スポンサーリンク

偏見の目・差別を受けやすい血液型・B型の、真の内面の特徴

 

偏見を向けられやすい血液型・B型の性格の本質的特徴と、

B型の人生をより良くするための方法を解説します。

 

スポンサーリンク

「血液型・B型」についての、ネット上の有用意見

 

 

B型は、
「興味があること・執着していること」と「興味が無いこと・執着していないこと」の差が両極端なのが最大の特徴。
なので、「興味があること・執着していること」を極める方向に人生を調整すれば、成功者になる可能性がかなり高くなる。
そして、B型の各個人の「興味が無いこと・執着していないこと」にはほぼ確実に「他者達と歩調を合わせること」が含まれる。

 

B型との初対面時には、がさつ・大ざっぱな性格型だと思いやすいけれど、
長く付き合うと、意外にも繊細・神経質であることが理解できるようになる。
B型の内面はかなりナイーブ(素朴・純真・感じやすい)。

 

1つの場所・コミュニティーに定住して、その場所の他者達に気を遣い続けたり興味の無いことを黙々と続けることは、B型には決定的に向かない。
生活・生計が不安定になってでも、好きなものを追い求めて絶えず動き続ける「旅人」みたいな生き方が、B型にとって最も幸福な生き方だと思う。




スポンサーリンク




「世界一成功した社会主義国」と小馬鹿にされ、集団の和を異常に重視する日本では、空気を読めないB型の立場が悪くなるのは必然。
集団に合わせることを最初から放棄して開き直るか、日本を出て個人で活躍できる国へ移住するか、そのどちらかしかない。

 

B型ですと相手に伝えると、
「あー…、なんかそんな感じだね…」
と相手が苦笑したり目を泳がせる時の、悲しい気持ち。

 

「有能なB型」なら、集団のリーダー役として適任。
・B型は総じてバイタリティーが凄いから
・良い意味で空気を読まないので、集団を導くために非情かつ必要な決断もきちんと実行できる
ただし、「無能なB型」は控えめに言っても燃えないゴミ。

 

国別血液型の割合で何かが見えてくる。
A型比率が多い国 北欧 日本 ドイツ スイス
O型比率が多い国 北米 南米 アフリカ ヨーロッパの中南
B型比率多い国 インド パキスタン 中東 韓国

 




血液型・B型の方が、より良い人生を送る為に推奨される行為

「興味があること」「才能がある分野」を徹底的に伸ばす

  • B型は、好きな物事に対する行動力が極めて高いから
  • B型は、「根が楽観的な性格」「物事のマイナス面よりもプラス面を信じて行動する」という特徴を備えていて、このことは自身の長所を伸ばす強力な原動力になるから




スポンサーリンク




人間関係の基本スタンスは「来る者は拒まず去る者追わず」

  • B型は強度のマイペースであるため、基本的に集団行動に向いていない
    • 「他者達に合わせる気が、最初からゼロに近い」「感情的になりやすいため、他者達から避けられやすい」などの事情から
    • 来る者は拒まず去る者追わずのスタンスで、自分に付いてきてくれる人達だけと無理せずに交友することを推奨

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました