」など
    • 「そのスキルの中で、自分の得意分野」を発見できて集中的に磨くことができれば、他の人達よりも優位に立ちやすくなり、また、そのスキルの得意分野で身を立てることが可能になりやすい

 

 

 

 

2「得意分野と近い異分野」と組み合わせることで、スキルに独自性をもたせる

  • 「〇〇というスキルが優れている人」は、世の中にたくさんいるので希少価値が無い
    • これに対し、「〇〇というスキルと××というスキルの両方が優れている人」は世の中で少数であり、この時点でその人に希少価値が生じる
    • 2つ以上の分野が混ざり合ったスキルは独自性が高く、他者達には容易にマネできないため、そのスキルを将来的にビジネスに活かしたい人には本項目は特に重要




スポンサーリンク




3「スキルの成果」を、他者に見せるようにする

  • 他者に「スキルの成果(他者の目の前で実演したり、ネット上へアップロードしてスキルで出来上がった物を大勢に見せる)」を見せることは、他者からの意見・感想を以後の練習へ反映させることができるため、上達を大幅に加速させる
    • 本項目は、「絵」「小説」「音楽」などの「他者に評価されてこそ意味がある分野」で特に有効
    • 他者からの反響を得られることによって、今後のスキルアップのためのモチベーション(物事を行う意欲)も大きく上がる

 

 

スキル全般には、
「インプットしたことを、アウトプットすること(実際に形にしたり他者に成果を見せること)で、初めてスキルが血肉になる」
という極めて重要な規則があります。

 




スキルアップの終盤における、最後の方法

スキルアップのための主要な方法は本記事のスキルアップの中盤における、3つの方法の項目がその全てであるため、

以後にできるのはその3つの方法を反復しつつ、『基礎能力の向上』を狙うことのみとなります。

 

 

最後は、基礎能力をひたすら高め続ける

  • 「1日あたりにできる量」を、だんだん増やしていく
  • 自分にとって不利な状況(使える時間が少ない日や、少々体調が悪い日など)でも、確実にできるようにする
  • そのスキルを使った行為に完全に慣れる・なじむことによって、心身への負荷を最小化する方向へ持って行く
    • 上記のリストのような行為が、基礎能力を高めることの代表例

 

 

基礎能力を高め続けることで得られる極めて貴重な恩恵




スポンサーリンク



「スピードアップ」

であり、

スピードアップは基礎能力を高めることによって可能なほか、

次の項目によって早めに実現させることが可能です。

 

 

「無駄」を、できる限りはぶくこと

  • 「良い結果(たとえば、これをするとお客が特に喜ぶという特定の要素)」に直結する行為を抽出し、その要点に特に時間と労力を費やす
    • 上記の行為によって無駄をはぶき、「省力化が可能になる」「良い結果を容易に得られるようになる」といった複数の貴重な効果がある
    • 本項目は「どの行為が良い結果につながるかを調べるための、難しい検証作業」「検証用の材料として、たくさんの経験と豊富な見識が必要であること」など、かなりハードルが高いが、そのぶん得られるモノは非常に大きい

 

「高スピードで、課題を確実にこなすことができること」は、
『その人のスキルが非常に高い水準にあること』の重要な指標であり、
また、
早く課題を終わらせることができるようになることは
・自身の人生に、余暇を楽しむ余裕が生まれる(毎日がスキルアップの努力一辺倒という状況は、明らかに不健全)
・時間の余裕ができたことで「改善すべき課題の洗い出し」「得意分野と近い分野を学ぶことで、スキルのさらなる拡張ができる」
など、巨大なメリットがあります。

 

 

スキルアップを続けた先の、最終的なゴールは、




スポンサーリンク



「日常生活の中で、”スキルを使った行為”を片手間に素早くこなせること」

です。

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト




スポンサーリンク



 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました