スポンサーリンク

介護士…入居者達のお世話で心身に深刻な負担がかかる仕事

スポンサーリンク

 

「介護士」という仕事の仕事内容や年収、よく取りざたされる介護士の待遇の問題点などについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「介護の仕事ってどうなの?」へのネット意見

 

介護を含む、福祉系の仕事は、
・性格が内気
・人疲れしやすい気質
の人間はどうしても長続きしない。
他人を助けることに大きな意義を見出す、聖人気質がどうしても必要。

 

介護の仕事は、
「他の全業界で通用しなかった人達の、最後の働き場所」
というイメージがあるし、
実際、それが一部真実である可能性も高いと思う。

 

・工場作業
・営業
・土木作業
これらの、みんなから避けられる仕事の過酷な部分を凝縮したような仕事が、介護。
しかもこれらの仕事よりも給与額が低い。
介護が最悪級の待遇の仕事であることは、まず間違いない。

 

介護の仕事を続けるモチベーションも、保ち続けることが難しい。
自力で食事も移動も排泄もできなくなった瀕死の高齢者を、
不自然に何年も生かし続けていったい何になるのか?
これは完全に国の医療費の無駄ではないのか?
みたいに思えてきて、介護士側もメンタルを病み始める。

 

介護という仕事がキツい理由は、
・老い
・ボケ
・病苦
・孤独
このあたりの、人生で決して向き合いたくないものと、老人介護を通して毎日向き合わざるを得ないから。

 

認知症の入居者から殴打のような暴力を振るわれても、
介護士側は泣き寝入りが基本。
ベッドから勝手に移動して廊下で転倒したり、介護士への暴力が空振りして転倒しても、介護士側の責任問題になる。
介護士側の権利と立場があまりにも弱すぎて、
現場の介護士達はやってられない気分だと思う。

 

介護の現場は、
「気が強くて、普段の業務でストレスが溜まっている、おばさん介護士」
ばかりだから、新入り介護士にとっては色々と辛い。
並の人間なら、彼女たちにいびられてすぐに辞めてしまう。

 

田舎だと、ハローワークや求人サイトに登録されている仕事が、
介護とか工場作業とか物流とか自衛隊のようなものしかない、
という場合が非常に多い。
その状況が嫌なら、都会へ出稼ぎに行った方が良い。

 

介護士の業務上、
・腰(数十kgの体重の入居者をベッドから抱き起こしたり、支えて歩かせる)
・精神(職務のあれこれでメンタルが悪化する)
の2つを非常に壊しやすい。
どっちを壊しても、以後はまともに仕事ができなくなる。
特に、腰を壊したらほとんどの仕事ができなくなる。
介護の仕事は思っている以上に危険。

 

最近、
某大手保険会社が、あらかじめ介護事業を買収して、
リストラしたい社員達を介護施設職員へ転属させ、
みんな介護を嫌がって自主退職するので、
保険会社側が支払う退職金が大幅に割安になる、
という悪魔みたいなリストラ方法を開発した。
社会における介護職という存在は、ババ抜きにおけるババのようなものになってきている。

 

福祉とかボランティアの世界って、
「善意をもって、無償で奉仕しましょう」
って考え方が、業務の中で強い影響力をもっている。
介護の仕事も、もろにそれだからキツい。
そういう、宗教じみた考え方は、合わない人達には徹底的に合わない。
しかも介護士まで十分な額のお金が回ってこないし、
老人達に奉仕し続けて精神がやられる。

 

「将来、介護職に就きたくないなら学生時代に勉強を頑張らないと」
「一生懸命就活したけれど、介護にしか内定がもらえなくて、辛すぎる」
こういう考えが若者や求職者の間で一般的に見られる時点で、
介護という仕事には問題が山積みだし、その問題の解決が必要。

 




介護士の仕事の年収と、仕事内容

 

介護士の平均年収

378万円

平成27年賃金構造基本統計調査より

 

 

 

介護士の仕事内容




スポンサーリンク



  • 施設入居者の介護
    • 食事や入浴や排泄や着替えの介助
    • ベッドから、車椅子や便座へ移動することの介助
  • 入居者の部屋の掃除や、衣類の洗濯
  • 入居者の話相手や趣味の相手を務める
  • 入居者の家族との、介護の方針に関する面談

 

 

 

介護に関わる3つの職種

介護士

介護の現場では、介護士は「ヘルパー」と呼ばれる。

介護士は、特定の資格を取得していなくても就くことができる。

 

 

 

介護福祉士

介護福祉士の国家資格を、資格試験に合格して資格取得することが介護福祉士に就くための条件。




スポンサーリンク



介護福祉士になると、介護の現場の責任者になることができる。

 

 

 

ケアマネージャー

介護支援専門員実務研修受講試験に合格することがケアマネージャーに就くための条件。




スポンサーリンク



ケアプラン(介護スケジュールのこと)の作成をしたり、介護保険が適用されるサービスを受ける際の支給限度額や利用者負担額の計算などを行うことができる。

 




介護士の仕事の3つの難点

 

1「介護士の心身の負担が大きい」

  • 施設入居者の高齢者が起こす、予測が困難な数々のトラブルの処理に追われる
  • 入居者から殴られたり噛みつかれたり、暴言を吐かれることもよく起こる
  • 汚物の処理のような、非常に嫌な業務もごく当たり前に起こる
    • 汚物の処理業務のせいで、感染症にかかる可能性も高い
  • 入居者へ笑顔で接し続けるため、だんだん心的エネルギーが枯渇の方向へ向かっていく
  • 夜勤のシフトに入らざるを得ないことが多く、生活のリズムが不規則になりがちで体調を崩しやすい

 

 

 

2「職場での人間関係が非常に悪い」

  • 施設入居者から暴力・暴言を受けることがかなり多い
  • 職場は女社会であるパターンが多いため、職員間の人間関係がギスギスしている
  • 入居者の家族から理不尽なクレームを突きつけられることがある
  • 介護士(ヘルパー)は就職する敷居が低いため、社会不適合者的な人材が多い傾向があり、職員間でトラブルが起こりやすい

 

 

 

3「介護士の給与額が低い」

  • 介護士の給与は介護保険制度が財源であり、そのせいで給与額の上限が国によってはっきりと定められている
  • 上限が定められているうえに、介護保険制度で税金として集まるお金も潤沢とは言えない状況のため、
    必然的に介護士の給与額は低くなってしまう
  • 介護士の待遇改善目的で国から施設へ支給されたお金は、現場の介護士に回すか回さないかは施設経営者の任意であるため、
    施設によっては経営者がほとんど補助金を持って行ってしまう
    というのが、介護士の給与額が低い理由

 

 

転職を成功させるためにみんなが使っている、人気転職サイト

リクナビNEXT

◎リクナビNEXTにはホワイト企業の求人が多い
◎リクナビNEXTが取り扱っている求人の約85%が、他の転職サイトでは取り扱っていないリクナビNEXTが独占している優良求人
○転職者の約8割がリクナビNEXTを利用しており、安心できる転職サイト
○利用者登録していると、優良な企業から就職のスカウト・採用のアプローチがかかる
○自身の強みを5つ見つけてくれる「グッドポイント診断」がリクナビNEXTのサイト内で無料で受けられる





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました