スポンサーリンク

底辺高校…不良や無気力学生で占められ教育が困難な下位高校

スポンサーリンク

 

進学校、普通程度の高校、「それら以下の底辺高校」…高校はだいたいこの3種類に分類できます。

底辺高校の特徴や、底辺高校にありがちな事を調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

底辺高校に在籍する3種類の生徒

 

  1. 学習能力は人並みだが、コミュニケーション能力に欠けて不登校だったりで、底辺高校へ通わざるを得ない人。
  2. ヤンキーやギャルなどの不良系。授業妨害をしたり、夏休み明けに大量退学。卒業後はフリーターへ。
  3. 無気力で行動力も無い人で、一見すると真面目。学習障害のような発達障害を抱える人も少なくない。

 

 

 

参考:「底辺高校」の定義

底辺高校の正式名称は「教育困難校」と呼ばれる。

  • 学級崩壊
  • いじめ
  • 校内暴力
  • 少年犯罪

のような問題が集中していることが特徴で、その高校の入学偏差値が低い場合は学校環境が荒れていることが多いとされる。

 




底辺高校にありがちなこと

 

校舎の廊下を自転車が走っている。
たまにバイクが走る。

 

雨が降っただけで、クラスメイトの出席率が露骨に低下する。

 

授業が授業にならない。
勝手に教室を出て行く人とか、大騒ぎする人ばかり。

 

学校のどこを探しても、鏡が置いていない。
理由は、DQN達がすぐに鏡を割るため、置く意味が無い。

 

英語の授業が、アルファベットを覚えるところからスタート。

 

動物園状態の校内に、もう教師達も諦めている。
テスト問題も適当すぎる作り。

 

母子家庭・貧困家庭だったりと、
家庭環境に問題を抱えた生徒が多い。

 

生徒の親が貧乏なせいで
学費を滞納することが頻発する。

 

発達障害(その中でも、「学習障害」というタイプ)
を抱えている生徒がかなり多い。

 

部活・運動会・文化祭などで、全てが無気力。
異常にクオリティーが低い出し物ばかり。

 

窃盗の頻発・不健全な異性交遊など、
校内の風紀が乱れすぎ。

 

掃きだめに鶴、とまでは言えないものの、
地味目で、真面目に勉強している人も少数ながらいる。
推薦で大学進学をしたりして、底辺高校での一番の勝ち組。

 

卒業式は、特攻服着用。
DQNの晴れ舞台は、卒業式と、次の成人式しかないから。

 

一年生が修了する時点で、約1割が中退している。

 

全国模試を受けたりすると、
勉強ができる人は、校内偏差値で70以上。
しかし、全国偏差値では40くらい。

 

底辺高校の卒業後、20歳前後でシングルマザー化する女子が多すぎる。

 




底辺高校に通う高校生の特徴と、問題の実態

 

家庭環境に問題を抱えている




スポンサーリンク



問題の多くが「貧困」。母子家庭で働き手が母親しかいないせいで収入が低い、というパターンも多いようです。

貧困のせいで、高校卒業後の大学進学率も低く、勉強する機会自体が最初から与えられないということが問題になっています。

 

 

 

勉強ができない

底辺高校では、英語のアルファベットから習う授業や、九九のかけ算を習う授業が珍しくありません。

発達障害の一種「学習障害」を抱えている生徒も散見され、学習障害とは、「読む」「書く」「計算する」といった特定の行為が困難になる障害です。




スポンサーリンク



勉強ができないせいで授業に集中していられず、学級崩壊が常態化してしまうので、教師側もやる気と教える気が無くなってしまうようです。

 

 

 

いろいろな可能性が、最初から閉ざされてしまっている

以上で解説したように、底辺高校に通う高校生は、貧困家庭育ちだったり、クラスが学級崩壊状態でまともに勉強ができなかったりで、最初からいろいろな可能性が閉ざされてしまっています。




スポンサーリンク



崩壊状態にある学校に嫌気が差し、高校中退しても、学歴が高校中退ではまともな仕事に就けません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました