スポンサーリンク

痩せる才能・ダイエットの才能がある人に共通する3つの特徴

 

「痩せる才能」がある人達に共通する特徴を解説します。

 

スポンサーリンク

痩せる才能・ダイエットの才能がある人達の、3つの特徴

1「その人の食欲が、並~低い」

  • 生まれつき、食欲が普通~小さめであるため、暴飲暴食しなくても心身を平常に保つことができる
  • 「自身の人生で重要視しているモノが、食事とは別のもの」であるため、食事の内容・量はあまり気にしていない、というパターンも多い

 

 

 

 

2「その人の性格・思考スタイルが、ある程度克己的(こっきてき)であること」

克己的(こっきてき)とは、
心の中に起こる衝動・欲望を意志の力によっておさえつける様であること、という意味

 

「だらしない自分」を、許せない
  • 太っていて、だらしない身体をしている自分
  • 「太るような食事習慣・生活習慣」をしている、だらしない精神状態の自分
    • これらを心情的に許すことができない
      「自制心がかなり強いこと」が、痩せる才能がある人達の大きな共通点)




スポンサーリンク




危機・異変に対して、対応が早い
  • 身体が、自身が許容できる範囲を超えて太ってしまった
  • 太ったことで、運動能力が低下したり血糖値が高めになった
    • たとえばこれらの危機・異変に対して、ダイエットを始めるなどフットワークが軽い
      • 太っている人達が楽観的すぎる性格であることが多いのに対して、痩せる才能がある人達は考え方が悲観的あるいは危機意識が強い傾向がある

 

 

「自身の精神を制御すること」が上手い
  • 「不安感」「イライラ感」などを、持ち前のメンタルの強さ・独特の考え方などによって上手くコントロールできる
    • 太っている人達は、上記のようなマイナス感情を安易に暴飲暴食で解消することが多く、そのせいで太ってしまう

 

 

 

 

3「日々の活動量が多い」

  • 日々の「勉強・仕事」「遊び」の、それぞれの活動量がかなり多い
  • その人の習慣で、屋外で歩くことが多い
    • 上記のように活動量が多いと消費カロリーも多くなるため、太りにくくなる




スポンサーリンク




参考:太ってしまっても、その後に痩せられる人達に共通する特徴

  • 本記事の「その人の性格・思考スタイルが、ある程度克己的(こっきてき)であること」の項目を備えていることが非常に多い
    • この項目が『痩せる才能』の中核を為しており、
      この項目さえあれば、強いストレスや悪い環境に身を置いていたせいで一時的に太ってしまってもふたたび痩せることができる
    • いつまでも太っている人達はこの項目がダメである場合がほとんどであり、
      心がデブなままでいるせいで「食事内容を変えようとしない」「生活習慣・運動量を変えようとしない」といった状況になってしまっている

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました