スポンサーリンク

育ちの悪さが表れる、食べ方や物音など生活での場面

スポンサーリンク

 

親に教育意識が乏しかったり、家庭環境が劣悪だったりで、いつの間にか子どもに染みついてしまう「育ちの悪さ」。

育ちの悪さは他人に不快な印象を与え、社会人同士の仕事の商談では取引失敗の原因にもなりうるので、できることなら直しておいた方がいいと思われます。

「育ちの悪さ」が表れやすい場面について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

育ちの悪さが表れる代表例

 

はしの持ち方

はしの持ち方の正誤は、育ちの良し悪しの目に見えて判る証拠になってしまうので、優先的に直しておきたいところです。




スポンサーリンク



 

 

 

食べ方が汚い

咀嚼音がクチャクチャ鳴る、魚の食べ方が汚い、歩きながら食べる、はしから食べ物をよく落とすなど、食事作法には育ちの悪さが非常に表れやすいので注意です。

 

 

 

大きな音をたてる

「場をわきまえずに声が大きすぎる」「くしゃみの音が大きい」「ドアを閉める音が大きい」などのように、大きな音をたてるのは、育ちの悪い人に共通して見られる特徴です。

 

 

 

相手を不快にする態度




スポンサーリンク



「言葉遣いが荒い」「すぐに他人の悪口を言う」「店員に横柄な態度を取る」など、自制できない態度は育ちが悪い証拠になります。

 

 

その他、育ちの悪さが表れるポイント

 

  • 「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない
  • 「だりー」「ねみー」など無気力さを訴える言動
  • 歯が銀歯だらけだったり、虫歯を治療せずに放置している
  • 「酒」「ギャンブル」「恋愛」の話ばかりする
  • 他人の家へ上がった際に「お邪魔します」と言えない

 




「育ちの悪さ」がおよぼすデメリット

 

育ちの悪さのデメリット
  1. 他人に白い目で見られ、扱いが軽くなる
  2. 「親の顔が見てみたい」と親まで非難される

 

 

育ちの悪さのデメリットは「他人からの印象が非常に悪くなる」の一言に尽きます。

たとえば、ビジネスでの商談で、その人の印象の良し悪しが成約に直結するようなことも多々あります。




スポンサーリンク



社会人にとっては「育ちが悪い」というのは大きなハンデになるので、意識的に直していくのを推奨します。

 




子どものしつけで重要な4つの要素

 

「生活面」でのしつけ

食事面でのしつけを重点的に行う。出した物は元の場所に片付ける・物は壊さないように慎重に扱う、なども大事。

 

 

 

「対人コミュニケーション」でのしつけ

挨拶・お礼・お詫びをきちんと言うこと。他人が嫌がることはしないようにする、などを教える。

 

 

 

「集団のルール」でのしつけ

その場所のルールに従う・集団の規律を乱さない・みんなに協力する・人の輪から外れないようにする、などを教える。




スポンサーリンク



 

 

 

「社会のルール」でのしつけ

公序良俗の精神・他人に貢献することでお金をもらったり認めてもらえることを教える。

 

 

 

しつけのポイントは、「怒る時ははっきりと怒る」ということです。

過度の甘やかしや放任主義は、子どもが「悪い行為」をした時にそれをしつけて直す貴重なチャンスを失っていることになります。

子どもをしかり、「なぜしかられたのか」「次はどうすればいいのか」をはっきりと理解させることが、子どものしつけには重要です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました