スポンサーリンク

人生がつまらない、特別感の無さや安定しすぎなど4つの原因

スポンサーリンク

 

人生がつまらなくなっている理由は、日常に変化が無い、経済状況が良くない、やりたいことが実現できていないなど、多種多様です。

人生がつまらなくなっている人達に共通してみられる原因を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

人生がつまらない、4パターンの原因

1.忙殺されている

 

社会人の多くが「人生がつまらない…」と嘆いているのはこの原因が大部分。特に、自分の人生観と適合していない興味のない仕事を強制されているように場合人生が無味乾燥としたものになる。

日本人は「何のために生きるか?」「何のために働くか?」という人生の哲学がほぼ皆無といっても過言ではないので、ただばく然と働かされて、人生にうんざりしてしまう。




スポンサーリンク



 

 

 

2.特別感がない

 

子どもの頃は知っている事が少ないので、自分が世界の中心であるような特別感を抱いていられた。

しかし、大人になって社会に出ると、自分がありふれた人間であることに気付かされてしまう。そのせいで、人生に失望してしまう。

 

 

 

3.才能がない

 

上記の「特別感がない」と相互補完する項目。




スポンサーリンク



才能は「その物事を上手くできる」という能力だが、それに加えて「物事同士の関連性に気付く」「本質が見抜ける」という能力も含まれる。

才能がないということは、ただ世の中が当たり前に映るだけで、探求すべき謎もまったく見えず、才能のない自分も、世の中も、特別感がないつまらないものと思えてしまう。

 

 

 

4.安定しすぎている




スポンサーリンク



 

バイク趣味や、プロレス・ボクシングのような格闘技観戦が程良いスリルと非日常感を与えてくれるのでたくさんの人に好まれている事からうかがえるように、「危険」はどきどきわくわくを提供してくれる。

リスクがある物事への挑戦をせずに、安定しきった会社員生活を送っていると、必然的に人生はつまらなくなっていく。

 




人生がつまらなくなっている人達の声

 

何もする気が起こらん……。

 

安居酒屋で酔っぱらいながら上司や会社への愚痴を言うようになったら人生終わり、と昔は思っていたが、自分がそうなっていて辛い。

 

人生って、大半が仕事だし、
仕事を楽しめない人の人生は非常につまらない。

 

顔・資産状況・才能のいずれかが平均以上なら人生が面白くなるだろう。
全部が平均だったり平均以下の場合はつまらない。

 

凡人達が歩むレールから外れた者として言わせてもらうが、
レールから外れるときついぞ。
凡人は歯車に徹していた方が生きやすい。

 

会社員になると、自分が「社会を構成する、ほんのちっぽけな歯車の1つ」ってことが実感できてしまって辛い

 

大人になって、感受性が死んでくると、ドラマも漫画も映画もゲームもつまらなくなる。
人生、灰色状態。

 

週に5日も働くという日本の労働週間が辛い。多すぎる。

 

「物事を楽しめる」というのも、たぶん、才能の一種。
その才能が無い人には人生が退屈。

 

バブル経済が崩壊した時は、警備員勤めしかできなくて人生のどん底、って風潮だったので、今から見れば余裕がある感じがする。
今の時代の若者は、最初から介護や警備員をやらざるを得ない。

 

日本みたいに、先進国で経済が成熟している国は、
ひたすらトップ集団の位置を維持するために走り続けるだけなので、閉塞感を感じても仕方がない。
下からどんどん上へと上がって追い抜いていく達成感・爽快感は無い。

 

「物事を批判する」って、自分が偉くなったような気がして、快感につながる。
そのせいで、狂ったようにあらゆる物事を批判しまくり、物事のつまらない部分・あら探しにやっきになる批判中毒の人がネット上にはあふれている。
つまらないモノ探しに、人生全てをつぎ込んでいる。
批判の快感に浸りながら、地獄へ向かう列車の中で揺られている状況。

 

日本の若者って、社会に不満があっても泣き言を言うだけだったり、自殺するだけでアグレッシブさが無い。
海外の若者はデモ活動とかするのに。

 

生・老・病・死という四つの苦+愛別離苦・求不得苦・怨憎会苦・五温盛苦=八苦。
四苦八苦しながら生きるのが人生。

 

「みんなが面白いと言うもの」とか「世間の流行」に右往左往しているだけの人は人生がつまらなくなるよ。
「自分にとって、本当に面白くて、大事なもの」が人生の中心に無いんだから。

 

思うに、「サラリーマン」の身でいるから人生がつまらないんじゃないか?
自分の大金を動かしてハデな仕事ができるわけでもなく、他人の仕事をお手伝いするだけの一生だし。

 

人生を面白いモノにしている人達の声

 

とにかく何かやること。楽しむ方法は、ただそれだけ。

 

自分の好きなこと・得意なことを見つけ出して、絶対に世間体を気にせず、一生をかけてそれを極めぬくこと。
人生の楽しみ方は、たったこれだけでいい。

 

タモリさんが言っていたけど、
向上心とか夢のために頑張る生き方は、夢を叶えるまでの過程の日々が全く意味がない辛く苦しいものになってしまうダメな生き方だそうだ。
ずっと先を見据えようとせず、1日1日を大切にしっかり楽しむだけでいい。

 

何かのコミュニティーとか社会人用の技術習得教室みたいなのに所属し、誘われたら絶対に断らない。
これだけで友達が増えまくり、常に彼らと交流して楽しい人生になる。

 

実は、ドキドキワクワク感の正体は、「神経伝達物質・ドーパミン」。
子どもの頃はドーパミンの分泌量が多いから、若いというだけで無条件で毎日がドキドキワクワクして楽しい。

大人になるとドーパミンの分泌量が減るのでつまらなくなる。
特定の食べ物やサプリメントでドーパミンの体内合成を促進することができるから、ドーパミンを増やせ。

 

周りとの比較でしか幸せを実感できない人は、
死ぬまで世界中の人達との競い合いで、不幸な人生が確定している。

「周りよりも凄い!」じゃなくて、「自分が楽しい」を見つけ出すんだよ。

 

「好きなことを仕事にしている自営業者」が最強の存在。
会社みたいなわずらわしい人間関係はないし、自分の裁量で休みを取れる。会社設立の起業よりも難易度は低い。

 

結局、世界の見え方も、その人の脳内の神経伝達物質の分泌状況次第、ということ。
退屈で憂うつで死にたい毎日を送っている人は、自己啓発書を百冊読むより、抗鬱剤を摂取した方が劇的に感覚が変わるよ。

 

ネットを遮断し、外の世界へ面白いことを見つけるために出かけていく。
ネットに依存している人は、人生がつまらないと感じつつも「つまらない」ってコメントをしてガス抜きしちゃうから行動力が失われるんだよ。
ネットを遮断して、鬱憤を行動力へ変換しろ。

 

成功者は、夢や目標があってそれに向かって進み続けるから、
「大人になってからの方が人生が楽しい」と口を揃えて言う。

夢や目標を抱けない大人の人生は、基本的に死ぬまでの消化試合。

 




わくわく感の源「ドーパミン」の分泌の方法

 

神経伝達物質・ドーパミンの効果
  1. 感動・陶酔感のような「快の感情」が起こり、「やる気」が起こる
  2. 闘争・危機時などに分泌される神経伝達物質のアドレナリンとノルアドレナリンの原料としてドーパミンが使われる

 

 

ドーパミンの原料
  • 「チロシン」というアミノ酸
    • チロシンは、鶏肉や豚肉、豆腐、牛乳やチーズのような乳製品、ピーナッツ・アーモンドなどに豊富に含まれている
  • チロシンと「ビタミンB6」、ミネラルである「鉄」の3つからドーパミンが体内で生合成される

 

 

ドーパミンは、「チロシン」と「ビタミンB6」と「鉄分」が専門的に摂れるサプリメント↓を摂取すると、低費用で効率的に合成することかできます。





スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました