スポンサーリンク

努力する才能が無い人にありがちな特徴と、努力成功のコツ

 

努力の才能が無くて努力ができない人達にありがちなことと、努力を成功させるための重大ヒントについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

努力する才能が無い人達のなげきの声

 

俺はどんなに好きなことでも長時間は無理。飽きる。
好きなことでも長時間は無理なのに、苦痛を伴いやすい努力をずっと続けている奴ってどうなってるの?

 

努力できる奴には努力する用のエネルギーが備わっている。
俺にはそのエネルギーが無い。

 

実際、努力できることって才能だろ。
その分野で何の素質も無い奴は1日10時間も努力を続けられない。苦痛で苦痛でしょうがないから。

 

努力する才能に恵まれた連中が「努力できないのはやる気が足りないから!」ってしかってくるんだけど、
俺みたいに努力できない劣等生からすれば、努力できるのは十分才能だと思えるんだよね。
自分ができるんだからお前にもできるはず!っていう個人差を無視した考え方はやめてほしい。

 

ろくに結果が出たこともないのに
それでも努力の価値を信じて努力し続けるのってすごく難しい…難しいというより不可能に近い。

 

「持って生まれた特質」っていう意味なら努力は才能だろう。
たとえば、発達障害のADHDを抱えている人はいちじるしく集中力に欠けてじっとしていられないから努力ができない。

 

無欲すぎて欲しいモノが無いから努力する動機も、努力する気も無い。
人生詰んでる。




スポンサーリンク




そもそも、努力ができたらニートになんかなっていない。俺はもう俺の事を諦めた。

 

仕事辞めてニートに復帰。
「将来どうするの?」と問い詰める母親に
「低賃金の派遣で搾取されるくらいなら労力を腐らせた方がまだまし。努力嫌いの俺は競争社会に向いていないみたいだ」
と言ったらあきれ果てられた模様。

 

集中力が無いから俺はいつもダメ…どうしたら努力家になれるんだろう。

 

努力する才能が無いせいで努力できない。
俺は運が悪かっただけで、俺は悪くない。

 

自分が秘めていた才能を活かす方向へたまたま人生が進まなかったか、
もしくは努力する才能が欠けていただけ。

 

1つの事に狂ったように打ち込める学生や会社員じゃないと食っていけない現代ってひどくない?
努力するのがデフォルト、努力できない人は社会には要りません、みたいな時代。

 




努力できない原因を的確に指摘する声

 

努力できるかは脳の作りの問題。
飽きない性格・耐え忍ぶ性格、これらはどうしようもなく脳の作りで差が出る。

 

努力する才能が無い人を見ていれば、どうしてその手の人達が努力できないのかがよく分かる。
要するに、脳の機能が低いせいで忍耐とか継続とかが一切できない。

 

「人のせいにして自分は何も努力しない」っていう劣悪な性格もこの世にはたしかに存在している。
そういう性格に運悪く生まれついてしまうと、努力できる可能性はほぼ完全に閉ざされる。

 

ある才能を時間をかけて開花させるには、
その前提として「努力する才能」をもっていることが絶対不可欠の条件。
なので、努力する才能が無い人は何をやってもダメ。

 

漫画やアニメの創作系分野では、現代では努力描写はウケが悪いから極力描写されない。
そのせいで、異世界転生・覚醒・幸運などで都合良く超パワーを授けてもらうみたいな感じになっている。
そういう創作物を見て育った世代は、そもそも結果を出すのには努力が必要ってことさえ理解できていないんだろう。

 

「努力なんか意味ない」って言っている奴らは、到達すべき目標地点が無いんだよね。
がむしゃらに汗水垂らせば努力してる!って思い込んで、
効果の低いルーチンワークを繰り返して、努力が実らずに爆死。
目標地点が無いんだから努力が実るわけ無いだろ。

 

ネット世代は、ネットで「人生のネタバレ」が進んでいるよね。
それで、待遇の悪い世界へは近づこうとせず、そのくせ上へ行くための努力もしないから、行き場が無くなって人生が詰んでいく。
日本には、国民全員が豊かな人生を送れるほどの余力も資源もないんだっつーの。

 

努力できない=自制心がない、ってことだから、
自制心が無いなりの人生プランを作っていくしかないのでは?

 

努力できる=高い集中力&高い持続性をもっている、
と考えると、普通に努力できることは才能だろ。

 

努力の才能が無い人の3つの特徴

1.能力不足や運の無さのせいで人生における成功体験がほぼ無い

 

「努力する→成功する」という因果関係を自分の人生で実体験していないと、努力の意義や効果を感じ取ることができない。

能力不足や運の無さのせいで成功した事がほぼ無いと、そのうち努力に何も期待しないようになってしまう。

 

 

 

2.効果を出すために必要な物事をつかむことができない




スポンサーリンク



 

10も100も1000もある努力用選択肢の中で、「結果に直結する正解の努力用選択肢」をピンポイントで選び取るのは、実は相当に難しい。

長年の努力経験によって数々の試行錯誤を経たとか、卓越した洞察力が無いと、正解の選択肢はなかなかつかみ取れない。

そして、正解の選択肢をつかみ取れない人は的外れな努力・明後日の方向の努力を続けてしまうので結果が出せず、そのうち努力が嫌になってしまう。

 

 

 

3.知性がイマイチ

 

ブログ管理人の経験上、「知性の高さ」と、「精神力の強さ」「先見性の高さ」「忍耐力の強さ」は密接な関係があるように思われる。




スポンサーリンク



知性が高い人は、未来の目標を明確に見据えて我慢強く先行投資的に努力をするのに対し、知性が低い人は、目先しか見えておらず享楽的・刹那的で我慢や努力が苦手、という傾向があるようだ。

 




努力についての重大ヒントを伝える、ネットの言葉

 

何か「貯まる」努力をしよう。
知識・資格・信用・人脈・お金・技術・仕事の実績、何でもいい。
自己満足で終わるだけの何も貯まらない行為は避けること。

 

誰にでも向き不向きがあるので、できるだけ早い段階で自分に向いている分野を見極めて向いていない分野は切り捨てた方が良い。
向いていない分野で頑張っても芽が出ず、周囲に無能の烙印を押される。

 

世界的視野で見れば、日本の努力至上主義の方がおかしい。
世界の主流は才能主義。

努力すれば何とかなる、って日本的な根性論は捨てて、自分に向いていて才能がある分野を探せ。




スポンサーリンク




 

天才は、負担を感じずに努力相当の行為を一日中、それも毎日続けている。
なので、凡人が努力を苦しみながらちょこちょこやったところで天才に勝てる道理が無い。
天才がやっているように、努力を努力と思わず負担ゼロでできる何かを見つけるんだ。

 

人気塾講師の林修先生が言っていたけど、
ほとんどの人は自分が得意な能力を発揮できる分野が分かっておらず、負ける土俵で戦っていて、せっかくの毎日の努力も「下に落ちない用」にのみ費やされていっこうに日の目を見ないそうだよ。
自分が勝てる分野を早め早めに見定めてライバルより優位に立てる場所で努力しない限り、人生に成功はない、だそうだ。

 

社会で成功している人達って、凡人達とは努力のレベルが全然違う。
凡人達が「今日はこれだけ努力した!」って自慢することが、
成功者にとってはただの本番前のウォーミングアップくらいでしかない。

 

努力する才能について、
我慢できることや継続できることはそれなりに有効な能力だが、我慢や継続だけではたどりつける場所に限界があるので、結果を出すためにはそれだけでは不十分。
要領の良さ・コツをつかむ上手さが、努力する才能のコア部分。

 

人生には何かしらの「目標」が必要。
目標も無く、仮にあっても目標を目指すのが面倒だと感じる奴の人生は底辺へと堕ちる。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました