スポンサーリンク

長い目で見ると、就職&転職ではお金よりもやりがいの方が重要

スポンサーリンク

 

就職・転職するにあたって、「お金」を取るか、それとも「好きなこと・やりがい」を取るか、どちらを取るか迷う方は非常に多いと思われます。

色々な観点から考察するに、仕事にはお金よりも、やりがいの有無の方が重要ということが分かったので、そのことを解説します。

 

スポンサーリンク

お金よりもやりがいを重視する人が多い

 

あなたは「仕事内容」と「お給料」のどちらを重視している?
  • 「仕事内容を重視している」:63%
  • 「お給料を重視している」:37%

2015年12月、ウートピの世論調査結果

 

 

「仕事内容を重視している」と回答した人達の意見は、

  • その仕事を続けるためにも、少しでも自分が興味のある内容でないと厳しい
  • 仕事が忙しすぎると大変になるから
  • ブラック企業を避けたい

といった消極的理由が大部分を占めていました。しかし、




スポンサーリンク



  • 仕事にやりがいがあると、人生がうるおう・充実する

といったやりがいを重視する意見も少数ながらありました。

 

 




仕事には金よりも「やりがい」の方が必要な理由

 

金よりもやりがいを重視すべき理由
  • いくら収入の良い仕事でも、欲しい物ややりたいことにあらかたお金を使った後は、お金の使い道が極端に少なくなるので、「やりたくはないけど、収入は高い仕事」のメリットがどんどん無くなっていく
  • 日本では1日10時間程度労働をすることが決して珍しくはないので、1日の大半を占める仕事の内容に満足感を感じられないと精神を病む危険が高い
  • 給与額の低さという理由よりも、「やりがいの無さ」「仕事が自分に合わない」という理由で転職する人が圧倒的に多い
  • やりがいの無い仕事・興味の無い仕事に就いていると、仕事で受けたストレスを解消するためにお金を浪費することが多くなる(やりがいを感じる仕事に就いていれば、こういうことはほとんど起こらない)

 

 

 

やりがいのある仕事の特徴
  1. 自分がその仕事内容・業界に興味をもっている
  2. その仕事内容が、自分の生き方・ライフスタイルと協調できている
  3. 自分の業績が給与額・収入に反映されて、実入りが上がっていく
  4. 顧客に注目されたり感謝される機会が多い
  5. 社会への寄与・貢献が大きい

 

 

 

ブログ管理人が「なるほど」と心底うなった、天職についての明察コメント

 

天職って、やりがいだとかそういうことじゃなくて
自分の生き方とか人生観とか、そういった姿勢みたいなものと協調できるものを言うんだと思う。
いわばその職から何かを得られるからどうのというんじゃなく
自分という存在・パーソナリティを仕事と重ね合わせることができる、同一視できるような
ものを言うんだと思う。
つまり社会的な仮面と内側に眠る無意識が溶け合って一つになることで、
分裂していたものが統合されることを言う。
「私」という個人が生きる事が仕事をするということになる。
生きるために仕事をするんじゃなくて、生きるということが仕事をするってことになるんだ。
そんなふうに思えるのが天職だよ。

 




仕事とやりがいの関係についての、ネット上の貴重意見

 

他人から求められる感覚をはっきり自覚できるタイプの仕事
やりがいを得やすい。

 

会社員として働き始めてから初めて気づいたけど、
「やりがい」「勤務地」「実際の有給取得」「残業時間」
重要なのはこの4つだけ。
年収はどうでも良い。

 

やっていて、疲れを感じにくい・疲れない仕事が、その人の天職。

 

自分の努力量・成果が、そのまま収入のような結果に反映される仕事は
やりがいを得やすい。
自分の能力次第で給与額が上がる、歩合制の営業とか、自営業とか。

 

自分に向いている仕事を発見できてそれに就けた時、
人生は毎日が楽しくて楽しくてしょうがないものへと変化する。

 

本当に、自分が楽しい仕事が一番だよ。マジのガチでね。

 

工場のライン作業みたいな単調作業では、
変化も面白みもないから、やりがいをもったり見いだすのは無理がある。
「自分に刺激を与えてくれたり、自分を変化させてくれるタイプの仕事」が面白い仕事の必要条件。

 

若い時の2~3年を職探しや転職で犠牲にしてでも、
自分が納得が行って一生楽しんでやれる仕事を探し出すべき。
年を取ってからではもう他の場所へ行けなくなるから、そのままつまらない仕事に一生束縛されるはめになる。

 

仕事は、人生の物事の中で、最高の暇つぶし。
良い暇つぶしになるだけでなく、自立するためのお金までもらえ、希望する職に就ければやりがい・社会貢献の実感・他者からの尊敬の念まで得られる。
暇で暇で鬱々とした日々を送っているニート達は、この事実を一度ちゃんと受け止めてみてはどうかな?

 

仕事で受けるストレスの大部分は、対人関係によるもの。
なので、人と関わる場面が少ないタイプの仕事が、実は一番楽な仕事。
在宅で独りでできる、自分の才能・個性を活かした仕事とかね。

 

「俺は趣味に生きる。仕事はあくまで生計手段だと割り切る」
って人がけっこう多いけれど、
日本という国で会社勤めをする場合、
仕事でくたくたになった状態で22時頃に帰宅、趣味どころか食事と風呂以外に何もできない、
って状況へ追い込まれることがほとんど。
仕事を重視せず趣味に生きる、という選択は確実に誤り。
趣味じゃなくて、やりたい仕事をやれるように人生を選択しろ。

 

男にとっては、仕事は人生の中核を成す存在。
なので、仕事にやりがいを見いだせないと、必然的に人生そのものにやりがい・生き甲斐を見いだせなくなり、
高確率で病むことになるので注意。

 

「仕事での、自分の頑張り具合」と「成果の収入」
がきちんと連動している、という事実が重要。
連動していれば、自然とやりがいが生まれてきて維持される。
連動していないと、仕事に対するモチベーションがだだ下がりとなる。

 

「仕事が楽しみならば、人生は楽園だ。仕事が義務ならば、人生は地獄だ。」
労働 について、アレクセイ・マクシモビッチ・ペシコフ

 

転職を成功させるためにみんなが使っている、人気転職サイト

リクナビNEXT

◎リクナビNEXTにはホワイト企業の求人が多い
◎リクナビNEXTが取り扱っている求人の約85%が、他の転職サイトでは取り扱っていないリクナビNEXTが独占している優良求人
○転職者の約8割がリクナビNEXTを利用しており、安心できる転職サイト
○利用者登録していると、優良な企業から就職のスカウト・採用のアプローチがかかる
○自身の強みを5つ見つけてくれる「グッドポイント診断」がリクナビNEXTのサイト内で無料で受けられる





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました