スポンサーリンク

人間関係・人付き合いの才能がある人の特徴と、無い人の違い

 

「人間関係・人付き合いが上手くいく才能」をもつ人の特徴と、

もたない人との各種の違いについて解説します。

 

スポンサーリンク

「人間関係・人付き合いの才能」をもつ人と、もたない人の違い

「他人・他者が好きか好きでは無いか」という点での違い

「人間関係の才能」がある人
  • 他人・他者が好きであり、他人のあれこれについて強い興味を抱いている
    • 上記の事情から派生して、人付き合いが好きであり、他者と行動を共にすることが苦にならない
      • 「自分の方から相手に話しかけたり、遊びの誘いをすることができる」という外向的な特徴を備えていることが多い
    • 人付き合いについての好き嫌いはほぼ生まれつきの性格に左右されるため、『高グレードの人間関係の才能』は得ることが難しい

 

人付き合いの才能が優れている人は、
「人たらしの才能」が備わっているとよく言われていて、
「人なつっこい性格だったり温かい雰囲気なので構いたくなる」「ちょっと抜けている性格なので、心配で放っておけないので構いたくなる」
といった特徴があります。

 

 

「人間関係の才能」が無い人
  • 内向的な性格であり、人付き合いに苦痛を覚えやすい
  • 他人・他者以外の要素(物や情報や社会的ステータスなど)に興味関心が向いている




スポンサーリンク




「利他的な性格であるか無いか」という点での違い

「人間関係の才能」がある人
  • 他者達に対して、協力的
    • 打算ではなく、本心から他者を助けたい・救いたいと思っている
    • 他者にあれこれと振る舞ったり助力することを好み、その結果、みんなに感謝されたり恩返しをされる
  • 気遣い・気配りが上手く、そのおかげで周りの人達から好評価を受ける

 

 

「人間関係の才能」が無い人
  • 他者を助けることや協力することに、興味が無かったり興味が薄い

 

 

 

 

「他者との距離感」という点での違い

「人間関係の才能」がある人
  • 「付かず離れず」「来る者は拒まず去る者は追わず」という、自分にとっても他者にとっても負担が小さくて心地良い距離を保っている
    • 「状況次第」「相手次第」で距離をある程度変化させることができ、そのおかげで相手との良好な関係が維持される

 

 

「人間関係の才能」が無い人
  • 相手と離れすぎていて、関係が希薄すぎる
  • 相手と距離が近すぎて、相手が重く感じることが多い
    • 上記の2つのうちのどちらかであり、距離感が不適切であることが非常に多い




スポンサーリンク




「コミュニケーション能力の程度」という点での違い

「人間関係の才能」がある人
  • コミュニケーション能力がかなり高い
    • 具体的には、「自分の考え・意思を、言葉で簡潔に表現できる」「話し相手の意図を、的確に把握できる」といったことが可能
    • 「相手の心中・事情を察する」「場の空気を読む」といった、非言語コミュニケーションも得意

 

「コミュニケーション能力の才能」が非常に優れている場合、
『初対面の人との間にある心の壁をごく短時間で取り除き、打ち解けることができる』
という特殊な行為が可能になります。

 

 

「人間関係の才能」が無い人
  • コミュニケーション能力が低く、相手に警戒されたり避けられやすい

 

 

 

本記事の、人間関係・人付き合いの才能が自身にあるか無いかを判断することで、
・人付き合いが特に重要になる仕事の、自分の適性の具合
・「恋愛」「結婚」といった、人間関係の才能が要求される行為についての、自分の適性の具合
などを把握することができます。

 

本ブログ推奨の、本の内容を耳で聞く学習サービス「オーディブル」

効率的に読書・勉強をしたい場合、本の内容を耳で聴くことができるサービス「Audible(オーディブル)」がおすすめです。


・朗読アプリ「オーディブル」は、ビジネス書・英語学習教材・小説などの内容をPC・スマホで聴くことができる
・「通勤中」「通学中」「家で家事をしている最中」などに、アプリで聴きながら本の内容を勉強をすることができる
・プロのナレーターや声優が朗読する本をオーディブルで聴くことができる
・あのAmazonが提供しているので安心であり、月額定額サービスで聴き放題なのでお得
・最初の30日間は無料で試用できる

\30日間無料/
Amazonのサービス・オーディブル公式サイト

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました