スポンサーリンク

貞本義行…エヴァンゲリオンで有名な、品があるキャラ絵

 

超有名アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターデザインを担当したことで名高い、超人気イラストレーターの貞本義行(さだもと よしゆき)の紹介です。

 

スポンサーリンク

貞本義行の有名な仕事

 

 

新世紀エヴァンゲリオン(キャラクターデザイン・レイアウト監修)

 

 

 

 

 

 

時をかける少女(キャラクターデザイン)

 

 

 

サマーウォーズ(キャラクターデザイン)

 

 

 

おおかみこどもの雨と雪(キャラクターデザイン)




スポンサーリンク



 

 

 

FLCL フリクリ(キャラクターデザイン)

 

劇場版フリクリ(キャラクター原案)

 

 

 

ふしぎの海のナディア(キャラクターデザイン・作画監督・原画)

 

 

 

.hack//SIGN(キャラクター原案)

 




貞本義行といえばコレ!「新世紀エヴァンゲリオン」

 

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のストーリー




スポンサーリンク



物語の舞台は、西暦2000年9月13日に起きた大災害セカンドインパクトによって世界人口の半数が失われた世界。

その15年後の西暦2015年、主人公である14歳の少年碇シンジは、別居していた父、国連直属の非公開組織・特務機関NERV(ネルフ)の総司令である碇ゲンドウから突然第3新東京市に呼び出される。

シンジはゲンドウから、巨大な人型兵器エヴァンゲリオン(EVA)初号機のパイロットとなって第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」と戦うことを命じられる。

 

 

ご存じ、貞本義行の最大の仕事にしてイラストレーターとしての成功を決定づけた仕事です。




スポンサーリンク



アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で、貞本義行はキャラクターデザインを担当しました。

貞本義行の繊細で品のある、特徴的な絵柄による各種キャラクターは、独創的な世界観をもつ新世紀エヴァンゲリオンの特殊性を高めています。

 

 

 

貞本義行のデザインと絶妙にマッチした、儚げな性格と境遇の綾波レイに心を奪われたエヴァファンは数知れず。ブログ管理人もその一人。

 

 

貞本義行によるエヴァンゲリオンのイラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貞本義行の手による漫画「新世紀エヴァンゲリオン」

 

 

 

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を、貞本義行が漫画化しました。

全ページ・全コマが、キャラクターデザインを担当した貞本義行の絵という、エヴァファン達にとっては究極とも言える超豪華仕様。




スポンサーリンク



長期休載をたびたびはさみ、連載開始時から19年後についに完結しました。

 

イラストレーター・貞本義行の画風

画風

  • 描くキャラクターに品が感じられる
  • 絵の雰囲気・キャラクターの姿から「青春」を感じるという評価が多い
  • 男性キャラクターは線が細い体つきで、女性的な顔つきをしている男性キャラが多い
  • キャラクターの顔の描き分けが苦手で、別々のキャラクター同士であっても髪型や服装による違いしか無い場合が多い

 

 

貞本義行はもともとアニメーター出身です。

驚くべきことに10代の頃からアニメーターの作画監督を務め、貞本義行が師事したアニメーターの大御所・大塚康生には「自分よりも上手い」とまで言わしめます。

アニメーターとしての活動中にアニメ制作会社「ガイナックス」へ入社し、「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターデザインで名前を上げ、以後はアニメーターから、漫画家・イラストレーターへと転身します。

 

青春ストーリーが貞本の絵と超マッチ「時をかける少女」

 

アニメーション映画「時をかける少女」の概要

筒井康隆の小説「時をかける少女」の約20年後の舞台を描く、公式の続編。

キャラクターデザインは貞本義行。アニメ監督は細田守。

 

 

有名人気小説の続編×高品質なシナリオ×人気イラストレーターの貞本義行ということで大きな話題になった作品です。

青春をワンシーンを思い起こさせるようなどこかノスタルジックな貞本義行の絵柄と、本作の作品シナリオは非常に親和性が高い。

外国人アニメファンが選ぶ高品質アニメには、高確率で本アニメがランクインしてきます。

 

こんな濃厚青春味わってみたい!「サマーウォーズ」

 




スポンサーリンク



アニメーション映画「サマーウォーズ」の概要

原作無しのオリジナルアニメーション映画。

インターネット上の重大な仮想空間・OZ(オズ)を乗っ取って世界中を大混乱に陥れている「人工知能・ラブマシーン」に、主人公達が人と人との絆の力をもって立ち向かい情報戦争を仕掛ける。

キャラクターデザインに貞本義行、アニメ監督が細田守など、上記のアニメーション映画「時をかける少女」と同じスタッフが制作した。

 

 

「アバター」や「SNS」など、ネット上を仮想空間にしてのサービスが流行し始めたころに、そのブームに乗った作品。

内容は面白く、貞本義行の絵のブランド効果も人気上昇に大きく貢献しました。青春時代の夏の強烈な思い出…といった内容のストーリーが、貞本義行の懐かしげな絵柄によって強調される。

 




おまけ:貞本義行の描いてくれた人気の絵

貞本義行が描いてくれた「初音ミク」!

 

 

 

貞本義行が描いてくれた「乃木坂46」!

(左側は松村沙友理さん、右側は橋本奈々未さん)

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました