スポンサーリンク

結婚が必須でなくなった現代で、あえて結婚した人達の結婚理由

スポンサーリンク

 

結婚に否定的な若者が増えてきている現代で、それでもあえて結婚したという人達の結婚理由と、現代であえて結婚することの意味について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「どんな理由で結婚したの?」という疑問へのネット上の回答集

 

もともと、家庭を築くことに強い憧れがあったから。
時代の流れがどうだろうと、自分の本心に従ったまで。

 

人好きな性格をしているから、異性と付き合うのも楽しい。
だから結婚しようと思った。

 

恋愛感情が高まって、勢いで結婚式を挙げた。
後のことはあまり考えていない。

 

世間体を気にする性格で、
いい大人が独身のままでは世間体が悪い、という理由で結婚。

 

彼女に、彼女の両親やこちら側の両親に手回しされて、
どんどん外堀を埋められて、今さら別れるということはできなくなったから…。

 

孤独が恐い性分で、30代40代と独身のままで過ごすのは耐えられないだろうから。

 

収入が良くて、一度きりの人生だしせっかくだから結婚という遊びをやってみよう。
大企業勤めや資産家のようなお金の心配をしないで良い人達は、そういう動機で結婚する人が多い。




スポンサーリンク




女性の場合、恋愛感情に加えて、打算を理由にして結婚する場合も多々。
高齢になる前に良い条件の男をつかまえて結婚しないと、自分が暮らしていけなくなる。

 

人生で、子どもを残しておきたかったから。

 

会社で同僚が次々と結婚していくと、
「自分も早く結婚しないと…!」
ブームに流されるみたいに深く考えずに結婚する人も相当いる。

 

3年5年と付き合って彼女の若さを浪費させてしまったので、
今さら別れると言い出すのも彼女への情があるから心苦しいし、下手したら刃物で刺される。
「しょうがない、責任取るか…」
と消極的態度で結婚する男もかなりいる。

 

独自の哲学を持っていて、
そのうえで「自分の人生では結婚しておくべき」とはっきり結論づけて結婚する人なんて少数派。
ほとんどの人は「大人になったら結婚するもの」という思い込みと思考停止状態で結婚する。
同調圧力や恥の意識が強く、主体性にとぼしい日本人なら、なおさら自分の頭で考えていない。

 

結婚の効率性とか、リスクやメリットみたいな損得勘定を度外視して、
愛を人生で最も尊いと考えている、という聖人っぽい人。

 

人生で恋人が代わる代わるできるほどモテる人って、
人生が勝手に結婚する方向へ向かって行ってしまう。
本人に結婚願望がそれほど無くても、恋人相手に結婚をせがまれたり、「今の恋人は今までの恋人達よりも条件が良い」という状況になりやすかったりで、
20代後半くらいでいやおうなしに結婚する。

 

 

自身の結婚適性を知ることができる、人気診断サイト

結婚力診断

◎自分のプロフィールと、希望する結婚相手の条件を入力すると、あなたに合った相手が自動で表示される
◎無料で診断でき、2分で入力と診断が完了するほど簡単
○婚活市場における自分の立ち位置が分かるので今後の婚活の参考になる

 




結婚が必須でなくなった現代で、あえて結婚する意味は何なのか?

現代で結婚が必須でなくなった理由
  • 「成人した男女は結婚するのが当たり前」というかつての風潮・社会常識が、現代ではなかば風化しているから
  • 「結婚しているから立派」「結婚しているから会社で出世できる」というとらえ方や仕組みも瓦解しつつあるから
  • 娯楽が多様化し、特に屋内で独りで楽しめるインターネット関連の娯楽が充実しているので、独りでいてもそれほど寂しくないから
  • 掃除機や炊飯器や洗濯機のような生活家電が十分に普及しているので、もはや嫁の助けを借りなくても自力で生活していけるから
  • 女性の社会進出が一般的なものになってきたため、女性は男性の経済力をあてにせずとも自力で生活していけるという場合が多くなってきたから
  • ネットが国民的普及を果たすと共に人々の間で個人主義が台頭しつつあり、
    「集団や家族の幸福よりも、個人の幸福の方が大事」だと考える人が増えてきているから

 

 

世の中が便利なものへ変化すればするほど、世の中が不便だった時代の価値観や事情との差異が大きくなっていきます。

世の中が不便だった時代では必須であった結婚も、世の中が便利になった現代では価値観や事情が昔とは大きく違っているので「結婚は必須というわけでもない」となります。




スポンサーリンク



 

 

これからの時代の結婚は、かつての義務から「趣味」「数ある選択肢のうちの1つ」という立ち位置へと変化していくと考えられます。

「性格的に、結婚願望がとても強い」

「一生を共にしたいと思える異性と出会うことができた」

「人付き合いという行為がとても好き」

「さびしがりな性格をしているため、どうしてもそばに大切な人を置いておきたい」




スポンサーリンク



このような、社会的義務感とは別の「個人の趣味や性格や感情を動機にした結婚」が今後は増えていくことが予想されます。

結婚が必須でなくなった現代であえて結婚する意味は、「個人の趣味や性格や感情のうえで、結婚することが必要だから」というものだと推定されます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました