スポンサーリンク

今の会社を辞めると決意したきっかけ原因集

スポンサーリンク

 

「今、勤めている会社を辞めると決意したきっかけ」について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「この会社を辞める」と決意した瞬間集

 

同僚や上司に、自分が無視されたりいびられ続け、
職場の人間関係に耐えられなくなった時。

 

同じ作業内容を毎日毎日、延々と続けることの、
自身のロボット感についに耐えきれなくなった時。

 

親族経営の会社に、そうとは知らずに入社してしまい、
親族ではない自分では一生役職に就けないと理解してしまった時。

 

時代遅れの陳腐な仕事内容をずっと強要され、
会社の性質上、数年後も同じ仕事内容をすることが確定していて、
このまま会社に残っていても自分が業界の変化に取り残されると確信した時。

 

とにかく、心身が疲れ切ってしまった。
もう一歩も動けない・先へ進めないという思いが心を完全に支配し、
心が折れてしまった時。

 

上司からパワハラをされ続け、
この会社と今の生活に心底うんざりした時。

 

自分が仕事で本来やりたいことと、
実際に仕事でやらされていることの無関係さに、
精神が耐えられなくなった時。

 

「定年まであと○十年働き続けないといけない…」
という考えが頭から離れなくなった時。

 

・社員一同でのラジオ体操
・朝礼
・社訓の唱和
これらの学生的な恒例行事に心底嫌気が差した時。

 

会社からの、社員達に対する誠意・感謝の気持ちみたいなものが
一切感じられなかった時。
一生懸命働いている社員の完全な片思い状態だと冷静に理解して、
会社への熱意や忠誠心が一気に冷めてしまった。

 

・定期的な会社の飲み会
・会社社員達によるバーベキュー大会
・会社社員達によるボーリング大会
こういう行事に対し、
「うわぁ~~……」
という感覚しか残らなくなった時。

 

自分が日常的に抱く感情が
・怒り
・憎悪
・敵意
・イライラ感
・悲しみ
これらが感情の100%を占めるようになり、
良い部類の感情が消え失せた時。

 

自分と似た状況・能力で入社した先輩社員が
出世もできずに会社に搾取され放題の状態で、
自分の未来を察した時。

 

自社が完全にブラック企業であることを確信し、
いくら上司に訴えたところで、
現在の腐った労働環境は一切変わらないとはっきり理解した時。

 

周りの同僚達が
「有給を取ったらみんなに迷惑がかかるから有給を取っちゃダメ」
という自分たちの首を絞めるルールに何の疑問も持たずに従っていて、
同僚達の頭の悪さにうんざりした時。

 

「経営の改善方法=社員の賃金引き下げを筆頭にした、各種のコストカット」
という考えしか頭にない企業経営者と役員達を前にした時。

 

朝、出社のために家を出て、
晴れ渡った綺麗な青空と白く美しい雲を見上げて、
「死にたい」と感じる、
自身の異常な心境に気づいた時。

 

自分が勤めている企業の社長に、
色々な意味でついて行けない。
言動や構想がぶっ飛び過ぎていてたり、
社員を消耗品としか考えていなかったり、
この社長について行って自分の未来も成功するイメージが全然湧かない時。

 

会社と仕事が嫌で嫌で仕方なく、
その影響で、
起床時に布団から出られなくなったり、
出社前にトイレでおう吐することが日常化した時。

 

「自分に本当に合っていそうな仕事」
を見つけてしまって、
それをやりたくてうずうずしている日々が続いた時。

 




今勤めている会社を辞める前に、やっておきたい5つのこと

 

1「この会社に就職して、失敗だったと思うポイントを全て洗い出しておく」

  • 「業務内容に興味を抱けなかった」
  • 「業種が、典型的な斜陽産業で将来性が無かった」
  • 「職場の人間関係が苦痛だった」
  • 「会社の給与額や福利厚生に強い不満があった」
    などが失敗ポイントの例

「何がどう失敗したせいで、自分は会社を辞めざるを得なくなったのか?」という原因をはっきりさせておかないと、

次の就職先でも同じ失敗を繰り返す状況になりがちなので危険です。

 

 

 

2「失敗した原因から、次の仕事に希望する条件を割り出しておく」

  • 「この仕事をしたい!」と思える、自分がやりたい仕事や自分の性格型に適合した仕事
  • 給与額は下がっても良いから、もっと楽で労働時間が短い仕事
  • 給与額は下がっても良いから、自分がやりがいや仕事をやる意義を感じられる仕事
    などが転職時の希望条件の例

 

 

 

3「本当に今の会社を辞めて良いのか?を再考する」

  • 新卒入社した会社を、3年以内のような短期間で辞めてしまうと、再就職のための企業面接で大きなマイナス評価を受けると言われている
  • 日本では転職市場が未発達なせいで、よほどの高学歴か有用な資格や特別なスキルが無い限りは、
    転職先では高確率で年収の額や各種の待遇がグレードダウンしてしまう

「今の収入額の水準や、生活水準を下げたくない」という思いが強い場合、

現在の勤め先に多少の不満はあっても我慢して勤務し続けることが必要なこともあります。




スポンサーリンク



 

 

 

4「会社を辞める前に、できれば他の会社の内定を確保しておく」

会社を辞めた後、無職状態のまま転職活動をしていると、

面接を受けている企業からあまり良い印象を抱かれなかったり、

無職期間がずるずると長引いて経歴上での空白期間が拡大して再就職が困難になったり、

最悪の場合は貯金が底をついて実家に帰らざるを得なくなります。

 

 

 

5「会社での人間関係に強い抵抗感があるのなら、在宅仕事も視野に入れてみる」

  • たとえば、もともとプログラマーの仕事に就いていたなら、在宅でフリーランスのプログラマーの仕事ができる
  • PCとネットを使って、アフィリエイトブログを構築して収入を得る
    といったことが在宅仕事の例

今の会社をどうしても辞めたいほどに精神が追いつめられる理由の大部分は、職場の人間関係の問題であるとよく言われます。




スポンサーリンク



「仕事上で関わる人達とのいざこざが最大のネックで、仕事を続けられない」という場合ならば、

他者と関わる機会が非常に少ない在宅仕事も選択肢に入れてみるべきです。

 

転職を成功させるためにみんなが使っている、人気転職サイト




スポンサーリンク



リクナビNEXT

◎リクナビNEXTにはホワイト企業の求人が多い
◎リクナビNEXTが取り扱っている求人の約85%が、他の転職サイトでは取り扱っていないリクナビNEXTが独占している優良求人
○転職者の約8割がリクナビNEXTを利用しており、安心できる転職サイト
○利用者登録していると、優良な企業から就職のスカウト・採用のアプローチがかかる
○自身の強みを5つ見つけてくれる「グッドポイント診断」がリクナビNEXTのサイト内で無料で受けられる



コメント

タイトルとURLをコピーしました