スポンサーリンク

彼女と付き合う毎日ってどうなの?恋愛は面倒くさい事も多い

スポンサーリンク

 

恋愛はとても楽しい反面、男性にとってはいろいろと面倒なことも多いようです。

彼女と恋愛をしている生活ってどうなの?という疑問と、恋愛で男性が感じる面倒くささを調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

彼女がいる毎日ってどう?への、ネット上の回答

 

女と恋愛を始めると、
「金」「時間」「精神力」の消耗が早すぎる。
その理由は、いつでもどこでも彼女に気を使ってこまめに連絡し、
彼女の無限の欲に応え続けなければならなくなるから。

 

2010年代の今の時代は、
自分のライフスタイルが何よりも優先、他人のためにそれをねじ曲げたくない、
って若者が増えているから、彼女を作りたいと考える男も減ってきている。

 

男性側の性格によっては、
恋愛の楽しさ・うれしさよりも、恋愛の面倒くささの方が大幅に上回る。

 

彼女に「もしも結婚したら…」
みたいな内容の話を振られると、たいていは気が重くなる。
責任とか、結婚してちゃんとやっていけるかどうかみたいなものを考えてしまう。

 

恋愛をすることで、
他の事では味わえない強い充実感・高揚感・生きている実感が得られるのは事実。

 

恋愛をすると、自分の目で見える世界の色合いが変わる。
毎日が楽しくて幸せでしょうがなくなる。
実際は、恋愛によって脳内に分泌されたあれこれの神経伝達物質のせいで興奮状態にあるだけなんだけど。

 

彼女とのデートで、
いろいろなお店や、遊園地・水族館のような娯楽施設へ行くことになるから、
自身の人生における楽しい体験の総量が確実に増える。

 

日本という国は、
趣味人にとっては、地球における天国・最高の楽園に相当する。
それほどまでに趣味分野が世界最高峰に充実している。
日本人にオタクが多いのも当然。
趣味に忙しい日本人なら、無理して恋愛する必要はないよ。

 

性格的に恋愛適性が高い人が
一度でも恋愛にのめりこむと、
その後の人生で彼女がいない期間が寂しくてたまらないようになる。
恋愛中毒状態だから、あまり良く無い状態。

 

彼女を作ると、精神的に一回り大きくなる、っていうのは本当。
身近にいる他人をあれこれ許したり、他人に配慮するんだから、必然的に性格が大人になる。

 

恋愛をするということは、
自分の生活の中で、彼女に費やす時間が大幅に増えるということ。
今の自分の生活が充実しているなら恋愛はおすすめできないし、
今の自分の生活が無味乾燥としているなら、それを楽しい時間へ置き換えられる恋愛をおすすめする。

 

最大人気のおすすめ恋愛SNS

ハッピーメール

◎数ある恋愛SNSでここが一番人気
◎登録後、しばらくは無料でサイト利用ができるので、どんな感じかタダで試せる
◎登録者数が1700万人を超えるほどの大人気
◎女子大生や若いOLのような、若い女性の利用者が多いのが特徴
○掲示板の種類や日記機能などが充実しているので異性と簡単に知り合える

 




恋愛時に、男がめんどうくさいと感じる点

 

恋愛をすることで、自分の時間を奪われる
  • 休日がデートに使われる
  • 休日は仕事のための休息日に充てたいのに、デートのせいで心身が休まらない
  • 趣味にも時間を割きたいのに、彼女との予定のせいで、趣味ができない

 

 

「○○○」をしなければいけないという義務
  • ひんぱんに電話・メール・LINEで連絡をしなければならないという義務
  • 疲れて眠りたい時でも必ず電話をしなければならないという義務
  • 毎回、デートのプランを考えて立てなければならないという義務
  • 常に相手の機嫌に配慮して行動・発言をしなければいけないという義務

 

 

相手との関係に毎日束縛される
  • 常に彼女に気を使わなければならないため、精神的に束縛されている
  • 相手がかまってちゃん型の性格だと、常に電話やメールをしていなければならなくなる
  • 浮気を疑われて、あれこれ問い詰められる
  • 日々の行動を彼女に報告しなければならない

 

 

その他のめんどうなこと




スポンサーリンク



  • 彼女がひんぱんにヒステリーを起こすこと
  • 趣味(読書や映画鑑賞)をしている最中に、横からあれこれ話しかけられること
  • 「次はもっとすごいのを!」とデートやプレゼントへの要求がエスカレートしていくこと
  • 「女性は、とくに理由が無くてもひんぱんに連絡を取るべきと考えがち」「男性は、必要が無ければ連絡は不要」という考え方の違いから生じる男女の温度差
  • 女性の複雑怪奇な思考回路がめんどうくさい




スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました