スポンサーリンク

高学歴・高スペック女性が結婚が難しくなる現象の5つの理由

 

高学歴だったり、才能豊かで高スペックである女性が、結婚することが困難になる現象の原因・理由を解説します。

 

スポンサーリンク

高学歴・高スペックな女性が結婚が難しい、5つの理由

 

 

1「女性は”上昇婚”を狙うことが多く、高スペック女子は結婚が困難になるから」

「上昇婚(じょうしょうこん)」
とは、自身よりも経済面・社会的立場が上の異性と結婚しようとする行為のことで、
女性は上昇婚をしようとする傾向が強くあると昔から言われています。

 

本項目が、高学歴女子・高スペック女子が結婚しづらい最大の理由です。

その女性の学歴や能力が高ければ高いほど、

その女性の「学歴」「能力」「年収額」「社会的地位」を上回る男性の数は極端に少なくなっていくため、

異性の選択肢が少なすぎる状況のもと、結婚が極めて困難になる女性ばかりになります。




スポンサーリンク



 

 

 

2「女性側に、性格に難がある場合がかなり多いから」

プライドが高すぎる
  • プライドが過度に高いせいで、男性との会話中に、男性を見下すような態度が多い

 

気が強すぎる
  • キツいことをずけずけと男性に言ったり、『正当性が備わっている説得』を聞き入れようとしない

 

 

 

3「男性側に、恋愛対象として見なされない場合がかなり多いから」

 

「弱さ」は可愛らしさを感じさせるため、保護・庇護することの理由になりますが、
「強さ」は、相手を警戒・避けることの大きな理由になります。

 

 

 

4「高学歴・高スペックであると、そもそも結婚の必要性が低くなるから」

高収入であるため、男性に収入を依存しないで済む
  • 高収入の「大企業や優良企業」「士業(弁護士・公認会計士・弁理士などのような、国家資格職)」で、働けている
    • 独身でも経済的に十分に自立できているため、経済の安定のために結婚する必要がほとんど無い

 

 

恋愛や結婚や子育てよりも、優先するものがある場合が多々
  • 自身の仕事のキャリア・経歴を、積み重ね続けること(結婚や出産でいったん仕事から遠ざかってしまうと、キャリアが台無しになってしまう)
  • 自身の才能をもっと磨いて、より優れた作品の制作を目指したり、業界内で高みを目指すこと

 

 

 

5「色々な事情から、婚期を逃しやすいから」

  • 大学院の後期博士課程まで進んで、ずっと勉強と研究漬けの日々であったため、気がつけば20代後半になっていた
  • 大企業で激務に耐え続けて、ようやく仕事に慣れてひと息つける頃には、20代後半になっていた
  • 「勉強」「才能を発揮できる分野」にずっと時間を費やしていたため、恋愛経験が極端に少なく、異性との付き合い方が分からない




自身が希望する結婚相手のプロフィールの特徴をはっきりさせると、婚活で非常に有利に動けるようになります。

結婚力診断サイト「オーネット」は、希望する結婚相手の条件を入力すると、あなたに合った相手が自動で表示される、2分で完了するほど簡単な無料の診断サイトです。

\利用料無料/
結婚力診断サイト・オーネット公式サイト




高学歴・高スペック女子の、これから取るべき2つの選択肢

独身を貫いて、我が道を進む

  • 令和時代の現代では、女性が活躍できる職場環境はかなり整っているので、高い学歴や優れた才能があれば、経済面での心配は小さい

 

ただし、
女性は「恋愛・結婚ができないこと」「出産して子育てができないこと」について、大きな後悔を抱えやすい性別であることも覚悟しなければなりません。

 

 

 

自身の人生に、恋愛を積極的に組み込んでいく

  • 高校・大学時代の友達や、所属していた部活やサークルの友達と連絡を取って、そこから恋愛へ発展させていく
    • 学生時代から付き合っていた異性と、社会人になった後に結婚することは、高学歴女子が結婚する方法として非常に有効だと言われている
  • 「合コン」「結婚相談所やマッチングアプリなどの婚活系サービス」を積極的に利用する

 

女性は、男性と較べればはるかに「恋愛」「結婚」が容易な性別であるため、
性格上の多少のハンディキャップは、女性側から積極的に動けば十分にカバーできます。

 

本ブログ推奨の、婚活に役立つ結婚力診断

結婚力診断

◎自分のプロフィールと、希望する結婚相手の条件を入力すると、あなたに合った相手が自動で表示される
◎無料で診断でき、2分で入力と診断が完了するほど簡単
○婚活市場における自分の立ち位置が分かるので今後の婚活の参考になる

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました