スポンサーリンク

頭が良い人&バカな人の、地味で目立たない小さな特徴集

 

頭が良い人達の、あまり目立たないけれど共通している特徴と、

バカな人達の同様の目立たない共通的特徴を、それぞれ調査しました。

 

スポンサーリンク

賢い人達の、目立たないけれどたしかに共通する7つの特徴

 

 

1「倫理観」がはっきりと確立するようになる

  • 人と交わした約束は、きちんと守る
  • 「他者に、非礼なふるまいをすること」を忌避するようになる
  • 「悪」「不正」「横暴さ」への、強い嫌悪感
  • 恩を受けた相手へ、きちんと義理立てする
  • 「人々の、平穏無事な生活」「人類の文明の発展」を、真摯に願うようになる

 

 

 

 

2「大きな存在」に対する、畏敬の念を抱くようになる

  • 人類が生活している、この世界そのもの
  • 自然界に存在している、多種多様な物理法則
  • 自然現象や、自然における生態系
  • 宇宙
  • 過去に、ある分野で多大な功績を残した歴史的偉人
    • 主にこれらについて、敬意を抱くようになりやすい

 

 

 

 

3「やる気があり、自分から能動的に行動する」

  • 賢い人達は、「精神面での活力」が高い傾向がある
    • このため、やる気が高く、物事全般に対して能動的である傾向がある
  • やる気があるため、「やるべき課題をおろそかにせず、期限までにきちんとクリアできる」という長所が備わりやすい




スポンサーリンク




4「目的意識が非常に強く、目的を達成するための便利な能力が身につきやすい」

  • 忍耐力が強くて、「目的達成のためには不可避の負荷・ストレス」にも耐えやすくなる
  • メンタルが強くて、多少のトラブルには動じない
  • 目先の課題をクリアすることができるのはもちろんのこと、「中長期での行動計画」を練ることも得意
  • 浪費(ほとんどの場合で、目的を達成するうえで障害になる行為)を避け、節制の心得がある

 

 

 

 

5「自身の人生において、強く求めるもの」が非常に特殊

  • 特定の現象について、パターン・規則性・法則性を見出すこと
  • 自身に内在している可能性を、追究し続けること
  • ある分野を発展させて、その分野が備えていた可能性を実現させること
  • 「その人個人にとっての、ロマン」を実現させること

 

 

 

 

6「コミュニケーション能力は、非常に高いあるいは低すぎるかの両極端」

  • 「賢いので余裕があり、他者とのコミュニケーションも容易に行うことができる」というタイプは、コミュニケーション能力が非常に高くなる
  • 「自身の興味を引く物事に没頭していたり、自身についてこられない人達は最初から相手にしていない」というタイプは、コミュニケーション能力が非常に低くなる

 

 

 

 

7「オリジナリティーに富む価値観」を形成しやすい

  • 個人主義というスタンスを取りやすく、そのため、大衆の意見に迎合しようとしない
    • 「個人主義」とは、『個々の人格を至上のものとして個人の良心と自由による思想・行為を重視し、そこに義務と責任の発現を考える立場』
  • 独自の価値観をもとに個人で行動しているため、『孤独』への耐性が高い
  • 高い自己肯定感(高い知性による成功体験の多さや、余裕があることに裏打ちされた自信)

 




バカな人達の、目立たないけれどたしかに共通する5つの特徴

 

 

1「モラル(道徳・倫理)を欠く行為が、かなり目立つ」

他者に対して、攻撃的な態度を取りやすい
  • 「殴る」「蹴る」などの直接的な暴力
  • 悪口や嫌味や誹謗中傷などの、言葉の暴力
    • 「直接的な暴力や言葉の暴力を加えたら、相手がどんな気持ちになるか」を想像できないことが、容易に暴力をふるうことにつながっている

 

 

約束を守らない
  • よく嘘をつく
  • 以前に交わした約束を履行せずに、約束を反故(ほご)にする
  • 「所属している組織でのルール(校則や社則など)」「法律」なども違反することが多い

 

「嘘をついたりだますことで、引き出せるメリット」ばかりに注目していて、
「嘘やだますことで、その人の信頼が損なわれること」の方には意識が向いていない、
というパターンがほとんどです。

 

 

問題解決の手段を「脅したり、暴力で屈服させれば良い」と考えるようになる
  • 自身の要求を押し通すために、ひんぱんに恫喝(どうかつ、おどしておびえさせること)をする
    • 問題解決の手段である「両者による、話し合い」「両者のそれぞれの要求の、その間の落としどころをさぐる」といった行為が、最初から頭に無い場合が多い
  • 「恫喝」「暴力」の有効性を確保し続けるために、自身のメンツ(世間に対する体裁)に強くこだわる




スポンサーリンク




一般的なモラルよりも、私利私欲を優先させがち
  • 社会正義
  • 恩がある人への義理立て
  • 法律
    • これらよりも、自身の利益を優先することが多くなり、たとえば「横領」「汚職」などを行いやすい

 

 

 

 

2「生活態度や人生のスタンスが、享楽的なものになりやすい」

  • インドアあるいはアウトドアでの、各種の娯楽を味わうこと
  • 友人と遊ぶこと
  • 恋愛
    • 日常生活や、人生の大部分で、上記のリストのような行為を繰り返してばかりになる

 

 

 

 

3「意欲が低い」

  • 物事全般に対して、やる気が低い
    • 「よりよい未来へ至るための、先行投資的な努力」「コツコツと積み重ね続けること」といったことも、意欲が低いせいで困難になりやすい




スポンサーリンク




4「自制する能力」が、かなり低い

  • 「単調作業」「ルーチンワーク」などへの耐性が低い
  • 飽きっぽさを性格に帯びやすく、そのせいで、何か1つの物事を追究し続けることが難しい
  • 自制する能力が低いせいで、「期限日までに、課題をクリアしたり所定の場所へ提出すること」といったことが失敗しやすくなる
  • 自制する能力が低いせいで、衝動的な言動が多くなり、キレやすくなる
  • 金銭の浪費を繰り返す

 

 

 

 

5「価値観が、凡庸(ぼんよう)なものになりやすい」

  • 物事を深く考えたり常識を疑ってみることを、日頃からあまりしようとしない
  • TV番組で言われていることを鵜吞み(うのみ)にしてしまい、あっさりと誘導されてしまう
  • 「自身から積極的に情報収集をして、見識を広めたり考察をすること」をあまりしないため、独自の価値観が形成されにくい
    • 上記のリストのような理由から、その人の価値観に個性・独自性が生じにくい

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました