スポンサーリンク

お金の為や家族の為…あなたの心を強く支える、4つの働く理由

 

自分が働く目的・理由も無く、ただばく然と働き続けていると、心の支えが無いので精神的に酷く疲れたり、ある日心がぽっきり折れてしまいます。

仕事をする上で心を強く支えてくれる、おすすめの「働く理由」を4種類解説します。

 

スポンサーリンク

働く理由1「お金のため」

 

「働く理由」をお金のために設定することのメリット

  • 仕事はお金を得るため=仕事は自分の欲望を満たすためのお金を得る手段、と割り切ると仕事での多少の困難も受け入れやすくなる
  • 「他者への奉仕」「やりがい」「社会貢献」といったあいまいなものを働く理由に設定しても目的達成が困難だが、お金のためなら目的達成が容易
  • お金のためと割り切ると、仕事のモチベーションを保ちやすくなる
  • お金のためと割り切ると、仕事に私情を挟まないようになり、危険な目に遭うことが少なくなる

 

 

仕事でたくさんお金を稼ぐようになると、生活水準が上がったり、趣味に使えるお金が増えたり、美味しい物を食べられるようになり、満足度の高い人生を送れるようになります。

 




働く理由2「家族を養うため」

 

「働く理由」を家族のために設定することのメリット

  • 妻(もしくは夫)や子どもを支えている、という自負が誇らしく感じられる
  • 家族を築き、維持しているということのやりがいは非常に大きい

 

 




スポンサーリンク



結婚して家庭を築き、子どもをもうけて、子どもを育てていくという行為は、仕事をして多額のお金を稼いでいないととうてい無理です。難易度が高く、やりがいと意義がある、大事な行為と言えます。

自分が働く目的を家族のためと設定することは、日々の仕事と自己の人生に張り合いが生まれてきます。

 

働く理由3「自分自身のため」

 

「働く理由」を自分自身のために設定することのメリット

  • 自分の夢・目標の実現のために働く、という行動は長続きしやすい
  • 自分を大事にした上での職業選択は、自分の才能・特技・願望を活かした仕事に就きやすくなる
  • 仕事では利己的な人ほどお金を稼げる傾向がある
  • 自分の目的のため、という働く理由なら、仕事で多少理不尽な目や嫌な目に遭っても耐えやすい

 

 

自分自身の夢・願望・性格的特徴に合わせて仕事をすることは、自分の望むとおりの人生を歩めることが多くなります。

自分の人生で何らかの大願を持っていたり、際だった才能や、とても好きなことがある人は、ぜひとも働く理由を自分自身のために設定しましょう。

 

働く理由4「社会とのつながりや社会貢献のため」

 

「働く理由」を社会のために設定することのメリット

  • 仕事がもたらしてくれるモノは、お金以外に、社会への帰属意識・社会とのつながりという恩恵が大きい
  • 子どもの頃から今まで自分を助け続けてくれた社会への、恩返し、という気持ちの良い動機が生まれる
  • 積極的に社会に貢献していると、その姿勢をみんなに評価されて、尊敬されたりしたわれて友人が増えることが多くなる

 

 

一生働かなくても良いだけのお金を持っていても、会社で会社員を続けたり、バイトのような軽い労働に従事する人が多い、というのは有名な話です。

労働を通じて得られる人と人との繋がり、社会に貢献しているという事実と自覚も、仕事をする理由として非常に魅力的です。

 

働く理由についての、ネット上の重大ヒント

 

いくら自分が好きな趣味でも、毎日毎日それをやっているとすぐに飽きて嫌になる。
日々仕事をして適度に大変だからこそ、初めて趣味が趣味として価値を持つようになる。
娯楽を引き立てるための要素として、仕事は重要。

 

毎日が日曜日状態だと、1ヶ月程度で焦燥感にかられるようになり、
すぐに鬱屈した気分の毎日がやってくる。
働いていて、オンとオフがあるメリハリのある日々の方が、心がよっぽど楽だよ。

 

「労働が人生においてマイナスである」という常識を捨てろ。

 

「仕事は、お金を稼ぐために仕方無くするもの」
「楽な仕事、楽しい仕事なんか無い」
って思い込んでいると損するよ。
この世には星の数ほど仕事の種類があるし、自分の能力や立ち回り次第では、やりたい仕事に就ける。

 

おっさんになるまでにやっておくべきことは
「自分は、何のために働いているか?」
という疑問の答えをはっきりさせておくこと。

これをやっておかないと、30代半ばくらいから「自分は、本当にこれで良いんだろうか…」と不安な日々が続くようになる。

 

20歳を越えた大人が、両親と同居していても、
あれこれ干渉されるのがうざったくて仕方がないようになる。
これを解決するには、仕事をしてお金を稼ぎ、独り暮らしをして自立するしかない。

 

突然立ち止まり、人生の意味を悶々と考え出したりすると、
その後の結果はほぼ100%が現状よりも悪いものになる。
それを防止する意味でも、日々忙しく働くことが必要。

 

幸福とは、その人間の希望と才能にかなった仕事のある状態をさす。
不幸とは、働くエネルギーがありながら、無為な状態にあることをさす。

 

やりたいことで稼いでいく生活は、一部の才能がある人以外には難しい。
だとしても、「自分の得意な能力を発揮できる種類の仕事を選択すること」は難しくない。
自分の力を発揮できる種類の仕事を見つけて働いた方が、成果が上がりやすいし、精神衛生にも良い。

 

働かないニート達が、働かない理由は、
労働したくないというものよりも、面接が恐いとか大勢に囲まれる職場が恐い、という理由の方が多いと思う。
なので、自宅で独りで働ける方法を模索してみてはどうだろうか?ネットが利用できれば色々と選択肢はある。

 

働かないニート達がどんな精神状態になるか知ってる?
社会が悪い!国が悪い!自民党が悪い!総理が悪い!中国韓国が悪い!
って毎日毎日ネット上でわめいているんだよ。
親に飼われるみじめな毎日のせいで、鬱憤が溜まって性格がゆがんで、エネルギーの使い方を完全に誤るようになる。
そんな風にならないためにも、人間は働いて自立しないといけない。

 

自分の力でお金を稼ぎ、自活する、というのは
自分の自尊心と人生を守る上で極めて重要。
親に養ってもらうしか生きるすべが無い人は、生殺与奪を全て親に握られている、極めて危うい状況。ペットとかと同じ状況。

 




スポンサーリンク



海外の国民と違う、日本人の特性は、
「何のために生きるか、何のために働くか、という哲学がなさ過ぎること」

そのことをきちんと自覚し、「自分は何のために働くか」の問いの答えを意図的かつ早急に設定するべき。

 

まず最初に、働くことの意義とメリットを知ろう

 




スポンサーリンク



ネット上には、ブラック企業情報や、会社員を社畜と読んで小馬鹿にする風潮がまん延している。

これらの情報と雰囲気に毒されてしまうと、社会へ出て働くことそのものに恐怖を覚えるようになってしまいかねない。

仕事には、面白いこと・有意義なこと・生きるために不可欠なことなどなど、多くの意義とメリットがある。

その意義とメリットを知らないで、いやいやな気持ちで仕事に従事している人は、仕事が「穴を掘って、また穴を埋める、というのを延々と繰り返す作業」のようにしか感じられなくなってしまい、心が極めて危険な状態へと追い込まれる。

まず最初に、働くことの意義とメリットを知って、自分が働くことに意味はあるんだと自覚することから始めよう。

 




仕事をすることの5つのメリット

1「仕事は、人生にはっきりとした方向性をもたらしてくれる」

 

仕事に就いていると、「この技術を習得しよう」「会社での出世を目標に仕事に打ち込もう」「年収○○○万円を目指して仕事を選ぼう」といった具合に、数々の目標が生まれる。

1つの目標を達成すると、次の目標が生まれ、その繰り返しとなる。

その繰り返しは、大局的な視点からすると、人生にスタートとゴールという方向性をもたらしてくれる。

進むべき方向も分からずに道に迷っている状況は、不安と焦りと混乱を招く。それを考えると、仕事によって人生に明確な方向性がもたらされることは、安心感が得られるということになる。

 

本項目の追加アドバイス

  1. 「最終的に、こうなりたい」という自身の理想像を早めにもとう。ゴールの位置と方向が固まれば、ゴールまでの道すじも浮かび上がってくる。
  2. 「仕事はお金を稼ぐためにするもの」という意識を超えた、「みんなの役に立ちたい」とか「その業界の発展に貢献したい」という人生を賭けるレベルの大目標を抱くことができれば最高

 

 




スポンサーリンク



 

2「仕事は、『自立』をもらたしてくれる」

 

仕事は、上記のように人生にはっきりとした方向性をもたらしてくれる。

そして、その仕事を長年続けてきたという「職業人としての誇り」が、自分と他人とを明確に区別して、自立するための基礎となってくれる。

そして何より、仕事をすればお金が得られる。親元を離れて一人暮らしをする意味での自立や自営業で稼いで会社から自立できることなど、お金は数々の自立をもたらしてくれる。仕事とは、自分の手で自分用の人生を創るための原動力といっても良い。

日本を含めた先進国では「お金を持つ者ほど強い、という資本主義」が社会の基本ルール。仕事をして、たくさんのお金をもつということは、社会においてより強く、より自由な人へと変わっていくということだ。

 

本項目の追加アドバイス

  1. 仕事をして、お金を稼いで、自分の力で暮らせている自分を立派だと感じよう。その自負が、自信と、仕事への愛を生んでくれる。
  2. お金は、モチベーションを生むための優秀な源泉となる。お金という動機のために仕事をし、同時に、仕事をしてお金を得ることを楽しもう。お金を稼ぐことは楽しい。

 

 

 

3「仕事は、続けていると『上の世界』を見せてくれる」

 

それがどんな仕事であれ、何年も、十何年も続けていると、続けるほどに「自分と同じ時間だけ続けた人」の数が減っていく。飽きたり、合わなかったりで辞めていくからだ。

稀少なプロフェッショナルとなったあなたは、その業界の「上の世界」をのぞくことが許されるようになる。

業界の最前線で活躍する一流人、業界の内部が起点となって世間の流行が形作られる仕組み、システムの改革が世界全体へとおよぼす変化を、その目でじかに見ることができるようになる。

もしかすると、あなた自身がその業界の第一人者となって、社会へ変化をもたらす重要人物になれるかもしれない。

気まぐれにちょこちょこやるようなただの趣味では、このようなプロになるのは難しい。生計手段として十何年も続ける仕事だからこそ、初めて到達できる世界がある。

 

本項目の追加アドバイス

  1. 最高の働き方は、今までやっていた趣味や習慣がそのまま仕事となり、これまでのライフスタイルを多少変更して稼いでいるだけなので精神的負担がほとんど無い、というもの。そして、仕事になったことでよりいっそうスキルが磨かれて、上の世界を見ることができるようになったというパターンが理想

 




スポンサーリンク



 

 

4「仕事は、信用と、社会とのつながりをもたらしてくれる」

 

賃貸契約を結ぶ際や、消費者金融から借金をする際などに、「仕事に就いている」ということは信用の証となって成約しやすくなる。

無職は信用されにくかったり、時には危険人物として見なされることもある。

そして、事業で成功して一生不自由しないお金を手にしていても、お金欲しさとは無関係に仕事を続けたり、アルバイトやパートのような気楽な雇用形態で働き続ける人は多い。その理由は、仕事が社会とのつながりを維持してくれるから。

仕事は、社会的信用と、社会への帰属という状況をもたらしてくれる。「社会の一員なんだ」という自覚と状況は、精神の安定を維持するのに不可欠といっていい。

 

本項目の追加アドバイス

  1. たしかに仕事は社会的信用をもたらしてくれるが、肩書きだけにこだわって、医師や弁護士や官僚のような名誉ある職になろうとするのはおすすめできない。それでは虚栄心に突き動かされるだけの人生となるし、人生の大部分の時間を仕事が占めるので興味のない仕事に従事していると人生そのものがつまらなくなるから。

 

 

 

5「仕事は、最高の暇つぶしになってくれる」

 

何もすることがない暇な時間というのは、かなりの苦痛となる。それこそ、牢獄の中で延々と何もしない時間を過ごさせるのが、犯罪者への刑罰となっているほどだ。

そして、どんな娯楽も、それを毎日やっていては飽きるし嫌になる。仕事をしていて、体が疲れていたり、仕事との時間を切り替える意味があるからこそ、たまにする娯楽の快感がより強くなる。

何十年も時間がある人生の、暇をつぶす効果がある仕事はありがたいと考えるべきかもしれない。

これまで解説してきたように、仕事は人生に方向性をもたらしてくれたり、お金がもらえて自立できたり、自分を高める効果があったりと、数々の意義とメリットがある。

仕事は娯楽を引き立てる効果があり、自身へ刺激を与えて自分を良い方向へと変えてくれる。お得で楽しい、最高の暇つぶし。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました