スポンサーリンク

親からの結婚しろプレッシャーを上手く回避する5つの方法

スポンサーリンク

 

「いい人は見つかった?」「結婚はまだなの?」と親に言われるのは、結婚願望をもたない男女にとって、正直言っていらいらするもの。

親からの結婚催促プレッシャーをかわすための、上手な切り返しを調査しました。

 

スポンサーリンク

1.親の「早く結婚しろプレッシャー」をやんわりかわす系

 

「結婚とか孫とかは、兄弟に期待して欲しい」と言う。
実際、孫ができると、親の興味が孫の方へ向いて、前ほど結婚しろとは言われなくなる。

 

「良い出会いがあれば結婚したいんだけどねー」と言って
結婚とは運命だと考えている人間だと親に解釈させる。

 

「もうちょっとだけ、(父母の)子供でいたいから」
と感動させる方向へ上手く持って行く。

 




2.事実上の、結婚できない状況へもっていく系


 

35歳を超える、のがシンプルにして強力だからおすすめ

 

ある年齢以上になると、触れちゃいけない問題となるから、自然と誰も口に出さなくなる。

 

これまでの人生で、いかに自分がモテないかを親に説明する。

 

3.ストレートに結婚否定論を訴える系


 

「自分の考えでは、結婚したら人生を棒に振ることになる」
と両親に伝える。

 

親の世代の結婚観と、現代の事情は全く違うことを説明する。

  • 格差社会化の悪影響で、底辺層へ押し込められる子どもが以前よりも増えた
  • 現代は価値観が多様化していて、「結婚=幸せ」とみんながみんな考えているわけではない
  • 高度経済成長期で、これから先も社会は発展し続けると思われていた過去の時代なら、結婚出産が最良の選択だったが、今はそのような経済成長期ではない
  • 今後、衰退してゆく見込みが強い日本で子どもを生んでも、子どもが不幸になる公算が大きい

 

これまでの人生で、いつも恋人がいて、
「じゃあ、そろそろ結婚して身を固めようか」って自然な流れで結婚するなら良い。
そういう風に結婚できないなら、結婚はしない方が良い。
これまでの人生で恋愛未経験なのに、無理にお見合いとか婚活して結婚しても、
「その人の人生の流れ」に反しているから上手くいかずにすぐに離婚することになる。
流れに反した行為をしてもほぼ失敗する。
上記の事を親に話して説明する。

 

4.親が思いもよらない角度から不意打ち的に切り返す系


 

親から結婚の催促を受けるたびに
「そういう話を聞くごとに結婚する気が失せる」
と返す。

 

  • そんなに結婚させたいんだったら、相手を連れてこい、と言う
  • 「お見合い相手を連れてこい」と言って、相手を見つけるのに親が難航していたら、「相手を見つけるのがどれだけ大変か分かった?」

 

  • 両親の言うがままに焦って結婚して、ダメな相手をつかんで人生が壊れたらどうしてくれるの?と言う
  • 親が引くくらい、結婚できない辛さを訴えて号泣すると、以後は腫れ物扱いになって何も言われなくなる
  • これまでずっと「異性交際には厳しく口出ししてきた」「門限を厳しく制限してきた」くせに、ある時点から「結婚はまだなの?」という真逆の態度はおかしい

 

「結婚したらしたで、次は孫はまだか?孫が生まれたら次の孫は?新居は?っていろいろな催促が延々と続くよね?絶対に」と言う。
親の行動を先読みして、こちらから先にプレッシャーをかける。

 

生きたくても、病気や戦争で明日を生きられない人がいるように、
この世には結婚したくてもできない人がいるんだよ、

と、あえて深刻な空気にして親を黙らせる。

 

5.徹底抗戦系

 

「父親母親の夫婦仲を見て育てば、結婚する気が無くなった」と言う。
これは嫌味ではあるが、実際これが結婚したくない最多の理由だろうし、結婚を催促する親に対しての最も有効な「結婚しない理由」。

 

「実家に帰省した時、もしも結婚の話をするようなら、もう今後は帰らないことにする」
と言って軽く脅迫する。

 

実家住まいなら、
さっさと家を出て独り暮らしをし、物理的・心理的に距離を取れば、親は結婚の話がほぼ不可能になる。

 




親の結婚プレッシャーに世間の男女はどう反応している?

 

Q.親からの結婚プレッシャーはどうやってかわしている?(複数回答可)

A.

  • 1位「黙って話を聞き、話が変わるまで受け流す」(51.5%)
  • 2位「無理に結婚して離婚するよりはまだ今の方が良い、などと話をすり替える」(34.9%)
  • 3位「うるさいなー、とキレ気味に返す」(15.2%)
  • 4位「仕事が忙しい、毎日が充実しているから、と結婚しない理由を述べる」(13.6%)
  • 5位「結婚して、何か良かった事があったの?と質問して困らせる」(4.5%)

20代・30代の独身男女を対象に、マイナビウエディング編集部がアンケート調査



コメント

タイトルとURLをコピーしました